自ら課題を見つけて意欲的に学べる
生徒の育成を目指して

東京都立大泉高等学校附属中学校

2014.04.30

「自主・創造」の精神と「文武両道」の伝統が息づく東京都立大泉高等学校。その教育実績を踏まえ、「リーダーとして行動できる生徒を育成」する学校を目指した中高一貫教育校として附属中学校が開校したのは2010年のことだ。英語の授業は英語で行い、中学3年生で英検準2級取得を目指すという同校の英語教育や、育てたい生徒像について取材した。

リーダーとしての資質を高める学校生活

菊地芳男校長

菊地芳男校長

 東京都には、10校(併設型中学校5校、中等教育学校5校)の都立中高一貫校が設置されている。それぞれが特色を打ち出す中、併設型中学校に数えられる都立大泉高等学校附属中学校が掲げているのは「学・律・拓」の3つの教育方針だ。
 「学」においては、自校完成型教育システムに基づき、生徒にわかりやすく、興味が持てる授業を行い、生徒が自発的に学ぼうとする姿勢を養う。なかでも、科学的なテーマについて外部講師を招いて月1回開かれる土曜講座は、生徒の学びへの興味を引き出すきっかけを作っている。さらに、土曜演習という時間を設け、繰り返し学習による知識の定着を図っている。「律」では、生徒が自律した生活を送ることができる生活指導に重点を置き、中高合同の学校行事や部活動を通して、異年齢集団での学びも取り入れている。「拓」については、10年後を見据えたキャリア教育に力を入れているという。生徒が興味・関心のある事柄について、自ら課題を設定し、調査検討を重ね、成果を発表する「探求活動」を通じて、生徒たちは自主性やチャレンジ精神、論理的思考力、コミュニケーション能力などを高めている。
 菊地芳男校長は、「本校には何事にも意欲的に取り組む生徒が多いですね」と話す。また、『リーダーとして行動できる生徒』を育てることを意識し、授業をはじめ、部活動や委員会活動など少人数集団を形成し、生徒たちが責任ある立場を経験する機会を数多く作っているという。「そうすることで生徒一人ひとりのリーダーとしての判断力、責任感の育成につなげています」