授業を中心とした学習で英検から大学受験までサポート

岐阜県立中津高等学校

2014.04.30

岐阜県中津川市の丘陵地帯に位置する県立中津高等学校。東濃エリアの進学校の一つとして、英語をはじめ教科指導に力を入れている一方、部活動や学校行事が盛んなことでも知られている。英語科での指導の様子や学校独自の海外留学奨学金制度について、そして中津高でがんばる生徒さんの話を聞いた。

「高校生らしい高校生」が学ぶ「高校らしい高校」

野村一高校長

野村一高校長

 中津高等学校は創立106周年を迎える東濃の伝統校。野村一高(かずたか)校長は自校を「高校らしい高校」だと言う。「生徒は学校を中心に生活をしており、朝から晩まで校内で活動しています。授業や補習はもちろん部活動も盛んです。文化祭などの学校行事は、生徒全員で盛り上げる。遅刻もないし、いじめもない。生徒は素直で気立てが良い子が多いです」。これまで様々な学校で教鞭を執ってきた野村校長から見ても、中津高生は「高校生らしい高校生」であり、「入学後にぐっと成長する子どもたち」なのだと言う。
 また、生徒のほとんどが塾には通っておらず、「勉強は学校で」という考え方が定着している家庭が多いそうだ。「普段の学習だけでなく、受験対策も学校での指導が中心となります。教師の努力が生徒の伸びに直結することが目に見えてわかりますので、生徒のためには努力を惜しまない熱心な教員が多いですね。私も定期的に授業に参加させてもらうのですが、教師と生徒の間に信頼関係が出来上がっているのを肌で感じてうれしく思っています」