静岡編

「言語教育特区」沼津市における言語教育推進事業

常葉学園短期大学 講師 新妻 明子

2014.04.30

 平成21年末の統計によると、静岡県は外国人登録者数が全国第8位であり、増加する外国人居住者とのより良い共生を目指して多文化共生推進事業にも積極的に取り組んでいます。富士山静岡空港の開港に伴い、今後さらに国際交流の活発化が望まれる地域と言えるでしょう。その中でも、古くから東部地区の政治、経済、文化の中心的役割を担ってきた沼津市は、首都圏100キロ圏に位置し、「人が輝き、街が躍動する交流拠点都市」を目指しています。同市は平成18年度に言語教育特区となり、全国で初めて「言語科」を設置し、言語教育の推進に取り組んでいます。言語科では、「読解の時間」と「英語の時間」が小学校1年生から中学校3年生までの6年間を通して実施されており、本稿では、その取り組みについて紹介します。

1)「言語科」新設の経緯

 昨今、子どもたちのコミュニケーション能力の低下が叫ばれています。平成15年のPISA調査によると、国際的に見ても、日本の子どもは言葉を介して相手の意図を汲(く)み取ったり、言葉を駆使して思考したり、考えや思いを積極的に表現したりする力が低下していることが指摘されています。沼津市でも、調査によって同様の実態が表面化するばかりか、全国と比較してコミュニケーション能力が低いという結果が判明しました。また、コミュニケーションが成立しないことが原因となって起こる校内暴力も小中学校で増加しており、多くの学校の教育課題となっていることも事実です。そこで、同市は、「明日の社会を担う『夢ある人』づくり」という学校教育のグランドデザインの目標の一つである、「『ことば』を大切にした生涯学習で、知・徳・体を自ら磨く」ことを具現化するために、「言語科」を設置し、小中一貫した言語教育を実施することで児童生徒の言語能力の向上を図ろうと踏み切ったのです。