テーマ部門別 EIKEN BULLETIN 英検 研究助成 報告書

表示を絞り込む

選択条件をクリアする

キーワード検索

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

「外国語活動」と「小学校英語」をつなぐ,評価のあり方について
―到達度テストによる授業改善と指導と評価の一体化をめざして―

北海道/中富良野町立中富良野小学校 教諭 久保 稔

▼研究概要
本研究は,外国語活動の良さを生かしつつ,評価規準と単元テストを活用した実践を通して,「慣れ親しむ活動から身に付く活動」へと円滑に移行させる方策についての研究である。  平成23年度より,小学校の第5・6学年で外国語活動が必修化され3 年が経過した。コミュニケーション能力の素地の育成をめざし,全国各地でさまざまな実践が行われている。その外国語活動が,現在教科化に向けて議論が行われるなど,転換期を迎えている。これまで同様,コミュニケーション能力の素地を養うという基本路線は変わらないが,以下の点が変更になる。  ⑴ 授業時数の増加(週1時間から週3時間へ)  ⑵ 検定教科書の導入  ⑶ 話すこと・聞くこと中心の指導から,読むこと・書くことを含めた4技能の育成  外国語活動が教科になるときに,懸念されることの1 つに評価が挙げられる。これまでは,教師による行動観察や自己評価シートなどを活用した「主観的な評価」が行われてきた。しかし,教科になる以上,これまでの評価に加えてテストなどを活用した「客観的な評価」も必要になると考える。そこで,聞くことや話すことについての技能を見取るために,この2つの能力にかかわる確認テスト(到達度テスト)を用いた評価方法について提案していきたい。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
小学校英語活動
研究関連テーマ
学習指導要領(小学校)
テスト・分析方法
到達度テスト
必要技能
リーディング
リスニング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

データマイニングの手法を用いた英語ライティングへのアプローチ
―日本人英語学習者のエッセイ評価に影響を与える文法的誤りパターンの検討―

東京都/早稲田大学大学院 在籍 石井 雄隆

▼研究概要
本研究の目的は,データマイニングの手法を用いた日本人英語学習者のエッセイ評価と文法的誤りパターンの関係性についての検討である。日本人英語学習者のエッセイ評価において,文法的誤りがどの程度関係しているかというのは,まだ十分に明らかにされていない。本研究では,その関係性について検討するため,2つの調査を行った。1つは,文法的誤りを20個のカテゴリーに分類し,エッセイ評価別の共起関係についてデータマイニング手法の1つであるアソシエーション分析を用いて,日本人英語教師がライティングを評価する際に寄与する文法的誤りについて検討した。もう1つは,文法的誤りの頻度情報からエッセイ評価の予測をするため,画像処理などによく用いられる手法である最近傍法を用いてエッセイ自動評価の可能性について検討した。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
ライティング評価
研究関連テーマ
評価(指導者による)
テスト・分析方法
アソシエーション分析
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

テスト項目と英文読解ストラテジーの関係
―正誤答時の視線データを基に―

愛知県/名古屋大学大学院 在籍 吉川 りさ

▼研究概要
本研究は,読解力テスト解答中における認知プロセスを明確にするため,日本語を母語とする英語学習者が読解テストに解答する際の眼球運動を計測し,⑴ テスト項目の認知的妥当性の検証と,⑵ 解答者の内的要因と認知プロセスの関連を調べた。具体的に,大学(院)生が英検の読解問題を解答する際の眼球運動の計測と,アンケート・インタビュー調査を実施した。主な結果は以下のとおりである;⑴ 項目正答者は,誤答者に比べて,解答時のテキスト注視時間が短く注視回数が少ないことから,解答該当箇所をより迅速にかつ的確に認識している;⑵ テスト項目正答に至るまでの認知プロセスには読み手のメタ認知ストラテジーが関与している;⑶ 解答時の認知プロセスを解明する上で,研究方法論間のトライアンギュレーションは有効に機能する。⑴を通して,英検問題項目への認知的妥当性が示された。これらの結果は,新たな視点からテスト評価と英語力評価の実現可能性を示唆している。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
視線データ
研究関連テーマ
リーディング能力
テスト・分析方法
インタビュー
英検問題(リーディング)
空所補充テスト
読解テスト
5件法アンケート
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

