英検を活用して身につける突破力と人間力

海星高等学校

2014.04.30

異国情緒あふれる長崎市内からオランダ坂を上り、洋館の建ち並ぶ東山手洋風住宅群*へ。外国人居留地とされたこの地区で、海星学園は120年の歴史を刻んできた。カトリック系ミッションスクールである同校の校訓は「神愛・人間愛」。性差を超えて共に手を携え、世の中を美しくしていく担い手となる人間性豊かな生徒を育てている。難関国公立大学への進学を目指す「ステラ・マリスコース」では、どのような英語教育が行われているのだろうか。
*国が選定した重要伝統的建造物群保存地区にある7つの洋風住宅館で、長崎市の有形文化財。

論理的思考力と表現力をつけて難関国公立大学を目指す

 1892(明治25)年にフランスのマリア会から派遣されたフランス人宣教師によって創立された海星学園。マリア会は健全な男子の育成を目標としており、海星学園も長い歳月を男子校として存在し続けたが、2006年の「ステラ・マリスコース」開設の際、共学校へと姿を変えた。現在、海星高等学校では3つのコース制を導入し、生徒一人ひとりの進路希望に応じたカリキュラムを用意している。難関国公立大学を目指す「ステラ・マリスコース」、国公立大学への進学を目指す「国公立進学コース」、そして有名私大を目指す「フロンティアコース」だ。いずれも3年間をかけて、基礎から大学受験までの内容を体系的に学んでいく。
 「ステラ・マリスコース」では、1年次に主要5教科の基礎学力の定着に力を入れており、少人数授業で、「考える力」の基礎を築く。そして2年次に文系と理系に分かれ、入試に通用する応用力をつける。さらに3年次には、入試に直結した演習授業を通じて、「論理的思考力」と「表現力」を身につけ、入試に備える。校外模試も1年次から取り入れており、自分の成績が全国でどのレベルにあるのかを客観的に判断し、学習計画の見直しに役立てている。