オンライン版テスト内容

いつでもどこでも、好きなときに受験できるオンライン版は、3種類のテストをご用意しています。単体でも、組み合わせても受験いただけます。

3つのテスト

商品名 Online Reading &
Listening Test
Online Speaking Test Online Writing Test
テスト形式
  • Computer Adaptive Test
    (受験者の能力に合わせて出題レベルが変化。正解すれば、より難度の高い問題が、不正解なら、より易しい問題が出題。)
  • 4/3肢択一式
    (一部語句の入力式)
  • マイク付のヘッドセットを用いて、スクリーンに表示される指示に従って解答
  • タイピングによる入力形式
所要時間
  • 受験者の能力が確定するまで。
    通常60分程度(最大85分)
  • 約15分
  • 45分
試験内容 ListeningおよびReading and Language Knowledge
  • Part1:インタビュー
  • Part2:音読
  • Part3:プレゼンテーション
  • Part4:グラフを用いたプレゼンテーション
  • Part5:ロールプレイ
  • Part1:Eメールや手紙、メッセージ
  • Part2:報告書/企画書の作成
評価
  • スコア表示(0~100)とCEFRレベルの併記
CEFRレベル
結果通知
  • 試験終了と同時に表示(団体成績の発行も可能)
  • 協会に答案到着後、10営業日以内にPDFにてEメールで発送

デモサイト

BULATSオンライン版のデモテストを体験することができます。採点はございませんので、あらかじめご了承ください。以下のSTEPに沿ってデモサイトをご利用ください。

  1. STEP1:ご使用のパソコンとインターネット回線を診断

    以下のチェックツールで受験可能かご確認ください。

    テスト環境チェックツール

    「動作チェック開始」ボタンをクリックすると、「BULATS Diagnostic Tool」の画面が立ち上がります。 いずれかの項目に「NO」が表示された場合は、ハード・ソフトを増設またはインストールしてください。

    動作チェック開始

    回線速度チェックツール

    「回線チェック開始」ボタンをクリックすると、「BULATS Bandwidth Checker」の画面が立ち上がります。画面中の「RUN TEST」をクリックして環境のチェックを行ってください。回線速度が十分でない場合には回線速度の速いPC(512kbbs以上)でご受験ください。

    回線チェック開始

    BULATS Onlineテスト 推奨システム要件

    CPU:PentiumⅢ800Mhz以上 メモリ:512MB以上 ハードディスク空き領域:4GB以上

    ブラウザ:IE10以上
    ※ MacOSには対応しておりません。
    音声システム:サウンドカード、ヘッドフォン

    回線速度:512kbbs以上

    Adobe Flash Player v15.0.0.167以上 Java v1.5.1以上 マイクロソフトエクセル2003以上

    Adobe Acrobat v8.0以上

  2. STEP2:「token number」をコピー、またはメモ

    デモサイトは3つのテストが体験できます。後ほど、「token number」(パスワード)の入力が必要になります。以下の「token number」をコピーまたはメモしてください。

    Test token number
    BULATS Online Reading and Listening DEMBULE1
    BULATS Online Speaking DEMBULE1SP
    BULATS Online Writing DEMBULE1W
  3. STEP3:デモサイト画面を開く

    以下の「デモサイト」ボタンをクリックで、デモサイト画面を開きます。

    デモサイト

  4. STEP4:テストタイプと言語の選択

    3つのテストタイプ(BULATS Online Reading and Listening、BULATS Online Speaking 、BULATS Online Writing)から体験するテストタイプを選択し、次の言語選択画面で「English」を選択します。

  5. STEP5:デモサイト利用方法を動画で確認

    「TUTORIAL」をクリックするとテストの解答方法の案内(英語)の動画を見ることができます。

  6. STEP6:「TEST」をクリックして「token number」を入力

    「TEST」をクリックするとデモテストの受験に進みます。「token number」の入力を求められるので、STEP2の「token number」を入力してください。入力後、「take test」をクリックし、個人情報を入力したら、テストがスタートします。

    • デモサイトに採点機能はありません。あらかじめご了承ください。

関連情報

BULATSペーパー版

試験資材を取り寄せ、団体毎に設定した会場で実施するテストタイプです。コンピューターテスト、スタンダードテスト、スピーキングテスト、ライティングテストの4種類があります。

サンプル問題に挑戦

BULATSのサンプル問題をご用意しています。受験前に、力試しに、ご活用ください。