バックグラウンドノイズがリスニング理解度に与える影響の検証

茨城県/筑波大学大学院 在籍 藤田 亮子

▼研究概要
本研究は,リスニング音声に付加されたバックグラウンドノイズが日本人英語学習者のリスニング理解にどのように影響を与えるかを,ノイズのレベル,学習者の熟達度,リスニング問題の難易度に焦点を当て検証した。協力者102名は,3種類の難易度で異なる度合いのノイズが付加されたリスニング問題に回答した。その結果,ノイズのついた音声は,ノイズの度合いが小さい場合,学習者の熟達度を測定することに適していることが明らかになった。第二に,ノイズの影響は熟達度や問題の難易度により異なるものの,ノイズのレベルが大きいほど,学習者のリスニング理解度が低くなった。第三に,熟達度の影響としては,熟達度が高い学習者であっても,ノイズのレベルにかかわらず,ノイズが付加されていない音声と比較して,ノイズが付加された音声では理解度が低下した。最後に,リスニング問題の難易度によってもノイズがリスニング理解度に与える影響は異なっていた。学習者にとって低い難易度でもノイズがあることでリスニング理解度が低下した。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
リスニングテスト
研究関連テーマ
テスト・分析方法
TOEIC
英検問題(リスニング)
三元配置分散分析
重回帰分析
リスニングテスト
4件法アンケート
必要技能
リスニング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

質問応答モデル QUEST に基づく錯乱肢の作成
―解答収束メカニズムを利用して―

茨城県/筑波大学大学院 在籍 細田 雅也

▼研究概要
人が質問に答えるとき,候補となる解答から最適なものを決める「解答収束メカニズム」が働く。QUEST はこの解答収束メカニズムによって,質問に対する最適解を生成する質問応答モデルである。本研究は QUEST による解答収束メカニズムを,英文読解テストにおける錯乱肢の作成に利用することを目的とした。調査1では,錯乱肢作成の基盤を築く目的で,QUEST の3つの解答収束メカニズム(i.e., リンク検索,構造距離,因果強度)がどのような順番で働くのかを検証した。調査2では,調査1から示された収束メカニズムの段階性(解答収束ステージ)を利用して,収束メカニズム上最適解に近い,および遠い錯乱肢を作成し,テキスト理解度が異なる受験者の弁別にどの程度有効かを調べた。その結果,最適解に近い錯乱肢は,テキスト理解度の低い受験者をより多く引きつけることがわかった。これらの調査を通し,もっともらしい錯乱肢の性質に対する示唆と,質問応答モデルの言語テストへの利用可能性が示された。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
多肢選択式問題
研究関連テーマ
テスト・分析方法
一元配置分散分析
重回帰分析
多肢選択式テスト
筆記再生テスト
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

読みの流暢さを測定する Moving-Window 版テスト
―コンピュータ利用の新たな視点―

茨城県/筑波大学大学院 在籍 田中 菜採

▼研究概要
本研究では、コンピュータベースのチャンク提示読解タスクを応用したテストを試案し、日本人英語学習者の読みの流暢さの能力の検証を試みた。このテストでは各チャンクに対し個別に読解制限時間が定められ、自動的に進む。読み手は読解後にテキストの理解度を測定するための筆記再生課題を行い、その指標によって流暢さの能力を測定するというものであった。まず調査1ではチャンク提示速度の参考とするため大学生を対象にチャンクごとの読解時間を測定した。その結果、1分間におよそ100語、130語、170語の提示速度を決定した。また、調査2ではこの読みの流暢さを測定するテストを別の協力者に実施したところ、熟達度上下群で理解度の違いが見られた。熟達度の低い学習者は英文の内容よりも処理速度に困難を抱えていたため、このテストが流暢さの能力を測定していると考えられる。この他に、チャンク提示読解で制限時間を設定する場合の示唆が得られた。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
流暢さ
研究関連テーマ
多読
読解熟達度
読解速度
流暢さ
テスト・分析方法
一元配置分散分析
質問紙法(アンケート)
読解テスト
二元配置分散分析
筆記再生テスト
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

スピーキング能力と語順知識の関連性における調査

茨城県/筑波大学大学院 在籍 佐瀬 文香

▼研究概要
本調査は、スピーキングと語順についての関連性を調査することを目的とする。現行の中学校学習指導要領において、語順指導の重要性が明記されている。また、語句整序問題は、英検や大学入試センター試験などさまざまな試験に採用されているが、語句整序問題が何を測定するものなのか明らかにされていないのが現状である。本研究では、予備調査と本調査の2種類の調査を実施した。 予備調査では、本実験において焦点を当てる文法項目を選定した。その結果から本調査でのマテリアルを作成し、協力者83名に再話課題と語句整序問題、そしてSentence Buildsの3課題を課した。語句整序問題の結果から、協力者は上中下の3群に分けられ、それぞれの得点の結果を比較した。その結果、語句整序問題における得点が高ければ高いほど、再話課題において高得点を獲得したことがわかった。これらの結果から、文脈提示の重要さが支持され、さらに質的な調査の結果から、協力者の発話において簡易化という特徴的な産出が見られた。これより、語順指導は語順単体で指導するよりも、文脈を伴った語順指導の重要性が示唆された。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
スピーキング能力
文法力
研究関連テーマ
スピーキング能力
パラフレーズ
文法力
文法指導
テスト・分析方法
語句整序テスト
質問紙法(アンケート)
重回帰分析
スピーキングテスト
多変量分散分析
ピアソンの積率相関係数
リスニングテスト
必要技能
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

