香川県編

瀬戸内国際芸術祭以上に、
英語教育の“art”あふれる香川県

メリーGOランド高松園 職員 遠山 明子/直島町立直島中学校 教頭 藤田 隆子/高松第一高等学校 教諭 泉川 美樹

2014.04.30

【プリスクール】メリーGO ランド高松園職員 遠山明子

 日本一面積が狭い県、香川。香川県には、現在、1歳半から小学校入学前の幼児を対象にしたプリスクールが6校ある。四国の他3県と比較したとき、各県1~2校であることを考えると、香川県の幼児英語教育に対する関心は、高いと言えるのではないだろうか。ここでは、そのうちの1校、「メリーGOランド高松園」の取り組みをレポートしたい。
 園ではイマージョン教育が行われており、子どもたちは1日中、文字通りどっぷりと英語に浸かって生活している。その結果、最年少クラス(1、2歳児対象)ではまだ日本語も話せなかった子どもたちが、年少クラス進級前には、簡単な英語の質問にyes/noで答えられるようになる。年少クラスになると、子ども同士でも英語で話すようになる。そして、年中・年長クラスではさらに流ちょうになり、お気に入りのスタッフに、“Hi, we should get together sometime!”などと声をかける、かわいらしい光景も見られる。
 子どもたちは、生活の中で会話を楽しむ一方、読むことも楽しんでいる。入園時から、英語の絵本などの読み物に親しみ、卒園する頃には中学2、3年生の教科書レベルの本を自分の力で読める子もいるほどだ。その読解力を生かし、2009年度より毎年、年長クラスで英検3級の合格者が出ている。
 また、卒園後も、放課後や土曜日に英語レッスンへ通いながら、友人や先生との英語コミュニケーションを継続して楽しんでいる。このクラスでは、2010年、2011年度に続けて小学1年生が英検準2級に合格した。
 園ではさらに、県内外のプリスクールとの交流も行っている。小学校で英語が必修化した今、英語の楽しさを知る彼らが、それぞれの進学先で、香川の英語教育を牽引していく力になってくれればと願っている。