長野県編

長野市の小学校外国語活動支援事業

信州大学 准教授 酒井英樹

2014.04.30

1)はじめに

 本稿では、長野市による小学校外国語活動の支援事業を紹介します。平成20年に小学校の新学習指導要領が公示され、小学校5・6年生に外国語活動が導入されることが示されました。平成14年度に実施された現行の学習指導要領において、総合的な学習の時間の中で国際理解に関する学習の一環として外国語会話などを行うことができるようになったとき、外国語会話(英語活動)というよりもむしろ国際理解教育・国際交流活動に重点が置かれる教育活動が多く行われていました。長野オリンピックのときに長野市周辺の学校で「一校一国運動」という国際交流活動が盛んになった経緯があったからです。外国語活動の導入を迎えるにあたって、交流活動から英語活動(外国語活動)へのシフトをスムーズにするために、長野市では英語活動研究委員会が立ち上がったり、長野市国際化教育指定校研究の中で英語活動の実践研究を進めたり、長野市教育センターにおいて小学校英語関連の講座を開いたりしています。
 ほかの自治体と同様に、長野市も合併を通して大きくなりました。長野市は、平成22年1月に上水内郡信州新町及び中条村と合併し、38万7,815人の人口を有するようになりました(平成22年4月1日現在)。広さは834.85km2で、平成の合併を通して面積は2倍以上拡大しました。この拡大に従い、小学校数は56校に増加しました。全国的に見ると決して大きい都市ではありませんが、東西36.5km、南北41.7kmに広がる市であるという特徴があります。この地理的条件を考慮しながら小学校外国語活動の研修を実施することが課題となっていたのです。