英語リスニング不安とリスニングの下位技能の関係
―リスニング不安の概念の細分化によるリスニング指導への具体的提案―

広島県/広島大学大学院 在籍 山内 優佳

▼研究概要
本研究の目的は、学習者がリスニング時に抱く不安とリスニング力の下位技能の関係を詳細に明らかにすることである。リスニング不安は6種類の要因(実生活におけるリスニング、学習場面におけるリスニング、学習者の不十分な知識、テキストの難易度、ボトムアップ処理、メタ認知的活動)、リスニング力は4つの下位技能(単語、音変化、推測、ワーキングメモリ)の観点から、それぞれの概念がどのように関連しているのかを調査した。調査の結果、「学習場面におけるリスニング」に対する不安はすべての下位技能と負の相関があり、本研究で対象としたリスニング力と最も関連が強いことが示された。不安軽減のための示唆としては、音変化を聞き取る力をつけること、そして適切なレベルの教材を使用することが挙げられた。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
リスニング能力
研究関連テーマ
ボトムアップ処理
メタ認知
リスニング指導
リスニング能力
テスト・分析方法
ディクテーション
リスニングテスト
5件法アンケート
必要技能
リスニング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

統合タスクにおける類似がスピーキングパフォーマンスに与える影響
―文章と質問内容の類似レベルに着目して―

茨城県/茨城県立日立第二高等学校 教諭 矢野 賢

▼研究概要
本研究では、英検二次面接試験問題を用い、統合タスクにおいて読んだことと話すことの関係がパフォーマンスにどのような影響を与えるのかについて、類似の枠組みを用いて比較検証を行った。 まず統合タスクに関する研究および類似に関する研究などについて概観し、これらの知見に基づき、調査を2つ行った。 調査1では、インプットおよびアウトプットに用いるトピックの親密度および類似度の違いについて質問紙を用いて調査し分析を行った。 調査2ではインプットに含まれる情報がどの程度アウトプットに使用されパフォーマンスに影響を与えているのかについて、実際のインタビューにおける発話をもとに調査および分析を行った。 この結果、読んだ内容と質問内容とが高次レベルで類似している組み合わせではパフォーマンスを促進した例があった一方、表面的にのみ類似していた場合には不適切な転移を行い誤った説明につながった例が見られた。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
スピーキング能力
研究関連テーマ
学習指導要領(高等学校)
コミュニケーション
語彙力
スピーキング能力
タスク
テスト・分析方法
一元配置分散分析
ウィルコクソンの符号付順位和検定
英検問題(スピーキング)
スピアマンの相関係数
スピーキングテスト
ボンフェローニ法
5件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
スピーキング
英検 対象級
英検2級
英検準2級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

Coh-Metrix によるテキスト理解に必要な語彙熟達度の数値化
―語彙知識の広さ・深さ・アクセス速度を中心に―

茨城県/筑波大学大学院 在籍 濱田 彰

▼研究概要
本研究は、テキストに含まれる単語の特性を数値化するCoh-Metrixを用いて、英検テキストの読解に必要な語彙熟達度を予測した。 2つの調査を行い、語彙知識の広さ、深さ、およびアクセス速度を要求する語彙特性(e.g.,頻度・多義性・親密度)とテキスト理解度とのかかわりを検証した。 調査1では、英検1級から3級までのテキストを対象とし、各語彙特性が受験級によってどのように異なるのかを分析した。その結果、上位の受験級になるほど(a)低頻度語、(b)下位概念に位置する名詞と動詞、(c)意味を想起しにくい単語の割合が増加することがわかった。 学習者のテキスト理解度とテキストに含まれる単語の特性とのかかわりを検証した調査2では、単語の頻度・多様性・心像性が英検テキストの理解度に影響を与えることが示された。 さらに、これらの指標を組み合わせた回帰モデルを利用することで、一定のテキスト理解度に到達するのに求められる語彙熟達度を予測できることが明らかとなった。
▼キーワード
研究対象
大学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
Coh-Metrix
語彙力
研究関連テーマ
コロケーション
語彙知識
語彙力
リーディング能力
テスト・分析方法
一元配置分散分析
語彙テスト
重回帰分析
テューキー法
読解テスト
筆記再生テスト
ボンフェローニ法
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検1級
英検準1級
英検2級
英検準2級
英検3級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

