英語白紙状態の中学1年時こそ最適
自学自習の道を開くための熱血指導

北海道函館市立本通中学校

2014.04.30

「厳しい」「つらい」、時には「怖い」とさえ言われながら、生徒たちが楽しそうに生き生きと英語を話す授業を実践する教師がいる。それが函館市立本通中学校の澤村早苗先生だ。学校長からも全幅の信頼を受けて進めた「澤村流」熱血指導は、着実に成果を上げ、このたび函館市が独自に行った学力テストで全国トップレベルに相当する成績を残した。英検指導を重視する澤村先生の授業を見せていただいた。

飛びぬけた好成績を挙げた英語力

玉手道男校長

玉手道男校長

 函館市立本通中学校の玄関から職員室、校長室に至る廊下には、多くの賞状、優勝旗、新聞記事が掲示されている。玉手道男校長は、本通中の特徴として活発な部活動を挙げる。
 「本校は札幌地区を除けば、道内一のマンモス校です。その大規模校というメリットを生かして、文科系・体育系ともに様々な種類の部活動が行われ、それぞれが好成績を挙げています。本校の教育目標は“世界の風となれ”です。世界を舞台にして、これからを切り拓く人になってほしいという思いが込められています。英語科の取組みの熱心さは、指導計画表の分厚さからも伝わってきます」(玉手校長)
 その英語科の学習方針を中心的存在として進めるのが、生徒たちから「スパルタ先生」と恐れられ愛される英語科ベテラン教員の澤村早苗教諭だ。本通中に異動して3年目で大きな成果を上げている澤村メソッドを知るために、AETのスチュアート先生とともに行う2年E組の授業を見学させていただいた。