石川県編

かほく市:学習意欲の向上をめざして
~英検受験を通して~

かほく市教育委員会 学校教育課 担当課長(執筆時) 井上勝文

2014.04.30

中学生全員が英検受験

 かほく市では、平成21年度から、市内の中学校3校の全学年全生徒を対象に、英検受験を必修化(教育課程外)しています。年間1回あたりの受験費用を市費で負担し、生徒一人一人が希望するレベルに積極的にチャレンジする機会を与え、自己の能力を伸ばそうとする学習意欲の向上を目的としたものです。当然ながら、自費で年間に複数回受験する生徒も数多く見られます。
 これまでは、各中学校の20~30%の生徒が英検を受験する一方、英検に興味のない生徒は、そのまま卒業を迎えてしまうというのが現状でした。
 そのような状況のなかで、英検受験をはじめとして、何らかのきっかけを生徒たちに与えることで英語への興味関心を引き出し、よりレベルの高い能力を発揮する生徒を一人でも多く育てることができるのではないかと考えたことが、英検全員受験を企画した発端でした。