コミュニケーション活動中心の授業で
自らの言葉で語る力を身につける

横浜市立南高等学校附属中学校

2014.04.30

横浜市立南高等学校附属中学校は、コミュニケーション活動を中心とした先進的な英語の授業が注目を集める横浜市初の公立中高一貫校だ。2012年度の開校から、わずか1年で生徒たちの英語力が飛躍的に伸び、英検受験においても確実に成果を上げている。どのような指導計画に基づいた授業を展開しているのかを探るべく、西村秀之先生の授業を訪ねた。

自分の言葉でストーリーを語り、書く力をつける

西村秀之先生

西村秀之先生

 快活な生徒たちが集まる1年生の教室。始業のチャイムが鳴り、“Shall we start?”のかけ声で、生徒たちは一斉に先生に注目する。西村秀之先生の発話は、英語が中心だ。生徒たちは英語での挨拶やちょっとした質問にも慣れた様子で、時折、日本語を織り交ぜながらも、自然に英語を使って答える。
 授業は、1年生の教科書ユニット11のRetellingから始まった。生徒たちは4人1組になり、ピクチャーカードを使って、順番に自分の「Own story」を述べる。教科書の暗唱ではなく、様々な表現を使いながら自分の言葉で教科書のストーリーを語るのだ。多少の文法的な誤りはあるものの、詰まることなくすらすらと英語が発される。
 続いて、指名された生徒が全員の前で発表した。堂々とした様子で発表を終えた生徒に対し、西村先生は良かった点を中心に講評する。他人の発表を聞くことも、学習活動において重要な活動だ。クラスメートのストーリーを聞くことで、生徒は自分では気づかなかった発見をすることが多いからだ。
 Retellingを終えるとライティングに移った。3分間の時間が与えられ、生徒はノートに、自分の言葉でストーリーをつづっていく。発話のときと同様に、生徒は手を止めることなく書き続ける。西村先生は、授業前半で取り組んだRetellingの総仕上げとして、ライティングを取り入れている。