留学特進コースや英検まつりを開催
英語力向上の秘密は…みんなで乗り越える!

佼成学園女子中学・高等学校

2014.04.30

世田谷の閑静な住宅街の中に建つ佼成学園女子中学・高等学校。「英語の佼成」として名高い同校の独自のカリキュラムが、全国の高校から注目を集めている。1年間のニュージーランド留学を組み込んだ「特進留学コース」の設置や、ネイティブ教師が駐在する「グローバルセンター」のほか、年に2回、中学・高校全学年挙げて開催される「英検まつり」など、佼成ならではのユニークな取り組みを取材した。

人間らしい教育を

山本喜平太校長

山本喜平太校長

 廊下を歩くと、すれ違う生徒さんから「こんにちは」と明るく声が掛かる。山本喜平太校長は、「特に『挨拶をしなさい』と指導しているわけではないのですが、もともとの校風でしょうか。優しくて素直な子が多いですね。それに、困っている人を放っておかない。誰かがいすを片付けていると自然に手伝う。そんな学生の姿をよく見かけます」と語る。
 「人間らしい成長」を目標としている佼成では、「体を鍛える」「頭を鍛える」よりも、「心を鍛える」ことを一番大切にしている。
 「中学・高校時代は、『自分とは何だろう?』と考えを深め、自立していく大事な時期。様々な学校行事を友人たちと協力して盛り上げ、その喜びを分かち合ったり、ときには壁にぶつかって思い悩んだり。励ましあいながら、人間として成長できるよう、教員も見守っています」