小中連携を土台に
「好きだから学ぶ英語」を目指す

和歌山県海南市立巽中学校

2014.04.30

県内すべての小学校で英語教育の取り組みを進めている和歌山県。そうした小学校教育の充実を受けて、中学校も今また変わろうとしている。そんな和歌山県にあって、隣接する小学校との密接な連携のもと、従来の「学校英語」の枠を越えた英語教育の実践に取り組むのが海南市立巽中学校だ。「英語嫌いを生まない」「いつまでも英語を好きでいてもらいたい」―そんな思いが込められた取り組みは、着実に成果を上げつつあるという。その現場を訪ねて、和歌山県海南市へ向かった。

和歌山県と小学英語

 和歌山県が小学校での英語活動に本格的に取り組み始めたのは平成14年のこと。「総合的な学習の時間」の実施を含む学習指導要領が施行された年だ。
 「総合的な学習の時間」における『国際理解』の一環としての英語活動は、指導者の確保をはじめ実施についての課題が多く、現在に至るも実施されていない地域が残されているほど。
 そんななか、和歌山県では「小学校英語活動プロジェクト」を立ち上げ、県を挙げて小学校での英語活動を推進してきた。なかでも『イングリッシュ・パワーアップ・プログラム事業』の指定を受けたモデル地域では、「総合的な学習の時間」を利用した取り組みを積極的に実施。またこれと連携し、中学校では選択教科として英語の時間を設定してきた。現在では、そうしたモデル地域の取り組みを水平展開する形で、和歌山県内すべての小学校が英語活動に取り組んでいる。
 今回訪問した海南市立巽中学校もまた、そうした背景の下、隣接する同市立巽小学校と共に英語教育の充実を図っている。そしてユニークなのは、中学校の英語科教諭による、小学校への「出前授業」だ。