コミュニケーション活動を通じて高まる
総合的な英語力

新潟市立万代高等学校

2014.04.30

10年前に新潟市立沼垂高等学校から改組・改称して誕生した新潟市立万代高等学校は、全日制の単位制高等学校だ。総合選択制の「普通科」と、県下唯一の「英語理数科」からなり、生徒一人ひとりの進路希望をかなえる学校として人気が高い。「英語理数科」の英語コースでは、英語教員が一体となって、ディベートやライティングなどの指導に取り組み、生徒の表現力を高めている。生徒の英語力向上のために日々奮闘する先生たちの熱い想いを聞いた。

英語で考え、伝える力をつけるために

山田寿子校長

山田寿子校長

 「国際社会を生き抜く人を育てたい」と考える山田寿子校長は、かつて自身も英語教員として教鞭(きょうべん)を執っていた。「そのような人が育たなければ、日本は沈んでしまいます。そのためには、教員が意識を変えなければ。英語の授業は、英語運用力を高めるために、英語で考える力をつける場です。だからこそ、教員が英語で授業を行い、生徒に英語で活動をさせることが必要なのです」と語る。
 英語理数科は、1学年のうち1クラスだ。生徒は入学時点で、英語コースと理数コースのいずれかを選択する。毎年、40人の生徒がおよそ半数ずつに分かれるため、授業は20人程度の少人数制で、個々の進度を把握しながら指導できる。英語コースでは1年次の英語が週8単位で、「総合英語」や「異文化理解」といった専門性の高い科目が用意されている。情報機器を活用して、英語でのプレゼンテーションの資料をまとめる活動にも取り組む。
 山田校長は、「2年生のプレゼンテーションの授業で、ある生徒は世界のヌードルについて調査した結果と考察を英語でまとめ、発表しました。質疑応答の場では、用意した英語をただ話すだけでなく、臨機応変に考え、答えていました。国際社会で必要とされる力が養われています」と喜ぶ。