山形県編

笑顔に支えられた
中高連携の研究組織と
県のサポートのチカラ

山形県英語教育研究会事務局長(平成22・23年度)山形県立鶴岡北高等学校 教諭 松木 正和

2014.04.30

山形県は、微笑みながら話す人の横顔の形をしている。常に明るく、プラスの姿勢で心温か、元気いっぱいである。内陸部と海浜部を分けるように県を縦断している出羽三山(月山・湯殿山・羽黒山)をものともせず、母なる最上川に抱かれながら県全体が団結しておだやかな笑顔を浮かべているように見える。

60年の歴史を誇る研究団体(県英研)

東北六県研究大会の研究授業風景

東北六県研究大会の研究授業風景

 山形県には、山形県英語教育の向上を目的とした任意の研究団体山形県英語教育研究会がある。戦後間もない1946(昭和21)年に結成された山形県英語教員協会を前身として、その翌年に創設され、1948(昭和23)年に活動を開始した。県内の中学校と高等学校の英語教員ほぼ全員が所属し連携している、全国的にも数少ない研究会組織だ。現在は、大学教員など個人会員を含め約700人が所属している。
 運営は、県内を地域ごと8支部(東南村山・西村山・北村山・最上・西置賜・東南置賜・田川・飽海)に分け、各支部がローテーションで本部事業を担当する。また、各支部単独の事業も行いながら研修を進めている。
 1965(昭和40)年に現在の山形県中学校教育研究会英語部会と山形県高等学校教育研究会英語部会が発足してから、研究大会こそ別々の開催になったが、この2つの研究会に支えられながら、中・高が一体となった組織として結束し活発に活動している点が、山形県の英語教育の特徴である。