大阪から世界へ羽ばたく!
グローバル時代を見据えた
「使える英語プロジェクト」

大阪府教育委員会

2014.04.30

グローバル時代を見据えて、大阪府教育委員会では、今年度から3年計画で「使える英語プロジェクト」事業を小・中学校および高等学校でそれぞれ開始した。児童・生徒の英語コミュニケーション能力の育成と国際社会に通用する人材の育成をはじめ、教員の指導力向上にも取り組んでいる。このプロジェクトを通じて、新学習指導要領でも求められている「コミュニケーション能力」をいかに習得していくのか。府教委を訪ね、事業の具体策を伺った。

自分の考えや意見を英語で伝えられる生徒を育成
~小中学校課 教務グループ

実践研究校での3年間の研究成果を府内のすべての学校へ普及させる

松元利男首席指導主事

松元利男首席指導主事

 国際共通語である「英語」の重要性が高まっている。だが、日本の子どもたちは基本的な語彙や文章構造は理解しながらも、日常生活において英語を使う場面が少ないのが実情だ。そこで、大阪府教委は今年度より、子どもたちが英語を「実際に使う」機会を与え、小・中・高等学校で一貫した英語教育に取り組む「使える英語プロジェクト事業」を実施することになった。
 「グローバル化の進む世の中においては、子どもたちが自分のやりたいことを見つけ、力強く生き抜いていく力として『英語力』は不可欠です」と話すのは、松元利男首席指導主事だ。プロジェクトの目的について「何事も突き詰めていけば、活躍の舞台は日本から世界へと広がります。スポーツ選手しかり、料理の世界しかり。世界と渡り合うには、英語という世界の共通語であるコミュニケーションツールが必要となるのです。そのためにも、小学校のうちから、英語を使って人とつながることができる楽しさを肌で感じ、その気持ちを高校へ進学してからも意欲的に持ち続けられるよう、中学校でも引き続き、体験させていきたい」と述べた。
 小中学校課教務グループではこのプロジェクトを通じて「義務教育終了段階で、英語を使って自分の考えや意見を英語で正確に伝えることができる生徒を育成する」ことを目指す。そこで、「指導方法の工夫や家庭学習教材の工夫」「英語教室の環境整備」「英語教育支援員の活用」という3つの柱を掲げ、実践研究校(50中学校区151校)において3年間にわたる実践研究を行う。小学校では「外国語活動で扱う英語の表現を活用させる指導法」に関する研究を、中学校では「教科書の内容の確実な習得と定着を図るための効果的な指導法や学習教材の工夫」「学んだ英語を活用したコミュニケーション能力を育成する指導内容や指導法」に関する研究を行う。そして、実践研究校の成果は「英語を使うなにわっ子」育成プログラムとしてまとめ、府内の小中学校へ普及させていく。