マクロルールに基づくメインアイディア理解能力の検証

茨城県/筑波大学大学院 在籍 木村 雪乃

▼研究概要
要約課題の評価に用いられるマクロルール(削除、一般化、構成)の観点から、日本人英語学習者のメインアイディア理解能力を検証した。 調査1でリーディングテストに含まれる設問を分類した結果、英検ではテキスト中の詳細情報を削除する項目が多く見られた。一方で、TOEFLでは下位命題を上位命題に置き換える一般化が、センター試験では書かれていないメインアイディアを推論する構成の設問が含まれていた。 調査2Aでは調査1で分類した項目を大学生に解答させた結果、3つのマクロルール間で正答率に差は見られなかったが、メインアイディア理解問題よりも詳細情報問題の正答率が有意に高かった。 最後に調査2Bで英検のテキストを用いて要約課題を行った結果、一般化や構成よりも削除の使用が多くなっていたが、テキストの性質によっては一般化や構成が使用されやすいものもあった。得られた結果について、多肢選択式テストと要約課題の差異という観点から考察を行った。
▼キーワード
研究対象
大学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
マクロルール
メインアイディア
研究関連テーマ
Can-do リスト
EFL(English as a Foreign Language)
語彙知識
リーディング能力
テスト・分析方法
TOEFL
t検定
英検問題(リーディング)
センター試験
多肢選択式テスト
読解テスト
二元配置分散分析
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検1級
英検準1級
英検2級
英検準2級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

英検取得級は高校3年間の学業成績と学業試験にどのように影響を与えるのか

兵庫県/神戸学院大学附属高等学校 教諭 船越 貴美

▼研究概要
高校3年間の学業成績は定期考査の素点だけでなく、課題や宿題の提出や授業参加度などを考慮して決められている。客観的なテストの点数だけでなく、担当教員の主観的な見解が学業成績には含まれているのである。一方で、英語検定試験や模擬試験、GTECのような資格試験や全国規模の学力試験は、受験者の知識や能力を客観的な数値として相対的に評価している。本研究では、高校3年間の学業成績と学力試験の成績を時系列的に比較し、英検取得級が両方の成績にどの程度影響を与えているかを分析し検証した。英検取得級が成績を向上させている1つの要因と仮定して、3年間で英検の取得級が高くなるほど学業成績と学力試験の両方の成績が向上するという仮説を立てた。調査には私立高等学校生188名の成績データを使用し、高校卒業までに取得した英検最終取得級と各学年末の評点および模擬試験の結果を共分散構造分析の手法を用いて、縦断的モデル、成長曲線モデル、潜在構造分析の3つの手法で分析した。結果は、英検取得級が学業成績や学力試験の成績にそれほど大きな影響を与えているという知見は認められなかったが、学業成績と模擬試験の両方の成績を3年間で向上している生徒は、高校2年生の後半から3年生の前半で英検取得級を高くした生徒であり、大学入試に対する学習の動機づけが非常に高い生徒であるということがわかった。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
英検取得級
学業成績
研究関連テーマ
学習指導要領(高等学校)
テスト・分析方法
GTEC
英検
共分散構造分析
必要技能
-
英検 対象級
英検2級
英検準2級
英検3級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

OCの授業におけるメタ認知指導が日本人大学生に与える影響
―自律した学習者の育成に向けて―

大阪府/関西大学大学院 在籍 香林 綾子

▼研究概要
本研究では日本人大学生を対象としたオーラル・コミュニケーションの授業において、メタ認知指導を実施し、その指導の影響を自己調整学習理論の観点から考察した。指導後では実際のオーラル・コミュニケーションの会話にどのような影響が現れるのかを見るために、インタビュー、および、会話分析を行った。さらに、指導に対する学生の意見を分析することで考察を深めた。結果、インタビューからは、指導後、学生はコミュニケーションのためのメタ認知方略とコミュニケーション方略をより使用するようになったことが明らかになった。また、会話分析からは、指導後、学生の英語使用者としてのオートノミー(自律性)が高まったことが観察された。さらに.学生の意見より、メタ認知の働きが自己効力感(学生の目標や課題を達成できるという感じ)の高まりに影響し、メタ認知方略やコミュニケーション方略を実践することが、それらの意義を知ることにつながるという知見が得られた。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
コミュニケーション方略
メタ認知
研究関連テーマ
オーラル・コミュニケーション
コミュニケーション能力
自律性
メタ認知
テスト・分析方法
インタビュー
プリテスト/ポストテスト
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

