英検受験は英語への意識向上のきっかけ

八幡市教育委員会、八幡市立男山東中学校

2014.04.30

京都府八幡市では、中学生の英語に対する意識向上の取り組みの一環として、2012年度から公費補助による英検の全員受験を導入している。八幡市教育委員会と市立男山東中学校を訪れ、英語教育への取り組みから英検全員受験導入の経緯や成果、学校現場における英検の活用状況について取材した。

英語への関心と学習意欲の向上のため、英検に着目する

谷口正弘教育長

谷口正弘教育長

 「ユニバーサルデザイン」を教育目標に掲げる八幡市では、子どもの様々な特性やニーズに応じた学校教育を目指している。英語教育においても、中学生の英語への関心を高めるため、色々な方法を試みてきた。例えば、一昨年まで10年間続いた「英語フェスティバル」には、幼稚園児から高校生までが参加し、英語での寸劇や暗唱、スピーチなど、学年に応じた英語活動の成果を発表した。昨年度からは市内の中学生を対象としたスピーチコンテストをスタートさせ、今後は市のイベントとしての定着を図る考えだ。また、今年度から各校に1名ずつ外国人講師を派遣し、国際理解力や英語によるコミュニケーション力の向上にも力を入れている。
 谷口正弘教育長は「これからは、今まで以上に英語が身に付いていることで可能性を広げることができる時代。子どもたちの未来のために、英語力の養成をサポートしていきたいですね」と述べる。同時に、「学力としての英語力向上だけでなく、英語や世界のことに興味を持ってほしい」とも考えている。そこで、英語への関心を高め、英語学習への動機付けを図るため、英検に着目した。近隣の京都府綾部市や滋賀県草津市の公費補助による英検全員受験の事例を参考にしながら導入方法を模索し、家庭の経済的負担も考慮した上で、「受験料全額補助による全員受験」に踏み切った。受験料の一部を公費で負担する自治体は見られるが、全額負担は全国的にも珍しく、八幡市では今後も全額補助を続けていく予定だ。