福岡県編

アジアに向けて、世界に向けて!

福岡教育大学 教授 高梨芳郎

2014.04.30

 福岡県は韓国、中国に近く、古来から大陸との交流も盛んであったためか、進取の気性に富み、開放的で自由闊達な人が多いと言われます。確かに芸能人も多く出ていて、金八先生のように「コミュニカティブ」で情に熱い人が目につきますが、ここでは福岡県での地道な英語教育の取り組みについて静かに紹介しましょう。

小学校

 福岡県での小学校英語活動の実施状況は、平成15年度で既に98.4%(全国では88.3%)に及んでいます。このことから、小学校英語活動に対する県民の期待と先生方の熱意が十分うかがえます。福岡県教育委員会は福岡県教育センターと連携して、早くも平成12年度から13年度にかけて小学校英語活動に関する調査研究を行い、平成14年に「エンジョイイングリッシュ」という明快な手引書を発行しています。さらに、福岡県教育センターでは、平成17年に、この手引書を発展させた形で、自校の英語活動実施状況に合わせて実施可能な基本型、関連型、発展型の各授業プログラムを提案しています。これらのプログラムでは、授業作りの理論・方法や指導事例が、教師の目線からQA方式を使ってわかりやすく書かれていて、小学校英語活動への福岡県の地道な取り組みの姿勢がよく理解できます。
 文部科学省認定の「小学校英語活動地域サポート事業」では、福岡市教育委員会と福岡女学院大学の連携事業、大牟田市教育委員会の取り組みが目立ちます。ともに、スキルを重視した小学校英会話活動の取り組みで手引書の作成と配布・普及を行いますが、前者はゲストティーチャーの支援事業や指導者研修などの指導力育成プログラムが特色で、後者はネイティブによる動画の発声練習やスキットなどを含み、学級担任でも英会話活動の指導が可能なウェブコンテンツ(「小学校英会話活動事例集」)を作成・利用する点が特徴です。
 構造改革特別区域(特区)では、嘉穂郡頴田町において、国際社会で貢献できる児童生徒の育成を目指して、独自の小学校英語科カリキュラムを作成し、小学校1年生から6年生まで年間33時間~35時間の英語活動を平成17年度から実施していますが、今年度で終了するのは残念です。特区以外では、飯塚市立片島小学校が平成12年度と13年度の県教育センターの研究協力校として小学校英語活動を始めました。現在は、毎朝リスニングを行い、健康観察も英語で行うほど熱心に取り組んでおり、9割以上の児童が「英語活動が好き」と答える結果には目を見張ります。
 小学校英語活動自体の評価が気になりますが、北九州市では、「小さな国際人育成事業」において、市内の全小学校にALTを配置して小学校英会話体験学習を行っており、中学校でのALTの活用も含めて、教育成果を検証中です。北九州市教育委員会指導部の「小・中連携英語教育プログラム」(改訂版/全238頁)も、活動事例が豊富で、授業作りに最適です。