「がんばらずにはいられない!」
自発的な学びの環境づくり

関西大学第一高等学校

2014.04.30

関西圏のトップ校を代表する関西大学。その併設高校として歴史を刻んできたのが関西大学第一高等学校だ。受験勉強のみにとらわれることのない理想の学びを追求してきたその伝統は、生徒の将来にとって本当に求められる力の育成とも言い換えられるだろう。そして今、理想の学びの一つの礎石(そせき)として、英検の全員受験という取り組みが進められている。

重みを増す英語力の大切さ

垣添尊先生

垣添尊先生

 「正義を重んじ、誠実を貫く」という校訓を掲げる関西大学第一高等学校。急速に変化する国際社会において、何が正しく、どうすれば相手に対して誠実であることができるのかを自ら判断するためにも、英語力の重要性がこれまで以上に高まってきているととらえ、その充実に取り組んできた。
 「英語教育は伝統的に重視されてきた分野ですが、およそ10年前を境に、一層力を注ぐようになりました。それは、国際化、情報化の進む現代では、英語を使ったコミュニケーション能力が、もはや欠かせない基礎学力になったという思いからです」
 このように話してくれた垣添尊先生は、さらに次のように続ける。
 「オール関大として、国際人たりうる資質を備えた学生を輩出するために、併設校である高校、中学でも、一貫した取り組みを進めることになったのです」
 その言葉通り、具体的な取り組みは高校内にとどまらず、中学校との連携の上に推進されてきた。系列の関西大学第一中学校では、総合的な学習の時間を使い、外国人講師の指導のもと、各クラスを3つに分けての小グループコミュニケーション授業を実践。英語に親しみ、コミュニケーションの喜びを実感させる指導は「英語好き」な生徒を着実に生み出す実績を挙げている。
 また、中学3年生対象のオーストラリア、高校1・2年生対象のニュージーランド英語研修を希望者に向け実施。様々な機会を通じて、生きた英語を我がものとする生徒を育てる環境づくりに余念がない。
 さらに、英語学力のベースとなる通常授業のカリキュラム策定においても、文法の基礎を軽んじることのないような指導内容を構成するなど、入念な配慮が行われている。会話をはじめとする豊かなコミュニケーションも、基礎となるしっかりとした文法力があってこそのものだという信念がそこにはある。