東北地方公立校初の中等教育学校が挑む
「知性・感性・意志」をはぐくむ教育

仙台市立仙台青陵中等教育学校

2014.04.30

2009年に開設された、東北地方の公立校では初となる中高一貫教育校が市立の仙台青陵中等教育学校だ。仙台駅から北西に約5キロの緑豊かな高台に、かつての仙台女子商業高等学校のそれを改修した校舎は、新設校らしからぬ落ち着いたたたずまいが印象的だ。同校が掲げる、「知性・感性・意志」を兼ね備えた人間育成の一環として進められる英語教育についてお話を伺った。

地域初の中高一貫教育校として

 かつて宮城県には、男子校である仙台一高、二高、三高、女子校である宮城一女高、二女高、三女高など、いわゆるナンバースクールと呼ばれる公立の伝統進学校があり、長らく地域の高等学校教育の中核を担ってきた。そうした伝統を背景に、県教育委員会では多くの議論を重ねながら、2010年に共学化を達成すると共に、時代に適応した新学科の設置や単位制高校の設置など、数々の施策を推し進めてきた。仙台市教育委員会もこの流れを受け、市立学校の再編の一環として、市立中高一貫教育校の設置を進めた。
 今回取材に伺った仙台市立仙台青陵中等教育学校は、そうした背景の中で誕生した東北地方で最初の公立中等教育学校だ。2009年の開校以来、3年間に限って行われた後期課程(高校3年間に相当)の募集も2011年春に完了し、6学年すべての生徒が充足、いよいよ本当のスタートを切った年度の終わりに近いタイミングでの取材となった。