Latent Semantic Analysis(LSA)による空所補充型読解テストの解明
―文レベルの意味的関連度を観点として―

茨城県/筑波大学大学院 在籍 名畑目 真吾

▼研究概要
本研究は概念間の意味的関連度を産出するLSAを用いて、空所補充型の英文読解問題の特性を解明しようとしたものである。2つの調査を行い、空所が含まれる文の意味的関連度と項目の難しさとのかかわりを検証した。 調査1では、英検の複数の受験級で用いられている問題を対象とした分析を行った。その結果、上位の級では下位の級と比べて、空所を含む文とその前後の文、および異なるパラグラフに含まれる文との意味的関連度が有意に低いことが示された。 調査2では、空所補充問題を学習者に解答させ、そのデータから算出される項目の難しさと空所が含まれる文の意味的関連度のかかわりを検証した。その結果、熟達度の低い学習者では、空所が含まれる文と正答となる語の意味的関連度が高い場合にその項目の正答を導きやすくなる可能性が指摘された。 本研究における2つの調査から、空所補充読解問題の難易度には、空所が含まれる文の意味的な関連度がさまざまな形でかかわることが示唆された。
▼キーワード
研究対象
高校生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
LSA(Latent Semantic Analysis)
研究関連テーマ
熟達度
リーディング能力
テスト・分析方法
空所補充テスト
二元配置分散分析
偏相関分析
ボンフェローニ法
ラッシュ・モデル
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検1級
英検準1級
英検2級
英検準2級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

語彙運用能力の測定における読解イメージの利用可能性

茨城県/筑波大学大学院 在籍 長谷川 祐介

▼研究概要
学習課題後に行われる文脈内語彙テストの成績が、文脈の質や学習者の能力とどうかかわるかを検証した。特に、文脈の質として「文脈内で記述された状況のイメージしやすさ」という要因に注目した。 実験の結果、イメージしやすい文脈を用いた条件ではすべての学習者群が高い得点を挙げたのに対し、イメージしづらい文脈を用いた場合は、語彙熟達度の低い群の得点だけが低下した。 つまり、語彙力の低い学習者にとって読解時のイメージを語彙知識の習得に活用することは難しく、イメージしづらい文脈が弊害効果をもたらしていた。 さらに、語彙力の他に読解力や学習方法を観点とした検証も行ったが、語彙力以外の要因はイメージしづらい文脈による弊害効果を予測できなかった。このことから、文脈から得られたイメージを語彙習得に生かすという能力は、語彙力と最も深く関係すると想定できる。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
語彙力
研究関連テーマ
語彙力
リーディング能力
テスト・分析方法
語彙テスト
分散分析
ボンフェローニ法
5件法アンケート
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検準1級
英検2級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

多肢選択式問題は公平か
―記憶保持の強さから―

茨城県/筑波大学大学院 日本学術振興会特別研究員DC・在籍 高木 修一

▼研究概要
多肢選択式問題における錯乱肢の重要な役割として、正答する能力のない受験者が当て推量により正答選択肢を選ぶのを防ぐことがある。そこで、本研究は、より効果的に機能する錯乱肢について、錯乱肢情報の記憶保持の観点から現状の調在および実証研究を行った。まず、現在運用されている読解テストの中から英検、センター試験およびTOEICを対象とし各テストにおける錯乱肢に記憶への保持のされやすさの観点がどの程度反映されているのかを調査した。その結果、いずれのテストにおいても記憶保持の観点はほとんど反映されていないことが明らかとなった。その上で、記憶に保持されやすい錯乱肢と保持されにくい錯乱肢を含んだ読解問題を作成し、日本人大学生に解答させた。その結果、記憶に保持されにくい錯乱肢は効果的に機能していなかったが、記憶に保持されやすい錯乱肢は特に得点が低い受験者に対して従来の錯乱肢よりも効果的に働くことが明らかとなった。
▼キーワード
研究対象
大学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
多肢選択式問題
研究関連テーマ
語彙力
テスト・分析方法
TOEIC
一元配置分散分析
英検問題(リーディング)
センター試験
多肢選択式テスト
テューキー法
二元配置分散分析
ボンフェローニ法
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検2級
英検準2級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

