2017年度第1回 英検CBT(準2級)リニューアルのお知らせ

実用英語技能検定は、全級の4技能化に向けた当協会の取り組みの一環として、2017年度第1回より準2級・3級にライティングを導入します。それに伴い、英検CBTもリニューアルすることとなりましたので、変更点を以下にご案内をさせていただきます。

【主な変更点】

①準2級にライティングを導入

準2級にライティングテストを導入し、短文中の語句整序問題の出題は廃止します。
ライティングテストは以下の観点で採点されます。

  • 内容 :課題で求められている内容が含まれているか
  • 構成 :英文の構成や流れが分かりやすく論理的であるか
  • 語彙 :課題に相応しい語彙を正しく使えているか
  • 文法 :文構造のバリエーションやそれらを正しく使えているか
  • なお、解答がQuestionに対応していないと判断された場合は、すべての観点で0点と採点されることがあります。

② 試験時間の変更 (対象:準2級)

準2級の筆記試験の解答時間を、現状の65分から10分延長し、75分といたします。
実用英語技能検定リニューアルのさらに詳しい情報につきましては、以下のプレスリリースでご確認いただけます。

閉じる