特集「つながる」英語教育現場を目指して ― 小学校から中学校へ ―

国立教育政策研究所/琉球大学教育学部附属小学校/つくば市教育委員会

2014.04.30

平成23年度からスタートした新学習指導要領の順次実施に伴い、以前より増して重要になっているのが、学校間の連携だ。以前からも、個人のレベルから行政のレベルまで全国でさまざまな取り組みがされてきたが、今後はさらに多くの現場へと広がることが予想される。特に、外国語活動を経験した子どもが中学校で英語を学ぶに当たり、学習方法のギャップなどに戸惑わないようにするためにも、小学校と中学校の連携は欠かせない。
いくつかの事例を通して、これからの小中連携のあり方と課題を探る。

スムーズな連携を築くための小中連携のあり方

文部科学省 初等中等教育局 教育課程課・国際教育課
国立教育政策研究所 教育課程研究センター 教科調査官 直山 木綿子

 小学校における新学習指導要領全面実施から3年目の今、外国語活動における大きな課題の一つは、やはり「小中連携」です。小学校外国語活動においては児童が中学校での英語学習に期待を抱くような指導が、そして中学校英語科においては、外国語活動の経験を生かす指導が大切です。そこで、外国語教育において小中の接続がスムーズに進み、小中連携がなされるためにはどのようなことが大切かを述べます。
 小中連携のポイントは以下の3つです。

1. 小学校と中学校で互いの授業を見る
2. 同じ時間と場を共有し、何かを創り出す
3. カリキュラムの連携を図る

1. まずは、互いの授業を見てみよう

 一気に「カリキュラムの連携」に進むのはなかなか難しいものです。そこで、まずは外国語活動と中学校英語科でどのような指導が行われているかを知ることから始めましょう。「百聞は一見に如かず」です。中学校区の小中学校へ足を運んでみましょう。
 授業見学は、教育委員会や教員の任意研究会主催の公開授業研修会の場合には、主催者側から各校へ案内が送付されると、校種が違っても足を運びやすいものです。
授業見学が困難な場合は、映像資料(DVD)「新学習指導要領に対応した外国語活動及び外国語科の授業実践事例映像資料」(文部科学省作成)で、互いの実践を視聴するのもよいでしょう。すでに外国語活動は3本、中学校英語科は2本作成し、各校へ配布しています。

2. 同じ時間と場を共有し、何かを創り出そう

 単に授業を見るだけでは本格的な連携とは言い難いので、授業後には、本時の授業の良かったところや改善点について協議することが大切です。小中学校教員が同じ時間と場を共有することで、互いへの理解が深まります。また、事後協議を行ったり、一緒に指導案を検討したり教材を作ったりすることは、次の授業を組み立てることにつながります。小学校と中学校は建物や枠組みは違いますが、基本的に同じ子どもたちが通います。小・中学校の教員が顔を合わせ、子どもたちの姿を思い浮かべながら同じ時間と場とを共有し、何かを「創る」作業をすることにより、互いの気持ちの距離も縮まるでしょう。

3. カリキュラムの連携を図ろう

『Hi, friends!』(文部科学省作成外国語活動教材例)と中学校英語科教科書の学習内容に関する関連表を作成している自治体などが増えてきました。そこで、この関連表を基に指導案をひと工夫するだけでも、小中の接続が生まれます。例えば指導案を作成する際、外国語活動の場合はこの単元が中学校英語科のどの単元につながっているのか、中学校英語科の場合には、この単元が外国語活動のどのような経験とつながっているのかを教材観(単元観)に数行記すことで、指導する際の児童・生徒への声掛けが変わってきます。また、中学校では、外国語活動で使われていた教材(絵カードや児童の作品、『Hi,friends!』デジタル教材など)を使ったり、英語の「正確さ」「適切さ」にもフォーカスを当てながら外国語活動で行ったような活動をしたりすることで、生徒は外国語活動と中学校英語科の「つながり」と「適度な段差」を感じて安心するでしょう。さらに、外国語活動では、関連した題材に関して中学生が行ったスピーチの様子を、ビデオなどを通して紹介することで、児童に中学校英語への憧れを抱かせることも考えられます。それぞれの学校の環境に合った取り組みに期待します。

ここからは、沖縄県の小学校の取り組み事例と、市を挙げて小中連携に取り組んでいる茨城県つくば市の事例を紹介する。