言語活動を重視したプロジェクト型学習で
生徒の英語学習意欲を刺激

千葉県立千葉中学校

2014.04.30

明治以来の自由闊達(かったつ)・質実剛健の校風で、千葉県の公立トップ校としてその名を全国に轟(とどろ)かせてきた県立千葉中学校。「重厚な教養主義」「真の学問の追求」を重んじた教育に定評がある。同校の伝統を受け継ぎ、県内唯一の県立中学校として、2008年に併設された県立千葉中学校は「プロジェクト型学習」を特色とし、独自のカリキュラムに基づいた教育を展開している。同中学校の英語教育が目指す方向性を聞いた。

伝えたいことを伝えられる表現力を養う

 1学年80名の県立千葉中学校では、40名ずつ2クラスを設け、英語と数学ではさらに20名ずつに分けた少人数制で授業を行う。4名の英語科教員は「知的欲求の高い生徒たちをいかに刺激し、学習意欲を発揮させるか」を念頭に置いた授業づくりに尽力している。英語科が目指すのは「生徒が発想や創造性を自由に発揮して、自分が伝えたいことを英語という『ことば』に乗せて表現する言語活動中心の授業をつくる」こと。授業は、教科書を使う「シラバスに則った授業」に加え、言語活動を重視した「プロジェクト型学習」によって成り立つ。プロジェクト型学習では、ターゲットとなる文法知識の定着を図る言語活動と、総合的な技能を養い自由な発想力を育む自己表現活動を取り入れ、伝えたいことを伝えられる表現力を伸ばす。
 6年一貫教育での基礎期となる中学1年次は、「英語を使うことが楽しい」と思えるアクティビティが中心。年間を通じた目標は、英語によるプレゼンテーション力をつけることだ。そこで今年度は、お気に入りのものや家族などについて語る「スケッチブックプレゼンテーション」や英語劇のスキットづくりなどに取り組んだ。
 錬成期となる中学2~3年次は、まず2年次に様々な状況設定や話題について、創造性を発揮しながら英語を活用できるアクティビティを取り入れる。目標は、英語でディベートできる力をつけること。今年度は、自分で作ったクイズを出題し、解答説明をする「What am I?」などを取り入れた。そして3年次は、培った英語力を実際の場で発揮するためのアクティビティを重視し、英語でのディスカッションができる力を養う。そこで、自分についての50の質問に答える「Question50」などの即興性あるアクティビティを取り入れた。
 どの活動でも、自分の伝えたい内容を相手に理解してもらうために、教科書では学んでいない単語や表現も調べ、場面にふさわしい表現を実践的に覚えていく。また、クラスでの発表やディスカッションなどを通じて、相手の英語を聞くことで、自分の知らなかった表現方法を知り、表現の幅が広がる。こうした生徒同士の学び合いも大切にしている。