大学受験英語を越えた真の英語力を養う

立命館宇治中学校・高等学校

2014.04.30

インターナショナルな校風と充実した英語教育で知られる立命館宇治中学校・高等学校。多くの生徒が海外へ留学し、また海外からも多くの留学生を受け入れている。中・高・大の10年間一貫教育により、受験勉強に縛られることなくのびのびと学べる環境が整い、特に英語教育においては実用的な英語力の習得に成功している。その教育現場を担う先生方にお話を伺った。

1)キーワードは「国際化」と「一貫教育」

汐崎澄夫校長

汐崎澄夫校長

 宇治市郊外の高台に位置する立命館宇治中学校・高等学校は、平成7年の設立当初より「国際化」を特色として打ち出し、英語に加えて高校2年次より第二外国語を必修とするなど、先進的なカリキュラムを導入してきた。さらに、海外の学校との連携を積極的に行い、中学3年次と高校3年次には全生徒が海外研修に出かけ、約3週間のホームステイを体験する。語学力や知識だけでなく「国際理解力」を身につけた真の国際人の育成を目指しているのだ。
 汐崎澄夫校長はこう語る。「本校の最大の特長は、中・高・大10年間の一貫教育です。大学受験突破を目標にした教育ではなく、大学で花開くことができるように、土台となる基礎学力を養成するのが中高の教育目標です。私たちの教育の軸は、国際社会でリーダーシップを発揮できる人材を育成すること。英語に関しても、大学受験に対応できる英語力を越えて、国際社会の中で役立つコミュニケーション力や異文化理解力も含めた真の英語力を身につけることを目指しています」