どうして「つながりのある文章」が書けるのか
―文法処理速度に焦点を当てて―

東京都/東京学芸大学大学院 在籍 鈴木 祐一

▼研究概要
高校英語教育のライティング指導では「正確さ」にのみ重点が置かれ、「流暢さ」という側面の重要性の認識が欠けている。そこで、「単文」レベルで言語処理の流暢さがつながりのある文章を書くために重要であることを証明するべく本研究を実施した。大学生を対象に、単語並び替えテストで単文の文法処理速度を測定し、漫画のストーリーを書くライティングタスクを行わせた。ライティングタスクでの結束詞の使用を分析し文法処理速度と比べた結果、文法処理速度が速い学習者は文と文の関係に注意を向けて結束詞を多く使い、語数も多い文章を書くことができることが明らかになった。また、長い英作文を書いた経験の頻度によって、結束詞の使用の追いを調べた結果、ライティング経験が特に重要な役割を果たす部分がわかった。同時に、長い英作文を書いた経験より、文法処理速度が多くの語数を書けるようになるために必要だということが明らかになった。
▼キーワード
研究対象
高校生
大学生
研究メインテーマ
ライティング能力
研究関連テーマ
文法力
ライティング能力
流暢さ
テスト・分析方法
クラスカル・ウォリスの順位和検定
スピアマンの相関係数
ピアソンの積率相関係数
文法テスト
マン・ホイットニーのU検定
ライティング・タスク
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

テキストマイニングによる学習者作文における談話能力の測定と評価

大阪府/大阪大学大学院 在籍 小林雄一郎

▼研究概要
本研究では,日本人中学生,高校生,大学生の英作文を集めた「学習者コーパス」を解析し,(1) 中学生,高校生,大学生と学年が上がるにつれて,談話標識の頻度や使用傾向はどのように変化するのか,(2) 学習者(中学生,高校生,大学生)と母語話者の間には,談話標識の頻度や使用傾向にどのような違いがあるのか,という2 点に光を当てて,量的分析と質的分析を行った。また,談話標識に関して,先行研究ではさまざまな定義や構成要素が提案されているが,本研究では Hyland(2005)の metadiscourse markers の定義とリストに準拠した。  その結果,接続表現(transitions, frame markers),視点(self-mentions),心的態度(hedges, boosters)といった多くの点において,習熟段階の異なる学習者の間,そして学習者と母語話者の間に頻度や用法に関する大きな差異が見られた。
▼キーワード
研究対象
大学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
ライティング能力
研究関連テーマ
コーパス
語彙力
ライティング能力
テスト・分析方法
対応分析
ピアソンの積率相関係数
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

日本人英語学習者のスピーキング vs. ライティングパフォーマンスの比較分析のための指標 
―学習者コーパスに基づくアプローチ―

東京都/東京外国語大学大学院 在籍 野村 真理子

▼研究概要
本研究は,日本の中学・高等学校の外国語科の新学習指導要領を踏まえ,話す活動と書く活動を組み合わせて表現力を育成する効果的な指導を模索するための基礎調査として,中学生・高校生の日本人英語学習者からスピーキングとライティング両方の産出データを収集し,学習者コーパスを構築することにより,同一学習者集団のスピーキング vs. ライティングパフォーマンスを比較分析し,比較測定のために有効な指標を調べたものである。分析に使用したコーパスデータは,中学3年生~高校3年生324名から収集した同一学習者が同一テーマで産出したスピーキングとライティングのデータである。使用語彙,10の言語特徴, 5つの言語項目のエラーおよび正用率について,話し言葉vs. 書き言葉で比較分析を行った結果,調査した多くの項目がモードの違いによる差異を示し,日本人中高生の産出モードの異なるパフォーマンスデータを比較分析するのに有効な指標が明らかになった。
▼キーワード
研究対象
中学生
高校生
研究メインテーマ
スピーキング能力
ライティング能力
研究関連テーマ
英検 Can-do リスト
コーパス
スピーキング能力
ライティング能力
テスト・分析方法
Χ²検定
自由英作文
スピーキングテスト
二元配置分散分析
ボンフェローニ法
必要技能
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

英文読解におけるテキスト間情報統合能力の検証

茨城県/筑波大学大学院 日本学術振興会特別研究員DC 清水 遥

▼研究概要
本研究は,複数テキストを同時に提示した際の日本人英語学習者の読解パフォーマンスを検証した。3つの調査の結果,次の3点が明らかになった。 (1) 6つの英文読解テストを調べた結果,3つのテストにおいて複数テキストを用いた問題が出題されていた。しかし,複数テキストを受験者に提示していても,テキスト間情報統合能力を測定する問題の出題率はテスト間で異なることが示された。 (2) 学習者の英語読解熟達度によって,テキスト間の情報統合を必要とする問題の正答率に差が見られ,熟達度の高い学習者ほど正答率が高かった。特に,テキスト間の情報統合能力を問うことで,中級および上級レベルの英語学習者の読解力の違いが明らかになった。 (3) 熟達度の高い学習者は熟達度の低い学習者よりも複数テキストの内容をより理解していたが,情報源の理解に関しては熟達度による差は見られなかった。  本研究から,英文読解テストに複数テキストを利用することによって,テキスト間情報統合能力というより高次レベルの読解スキルの測定が可能になることが示唆された
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
リーディング能力
研究関連テーマ
読解熟達度
リーディング能力
テスト・分析方法
ACE(Assessment of Communicative English)
TOEIC
英検問題(リーディング)
読解テスト
筆記再生テスト
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

