段階を追った学習で確実に実力をつける

品川区立小中一貫校 日野学園

2014.04.30

開校5周年を迎えた施設一体型の品川区立小中一貫校日野学園。1年生から9年生までが共に学ぶことによる「学力の定着と向上」と「より良い人間関係の形成」を教育方針としている。英語学習にも力を入れており、1年生から英語科の授業を設け、実践的なコミュニケーション力の習得を目指す。中学生にあたる7~9年生の英語科を担当する岡﨑伸一先生に、英検受験への取り組みや授業づくりの工夫などについて、お話を伺った。

1)9年一貫教育の良さを生かして

青木経校長

青木経校長

 駅前再開発が進み、近代的な高層ビルが建ち並ぶ大崎地区に、小中一貫校の日野学園は校舎を構える。広々とした開放的な校内では、小学生と中学生の児童・生徒たちがのびのびと学んでいる。9年間を小学校と中学校で分けるのでなく、1~4年生、5~7年生、8~9年生という3ブロックに分けてカリキュラムを組んでいるのが特徴だ。同校では新指導要領を大幅に上回る授業時間数を確保し、毎月1回の土曜登校日や夏休み期間のサマースクールを設けたり、英検や数検など各種検定試験を積極的に取り入れたりすることで、学力の定着と向上を図っている。また、教育内容の質を高めるため、教員は小学校、中学校という壁を持たずに、一つの学園としての教育を行い、全員が必ず何らかの教科を受け持ち、年1回は授業研究の機会を持つ。
 青木経校長は「小中一貫校である本校に対しては、出口保障が期待されています。9年間の一貫した教育課程により、効率的・効果的に学習が進められ、生徒は着実に学力がつき、望む進路へ進むことができるということを保護者や地域のみなさまに示すことができれば、本校の教育へのご理解をいただけると思います」と話す。