英語って楽しい!伝えたいのはまずそのこと

佐賀県立白石高等学校

2014.04.30

大学院での研究と実践を経て着任した若手教員の投じた一石が、伝統公立校の英語教育を動かし始めている。そう耳にしておじゃましたのは、佐賀県立白石高等学校だ。英検とその精神を最大限に生かしながら「人生を豊かにする英語」を授けようとするその取り組みをお伝えしよう。

1)英語嫌いが生まれるわけ

 「私自身の高校時代を振り返ると、英語は個人的に大好きだったんですが、学校の授業では楽しいと感じられることが少なかったんです」
 そう話すのは、白石高校で英語の教鞭(きょうべん)を執る石橋俊(すぐる)先生だ。
「楽しくないから、英語嫌いになってしまう友達も多かった。それが自分にとってはすごく悲しいことでした」
 それでも自身の“英語好き”は揺らがなかったという石橋先生。大学では教育学部を選び、さらに大学院へと進んで英語教育についての研究と実践を重ねてきたのも、これからの生徒たちに、かつての自分のような思いをさせたくないとの願いからだ。
 「色々勉強して私なりにたどり着いた結論は、結局、試験のためだけの英語はつまらないということです。それよりも自分で使える、人とコミュケーションできる生きた英語こそがおもしろい。だから私の授業では、生徒たちが社会に出て実際に生かすことのできる、使える英語を身につけてほしいと思っています」
 そう語る石橋先生の指導についてお聞きする前に、ここ白石高校をはじめとする、地方の公立高校の現状を見ておこう。