教科書と表現活動を結びつける
「三神メソッド」が高める英語力

鳥栖市立鳥栖中学校

2014.04.30

佐賀県東部に位置し、交通の要衝地である鳥栖市。九州の物流拠点として工場等の集積が進みながらも、平成22年版の「住みやすさランキング」では全国4位を誇る地域でもある。そうした鳥栖市では現在、鳥栖・三養基・神埼からなる三神地区の英語教員が一体となって、生徒の理解力や表現力を高めていく「三神メソッド」による英語教育を継続的に行っている。メソッド誕生のきっかけを作った市立鳥栖中学校を訪ね、“英語に熱くなっている”教員と生徒たちの姿を追った。

1)鳥栖中学校から広がった英語教育の輪

吉田喜美子先生

吉田喜美子先生

 発端は鳥栖中学校で実践されてきた「少人数指導による表現活動」だった。鳥栖中学校では、英語教員の間で、「生徒の英語力を伸ばすためには、表現力を伸ばす指導が必要」との声が高まっていた。そこで取り入れられたのが、教科書の音読と表現活動を組み合わせた指導法である。佐賀県のスーパーティーチャー第1号に認定された吉田喜美子先生を中心に、英語教員全員が“同じ歩調で、同じ気持ちで”授業に臨むことで、鳥栖中学校としての英語教育のかたちが作られることになった。教科書と表現活動を組み合わせる活動を取り入れるにあたり、鳥栖中学校では(1)表現活動の前にはモデルとなる英文を示す(2)生徒の活動を良く見取り、フィードバックを十分にする(3)友達の作品をシェアリングして、いいところを取り入れさせる―という活動を授業に取り入れた。これらの活動は、習熟度別の少人数指導で行い、英語が得意な生徒も苦手な生徒も、徐々に表現力が高まっていった。
 すると、この取り組みはこれからの時代に見合う指導法であると注目され、地区の英語教員が集い、三神地区全体で研究をさらに深め、地区の生徒たちの力を高めていこうと「三神メソッド」が生み出されたのだ。「三神メソッド」とは、活用力を培うために、明確なゴールを設定し、活動の意欲を高める手だてを取り入れながら、small output活動を繰り返す指導法である。教科書の本文理解と表現活動を関連づけて指導することに特徴がある。昨夏より地区にある中学校14校の全学年全学級で実施し、今年度は2、3年生で実践している。
 鳥栖中学校を発端に、三神地区全体での取り組みとなったこの「三神メソッド」は、鳥栖中学校の英語教員だけでなく、当時、地区の英語教員が共通に抱えていた、生徒の英語力をいかに伸ばすかという課題に取り組むべく、生まれたものである。地区の英語教員たちは、関西外国語大学の中嶋洋一教授や現・関西大学の田尻悟郎教授、現・東京都港区立赤坂中学校の北原延晃教諭らの指導法を学ぶ会に集い、団結し、ともに学び合い、知識や情報を共有し合った。どの教員も感じていたのは「自分の学校の英語教育を、地区の英語教育を何とかしなければ!」という熱い思いだったのだ。
 現在、地区の英語教員はメーリングリストで連携している。新任教員からベテラン教員まで、様々な立場の教員がメーリングリストを通じて、自身の指導法に関する知識を共有しながら研究を深め、時にはお互いが悩みを相談し合う。このようにして地区の英語教員全員が、“同じ歩調で、同じ気持ちで”新しい英語教育のかたちを作ろうと意識を高めていった。