少人数での徹底した言語活動で、
世界に羽ばたく生徒を育成

大阪市立南高等学校

2014.04.30

大阪府内の公立高校で初めて英語科を設置し、全国でも唯一の国語科を擁する大阪市立南高等学校は、1学年4クラスの小規模校だ。一人ひとりの顔が見えるきめ細かな指導を通じて、言語に特化した授業を展開している。過去に英検の成績優秀団体として複数回表彰された実績もある。同校を訪ね、英語教育の特色や英検への取り組みを取材した。

グローバル人材に重要な国語力の育成

澤井宏幸校長

澤井宏幸校長

 グローバル人材育成の重要性が叫ばれる昨今だが、大阪市立南高等学校では、時代を先駆けた教育を通じて、世界に羽ばたく人材を育ててきた。「時代が今、ようやく本校に追いついてきた」と語る澤井宏幸校長は、グローバル人材の定義についてこう考える。「果たして『グローバル人材イコール英語が使える人』でしょうか。英語はコミュニケーションを図るツールです。話せることは最低条件ですが、内容のある英語を話さなければ、真のコミュニケーションは取れません」
 そこで重要になるのが「国語力」だと澤井校長は強調する。読解力や表現力、論理的思考力を育み、日本の歴史や文化、伝統を知り、日本人として豊かな情緒を培うことがグローバル人材の育成に必要不可欠だと考えるためだ。そして「国語力はすべての基礎となる」とし、「国語力は国語の授業だけで育むものではなく、すべての教科、学校の教育活動などあらゆる場面で育むものであって、豊かな教養と人間性を備えた人材こそがグローバル人材です」と述べた。