「英検スーパージム」で地域ぐるみの
英語力向上を目指す

聖カタリナ女子高等学校

2014.04.30

『坊ちゃん』や『坂の上の雲』の舞台として知られる愛媛県松山市。その地に開校して89周年を迎える聖カタリナ女子高等学校では、長きにわたり英語教育や国際理解教育に力を入れてきた。近年では英検受験も奨励しており、平成22年には全員受験を導入した。さらに、独自の対策講座「英検スーパージム」により、同校生徒はもとより地域の中学生の英検取得もサポートしている。

英検の全員受験導入により英語力習得への意欲が波及

芳野敬三校長

芳野敬三校長

平原澄夫先生

平原澄夫先生

 「英語指導力は、本校の“学校力”の一つ」と、芳野敬三校長が誇るように、聖カタリナ女子高等学校は、伝統的に英語教育に熱心な学校として地域に知られる。進学を目指す普通科、多様な進路希望に応える総合学科、5年間で看護師資格取得を目指す看護科の3学科からなり、1,000人以上の生徒が学ぶ。志望する進路も学力も多様な生徒たちに対し、いずれの学科においても、生徒一人ひとりのレベルに合わせ、充実した英語教育を展開している。
 長年にわたって英検受験を推奨してきた同校では、普通科の生徒を中心に多くの生徒が受験し、学習意欲向上に活用してきた。そして、「普通科の英語力習得への気運を全校に波及させたい」と、平成22年にすべての学科で英検の全員受験を導入した。英語科主任の平原澄夫先生は、英語学習において「短期目標を持ち、それに向けて努力し、クリアし、達成感を得ることが重要」と考える。年に3 回受験の機会がある英検は、「短期目標」に最適だった。
 さらに、普通科の英語科教員である越智美江先生は「学校での評価とは異なる『英検』という全国レベルの資格取得が、生徒の自信や喜びにつながっています」と、英検取得のメリットを述べる。また、合否があることも、指導に役立つ。1点足りずに不合格となり涙を流す生徒もいる。そんな生徒には、不合格は失敗ではないことを伝え、「大切なのは挑戦し続けること。諦めずにがんばろう」と励ましの言葉を掛ける。一方で、「あと1点を取るためには、その何倍もの努力をしなければなりません。しっかりと学んだ結果が点数につながるのだと知る良い機会です」と話す。
 受験回は学科により異なり、受験級も生徒によりさまざまだ。総合学科の1年生には、4級からの受験も推奨している。「合格する喜びが生徒を変えます。最初は受け身で受験していた生徒が、自ら次の級に挑戦してみたいと言ってくれたときはうれしいですね」と、越智先生は生徒の成長を喜ぶ。