診断テスト・学習プログラム方式 CBT のフィードバック作成と検証
―並べ替え問題の履歴分析を通して―

新潟県/長岡市立宮内中学校 教諭 姉崎 達夫

▼研究概要
本研究の目的は次の3つである。(1) 並べ替え問題において,日本人学習者の間違いに見られる特徴は何か。(2) 並べ替え問題の誤答に対して,L1のフィードバックを提示した場合に語順の理解や定着が進むか。(3) 並べ替え問題の正答と誤答は並べ替え時間に差があるか。「授業同時テスト」方式 CBT に公立中学校の3年生約55名が参加した。出題は英検4級の並べ替え問題から35問を用いた。 本研究から次の3点が示唆された。(1) 中学生に見られる誤答の原因として,日本語の語順の影響,連語の知識の不足,結びつきの強さの影響などが考えられる。(2) 並べ替え問題において,L1と L2のフィードバックも L2のみのフィードバックも語順の定着につながるが,前者のフィードバックが後者のフィードバックよりも語順の定着に結びつくとは言えないことが示された。(3) 並べ替えの時間については正答の方が誤答よりも短時間だったことから,知っている語順は迷わず正確に並べ替えることができる傾向があることが示唆された。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
オンライン学習
研究関連テーマ
フィードバック
リーディング能力
テスト・分析方法
Χ²検定
英検問題(リーディング)
語句整序テスト
分散分析
5件法アンケート
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検4級

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

スピーチにおける生徒相互評価の妥当性
―項目応答理論を用いて―

茨城県/茨城県立竹園高等学校 教諭 深澤 真

▼研究概要
本研究の目的は,スピーチにおける日本人高校生の相互評価にはどの程度の妥当性があるかを検証することである。妥当性は, 1)構造的要素, 2)一般可能性的要素, 3)外的要素, 4)内容的要素, 5)実質的要素, 6)影響的要素の6つの側面より検証された。主な分析方法として項目応答理論のラッシュ・モデル分析を用いた。その結果,生徒相互評価の構造的要素については部分的に妥当性が認められ,その他の5つの妥当性の側面についてはすべてにおいて十分な妥当性が示された。6つの妥当性の要素の検証結果をまとめると,スピーチにおける日本人高校生による相互評価には一定の妥当性があると考えられる。また,生徒相互評価には,教員評価に比べ平均値が高く,標準偏差が低い傾向も見られた。これらの研究結果に基づき,生徒相互評価の活用について教育的示唆を行う。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
スピーチ
相互評価
研究関連テーマ
コミュニケーション能力
相互評価
テスト・分析方法
t検定
項目応答理論(IRT)
ピアソンの積率相関係数
ラッシュ・モデル
5件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

日本人英語学習者に適したテスト形式とは何か
―オンラインテストと口頭テストの比較検討―

兵庫県/神戸学院大学附属高等学校 教諭 船越 貴美

▼研究概要
テスティング技術の進歩とコンピュータの普及によって多様なテスト形式が開発されるようになり,従来の紙と鉛筆を用いた筆記テストに代わって,コンピュータを用いたテストが開発され,テスト形式と採点方法に変化をもたらした。本研究では,異なる2つのテスト形式を使って同じ質問をし,評価基準をあわせて得られた採点結果と,テスト後のアンケート結果よって,どちらのテスト形式がよりコミュニケーション能力を発揮できるかを検証した。実験には私立高等学校1年生199名が参加し,英語母語話者による直接対面式の口頭テストと,インターネットの回線でつながれたコンピュータの画面を見ながらキーボードで解答を入力するオンラインテストの両方を受験した。その結果,口頭テストは英語によるコミュニケーション能力を測定するテストとして,日本人学習者に適したテスト形式であると考えられるが,テストの信頼性を高める必要があることがわかった。また,オンラインテストは客観的な採点が可能となるが,解答時間や IT 環境の整備などの課題を見直す必要があることが明らかになった。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
オンライン学習
テスト形式
研究関連テーマ
オンライン学習
コミュニケーション能力
テスト形式
テスト・分析方法
t検定
確認的因子分析
共分散構造分析
重回帰分析
テューキー法
4件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

