英語を軸に、すべての学力向上をめざす校風づくりを

草津市立松原中学校

2014.04.30

滋賀県内の他市に先駆け小学校英語活動が進む草津市。ただ、着実に成果を残しながらも中学校については各校に委ねられているのが現状である。そんななか、独自の取り組みによって中学校の英語教育モデルを作ることに力を注いでいるのが草津市立松原中学校だ。全教員が協力し、地域のボランティアの支援も受け、2008年度から全校生徒の英検受験を開始した。学力向上をめざす校風づくり、そのための工夫などをうかがった。

1)中学校で初めて学ぶ英語だからこそ校風につながる

利倉 章校長

利倉 章校長

 松原中学校では、かねてから学習意欲や学力の向上が課題となっていた。様々な対策が検討されるなか、具体的な取り組みとして焦点を当てられたのが「英語」である。中学校で初めて学習する教科なので、あらためて生徒に学ぶことに対する意識の変化をうながすことができ、学習全般への波及効果をねらえるからである。特に草津市は、小学校の英語活動は進んではいるものの、その成果を踏まえた中学校英語教育のあり方は確立されていない。そのため、同校はそのモデルを作ることを責務ととらえ、取り組みを進めた。その中心に位置づけられたのが、全校生徒の英検受験である。
 利倉章校長は「以前から勉強というものに、すべての生徒がもっと意欲的に取り組める校風を作れないものだろうかと考えていました。授業を少し工夫、改善しただけでは全校的なものにはなかなかつながらないのです。また、中学校は教科担任制ですが、教員が自分の専門教科だけを考えているのでは効果が見えてきません。つまり、学校を挙げて、学力向上をめざす必要があったのです」と話す。そして、英語への取り組みについて「中学校で初めて勉強する英語ならば、できるのではないかと思いました。これがほかの教科だとなかなか難しい。英語だからこそ勉強に力を入れようという校風につながると考えました。さらには、英検という社会的に公認されている資格試験にチャレンジすることの価値を、生徒は予想以上によく理解していました」と説明した。そのため、教員が「問題集を買いなさい」「前もって勉強しておきなさい」などと言わなくても、生徒たちは自主的に勉強しているという。