教師が変われば生徒も変わる!
“チーム”で引き出す・伸ばす英語力

精華女子高等学校

2014.04.30

理想の英語教育とは。そんな根本的命題を掲げながら公立高校で教鞭(きょうべん)を執ってきたベテラン教師を招へいし、従来とは異なる新しい英語カリキュラムの実施に挑戦する精華女子高等学校。生徒の自主的な学びの意欲を引き出すことで学力を確実に高めていくというその取り組みは、英語に留まらず、学校全体に学びの喜びを広げようとしている。そんな大きなうねりを生み出しつつある同校英語科の先生方にお話をうかがった。

1)乗り込む勇気、迎える勇気

田中博敏先生

田中博敏先生

 精華女子高校に、これまで公立高校で教鞭を執ってきた田中博敏先生が着任したのは2008年春。同様に公立高校から転じた校長先生の熱心なスカウトに心を動かされてのことだった。
 着任早々、田中先生が打ち出した施策は、従来の取り組み全体に変革を迫る大胆なもの。教科書と文法学習を中心に据えた従来のカリキュラムから、「読む・聞く・話す」中心に大転換。それは多くの先生方にとって未知の授業だった。
 「少なからず不安はありました。私たちにそういう授業ができるのか、生徒たちはついてこられるか…」と話すのは、英語科主任の宇都宮先生。
 田中先生はそうした不安を打ち消すかのように、新年度を待たずに手を打っていく。英語科全員で、実践的な英語表現を目指す独自の教材作成に着手する一方、春休み期間中には在校生の有志を対象にした模擬授業を行い、新しい授業スタイルへの予行演習とした。さらに、入学を控えた生徒には「入学したら、授業でこれを話してもらいます。皆さんと会えるのを楽しみにしていますよ」と記した予習教材を送り「自ら話す英語」への覚悟と準備を促した。