滋賀県編

米・ミシガン州との姉妹交流に始まった英語教員ネットワーク

滋賀県立膳所高等学校 教諭 辻 美也子

2014.03.17

滋賀県は、湖が縁となり、1968年(昭和43年)にアメリカ合衆国ミシガン州と姉妹県州の協定を締結した。それ以来、現在に至るまで、行政、市民レベルなど数多くの交流を行っている。
本稿では、その交流が本県の、特に高校での英語教育に与えている影響についてご紹介したい。

1)姉妹交流との関わり

a.教員の派遣研修
 滋賀県は、ミシガン州との間で生徒たちを派遣し合う「高校生海外相互派遣事業」を1990年に開始したが、その5年前の1985年には、教員の交換事業に着手している。事業内容は、滋賀県の若手教員らを毎年3~4人、英語研修と教育事情研修などのために、1年間、ミシガン州の公立学校に派遣すると同時に、ミシガン州からの教員を毎年数人(年によって異なる)、英語授業のリソースパーソンとなってもらうために半年~1年間滋賀県の公立中学・高校に受け入れるというもので、まさに教員を「交換」する事業である。
 残念ながら、この事業は県の財政難を理由に休止しているのだが、この事業や「高校生海外相互派遣事業」が縁となって、参加した英語教員の間にネットワークができあがった。現在でも、毎年一度、高校生の相互派遣事業でミシガン州の引率教員が来県する際などには、集まって様々な情報交換をしている。ミシガンとの交流から始まった英語教員ネットワークが、現在も引き継がれているのである。

b.教員の県内研修
 姉妹提携20周年を記念して、1989年に滋賀県彦根市に開設されたのが、「ミシガン州立大学連合日本センター(通称:ミシガン日本センター)」である。このセンターは、ハード面を滋賀県が、ソフト面はミシガン州がそれぞれ責任を持って運営管理を行っており、現在もアメリカからの学生たちが日本文化や日本語を、日本の学生たちが英語をそこで学んでいる。滋賀県の大きな国際交流拠点の一つである。
 当センターの開設に合わせ、1990年に県がその費用を負担する「英語教員特別研修」が開講された。残念ながらこの事業も財政難を理由に休止しているが、ミシガン州立大学から派遣された教員たちから学ぶ英語教授法は、日々の授業の大きなヒントとなり、県内の英語教育を推進する大きな役割を担っていた。

c.ミしがンカップ・スピーチコンテスト
 正式名称は「ミしがンカップ滋賀県高校生英語スピーチコンテスト」で、「ミシガン」の文字の中に「しが」が入っている。滋賀県とミシガン州の友好の印として、1991年から毎年、滋賀県高等学校英語研究部会がミシガン日本センターにおいて、同センターの教員がジャッジとなり実施している。県内の高校生にとっては、このコンテストで優勝することが大きな目標であり、毎年、非常にレベルの高いスピーチ・プレゼンテーションが繰り広げられる。コンテストは今年度で第21回を迎え、ミシガン州との海外相互派遣事業とともに、高校生たちの英語学習へのモチベーションを高める役割を果たす事業として広く定着している。