「わかる」ポイントは「読み方」にあり

千葉県立佐倉南高等学校

2014.04.30

佐倉駅から南に約2km。入試レベルは決して高くない千葉県立佐倉南高等学校だが、緑あふれる恵まれた環境下で、生徒たちはのびのびと学力、そして人間力を育んでいる。「わかる授業」を目指し、きめ細やかな指導とより実践的な教育に尽力する教師陣と、それに懸命に応える生徒たち。英語の「読み方」指導から生徒の基礎力向上を図る組田幸一郎先生と、その指導のもと、メキメキと英語力を身につけた3年生を取材した。

マイナスからのスタート

組田幸一郎先生

組田幸一郎先生

 「彼女は入学当時、アルファベットの理解がやっとだったんです」
 組田先生の言葉に、照れたような笑顔でうなずくのは髙野舞さん。彼女は昨年度、英検3級に合格した。しかも、長文問題はパーフェクト。
 「中学の頃は、英語なんて右から左。板書をノートに写すのも、意味などわからず、単語もすべて絵のように書き写していました。当然、手も挙げず、発音もせず。授業に参加している意識そのものが希薄でしたね」
 授業を受ける「ふり」をしていたという髙野さん。そんな彼女が、どうやって英検を受験するまでに成長したのだろうか。
 「組田先生の授業で、英文を四角や括弧(かっこ)でくくったり、主語と動詞にアンダーラインを引いたりすることで、手と頭がつながった感じがしました。それから『A of Bは、BのA』など、リズミカルで単純なルールを覚えることで、英文そのものに抵抗がなくなっていったんだと思います」
 四角や括弧、そしてアンダーライン。組田先生の基礎力向上につながる指導法とは、いかなるものだろう。