基礎基本を大切にした学びで身につく
揺るぎない実力

中央大学高等学校

2014.04.30

中央大学理工学部の学生たちが学ぶ、都心の後楽園キャンパスの一角に、「昼間定時制」という独自のスタイルをとるアットホームな雰囲気が漂う高校がある。その名は中央大学高等学校。中央大学の学風である「質実剛健」を強く受け継ぎ、「家族的情味」という理念のもと、生徒の個性を伸ばす教育環境を整えている。ここでは在学中の英検2級取得を目標とし、なかには準1級にチャレンジしようとする意欲的な生徒たちもいるという。“自分を育てる、世界を拓く”人物の育成を目指す本校の英語教育についてお話を伺った。

1)卒業後にリーダーシップを発揮できる基盤づくり

村岡晋一校長

村岡晋一校長

 大学附属校である中央大学高等学校では、受験勉強にとらわれずに、習熟度に応じた学習指導を行うことができる。どの教科においても、大学で求められる学力レベルへの到達を前提に、真の学力と知識を身につけ、高校生としての常識や良識を備えた生徒を育てることに注力している。1、2年次は徹底した基礎力の定着を図り、3年次には課題解決型の授業を通じて自ら考える力を養っている。また、2年次からは興味・関心に応じ、学ぶ意欲の高い生徒を対象に、第2外国語や理数系の特別講座なども設けている。さらに、週末には3つの附属高校と大学と連携して簿記講座を開設しており、高大一貫教育も実践している。
 「中学は義務教育、大学は専門教育の場。その間にある高校は、生徒が興味ある分野を発見する場」であると、村岡晋一校長は考える。だからこそ、学業はもちろん、クラブ活動やホームルーム合宿などの課外活動といった、多方面での“学び”を大切にしている。
 同大教授でもある村岡校長によれば、最近、自分が学ぶ目的を見つけられずにいる大学生が増えているという。目先の大学受験への合格が目的となり、本来の学びへの目的を持たずに入学してくるのだ。「だからこそ、高校生の段階で、自分がやりたいことを見つけることで目的意識を持つことができ、戸惑いなく大学での学びに入っていけるのです」
 それゆえに、同校では高校3年間での学びを通じて、自分がやりたいことを追求するための基盤づくりを大切にしているのだ。
 また、全校生徒500名余りの中規模校であるため、生徒一人ひとりに目が行き届く校風も特色である。教員と保護者が一体となって生徒を見守り、育てる体制が整っており、生徒たちは高校生活を謳歌(おうか)し、行事を通じて友情を深めていく。同校の生徒たちは大学進学後、高校時代に築いた友情関係を基盤に、リーダーシップを発揮している。
 新しい時代を築く「真」のリーダーとなる人材を育てる教育は、生徒たちに確かな伝統として根づいていると言えそうだ。