佐賀県編

小中高大連携による
英語力の向上

佐賀大学 教授 早瀬博範

2014.04.30

1)小中高大の英語教育連携を図る研究会

 県全体の英語力を上げるには、どうすればいいか。中高大の連携強化にある――これが、佐賀県が出した答えである。中学校のときだけ、あるいは高校のときだけしっかり教育し、がんばらせればいいという考えを捨て、英語指導をもっと長期的に見つめ、6年計画で考えるという立場での取り組みを考えた。これに大学を加え、昭和58年に、「佐賀県中学・高校・大学英語教育連絡協議会」を立ち上げた。大学はリード役を演じることもあるが、この会ではむしろ、高校までに身につけた英語が大学でいかに生かされ、発展させられているかという位置づけで参加している。
 発足当時、佐賀県の英語力は、センター試験の結果から見て、全国的に下から数えたほうが早いほうであった。その際、進学校の英語力向上と同時に、全体の底上げが必要と考え、その一つの対処法として中高大の連携を掲げ、改善に取り組むことにした。現在では、佐賀県の順位はかなり上位に上がってきているが、この連携強化がその一因を担っていることは否定できないと思っている。英語力の向上のために、中学高校のそれぞれの熱心な取り組みが重要であることは言うまでもないが、中高大の連携も考慮されるべき分野である。
 連絡協議会が発足してから約25年が経つが、英語力育成を中高と連続して見なし、その連携強化が必要であるという考えは実際には非常にまれで、発足当時は、そのような組織があったのは佐賀県だけであった。現在でも、中高の教員交流や短期間のプロジェクトはだいぶ見受けられるが、本県のように、協議会が恒常的に設置され活動を行っているのはとても珍しいようである。さらに、小学校に英語活動が導入されることを受け、平成18年度からは小学校の先生も加え、現在では、「小中高大の英語教育連携を図る研究会」と名前を変えて活動を続けている。