京都府編

伝統を重んじつつ進取の気性に富む教育

京都府立大学 名誉教授 瀬川俊一

2014.04.30

1)京都府の地理と歴史

 京都府京丹後市網野海岸から鳥取市鳥取砂丘までの約75キロの「山陰海岸国立公園」を世界の公園にしようという「山陰海岸ジオパーク(GeoPark)構想」が注目されています。そのジオパークの東端に位置する網野を西端に、東端は舞鶴湾に至るまでの地域が京都府北部地域です。京都府は日本海に面して、西側は兵庫県と大阪府に、東側は福井県と滋賀県に、南部は奈良県に隣接しています。北北西から南南東に伸びる長い地形で、近畿圏のほぼ中央に位置しています。舞鶴湾北方の若狭湾内にはオオミズナギドリの繁殖地「冠島」(天然記念物)もあり、「若狭湾国定公園」の一部となっています。
 中央よりやや南部に、文化首都「京都市」、南部は旧山城文化圏が位置しています。
古くは、出雲国のように、丹後国は大陸文化交流の窓口でした。千年の都・世界文化遺産を有する京都市や旧大和文化圏であった南部地方も京都府内にあります。京都府民が進取の気性に富む、とともに、頑ななまでに伝統を重んじるのも、史的・地政学的に納得できます。