英検の全校一斉受験を推進し、高めあい、支えあい、認めあう集団づくりにつなげていく

大東市立諸福中学校

2014.04.30

大阪府の東部、生駒山の麓(ふもと)に位置する大東市は、市立中学校8校全校に1名ずつAETを配置するなど、中学校の英語教育の充実を図っている。その中でも諸福中学校は、同市の市立中学校で初めて2008年度に英検の全校一斉受験を実現。2010年度までの3か年計画で年1回の実施を予定しているが、同校の「高めあい、支えあい、認めあう集団づくり」というテーマとも相まって、はやくも生徒の学習意欲には変化が見られるという。

1)英検の効果が他の教科にも波及し、全体の学習意欲を高める

笹尾 宏校長

笹尾 宏校長

 1週間のまとめとなる週末課題や、ERIC(エリック)と呼ばれる朝の読書時間、数学と英語の2教科で少人数授業の実施など、様々な学習の工夫に力を注ぐ諸福中学校。その背景には、生徒に基礎・基本の力をしっかりと身につけさせ、応用力を伸ばしていくこと、さらには生徒同士の支えあう力を養っていくことが目的として存在する。「先生と生徒という一方的な教えの場から、生徒がお互いに教え、学びあえる姿を目標として学級づくりに取り組んでいます。生徒同士がより高いところで支えあえる人間関係を実現することで、学習に対する積極性も育まれていくでしょう」と話すのは笹尾宏校長だ。
 その活動の1つとも言えるのが、英検の全校一斉受験である。「学校の取り組みとすることで、期待通り生徒の中で勉強の教えあい、励ましあいがありました。何より特徴的なのは、みんなで公的な資格試験を受けるという動機づけが、学習意欲の向上につながっている」という。笹尾校長はかつて英語科の教員であり、中学2年生のときに受けた英検をきっかけに教員をめざしたため、自身の経験を通して生徒に英検の魅力を話すこともある。「そのときは4級を受けたのですが、辞書を引きながら勉強したことを覚えています。その経験が糧(かて)になり、結果的に私は英語科の教員になりました。ですから生徒にも英検をがんばっていけば絶対に損はしないと伝えています」と話す笹尾校長の言葉通り、英検は早くも同校の生徒の目標の1つとなっている。そして、現在はそれが他の教科にも波及し、がんばって勉強しようという校風が生まれつつあるという。