英検リスニング問題の音声加工による聴解度向上の可能性
―ナチュラルスピードの英語音声理解の壁を越えるポーズ効果―

茨城県/茨城県立勝田高等学校 教諭 鈴木 隆一

▼研究概要
本研究では,英検リスニングテストを教材としての可能性につながるよう音声加工を施し,聴解度がどのように変化するのかを検証する実験を行った。そこで, 3種類のタスク(①オリジナル英検問題,②ポーズ加工を施したナチュラルスピードの英検問題,③ナチュラルスピードの英検問題)間の聴解度を調べた。その結果,以下の2点が明らかになった。(1) ナチュラルスピードでの聴解度は,オリジナルスピードとの比較では有意に低いものの,ポーズを加えるとオリジナルスピードと同程度の聴解度に回復する。(2) 3つのタスク間の聴解度に対する熟達度別の比較では有意差はない。したがって,リスニングにおいてナチュラルスピードの英語であってもポーズ加工することで有意に聴解度を向上させることが示された。そして,このポーズ効果はどの熟達度群においても一律であることがわかった。  聴解度に影響を与える要因として考えられるのが,テキスト,発話者,タスク,聞き手,リスニング処理である(Rubin, 1994)。その1つであるテキスト要因には,ナチュラルスピードの特性[チャンク(意味の塊)スピード,脱落・連結・同化・弱化といった音声変化,プロソディーなど]が含まれる。 英検問題の教材としての可能性は2つあり, 1つはネイティブスピーカーに自然に読んでもらうだけでテキスト難易度が高まることである。そしてもう1つは,これらナチュラルスピードの特性を維持した上でも,句ごとに1秒ずつポーズを挿入する加工により聴解度が向上することから,その自然な英語音声を理解するための橋渡し教材としての側面も示唆できる。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
リスニング問題の音声加工
研究関連テーマ
熟達度
リスニング能力
テスト・分析方法
英検問題(リスニング)
テューキー法
二元配置分散分析
ボンフェローニ法
リスニングテスト
必要技能
リスニング
英検 対象級
英検3級

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

日本人学習者の英語語意知識測定テストの開発と検証
―正答率および応答自信度による評価―

東京都/東京大学大学院 博士課程・在籍 中田 達也

▼研究概要
本研究では,L2における語意知識(語の意味に関する知識)を測定するためのテストである再認式文章完成課題において,応答自信度を得点に反映することで,テストの1)信頼性,2)妥当性,3)実用性が改善されるかどうかを調査した。98人の日本人大学生を対象とした調査の結果,自信度を語意テスト得点に反映することで,信頼性と妥当性の構造的側面に関しては改善される可能性が示唆された。しかし,妥当性の一般化可能性および外的側面に関しては,差が見られなかった。また,テストの実用性に関しては,自信度を用いない従来の採点方式の方が優れていた。本研究の結果から,再認式の語意テストにおいて自信度を用いることは必ずしも必要ではないものの,高い信頼性が望ましい場合には,自信度を採点に取り入れることが1つの選択肢になり得ることが示された。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
語意知識測定テスト
研究関連テーマ
リーディング能力
テスト・分析方法
Χ²検定
一元配置分散分析
項目応答理論(IRT)
語彙テスト
多肢選択式テスト
テューキー法
ピアソンの積率相関係数
ボンフェローニ法
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

日本人中学生を対象とした英語/ 日本語のキーワードが与える記憶術法の影響【共同研究】

群馬県/安中市立松井田東中学校 教諭・代表者 福田 昇

▼研究概要
本研究は,初期英語学習段階である中学生を被験者として考えた場合,(1)Keyword 法で用いられる絵と手がかり語との間にどのような関係があるのか,また,(2) 手がかり語を英語と日本語の2通りを用いて覚えた場合の再生効果はどのように影響するのか明らかにしようとしたものである。実験には公立中学校3 年生125名が参加し,(a)絵と Keyword法群,(b) 絵のみの学習法群,(c) Keyword法群,(d) 機械的学習法群の4群に分け,記憶タスクを実施した。また,Keyword法との関連を見るために語彙学習に対するアンケート調査と正字法知識に関するテストを実施した。  結果は次のとおりであった。(1) 絵+ Keyword法群では手がかり語が English / 日本語どちらでも学習効果に差はなかった。(2) Keyword法群では手がかり語が日本語の方が English よりも効果的であった。また,(3) 直後テストと正字法テストの比較から,Keyword法群と機械的学習法群には正字法テストと直後テストとの相関関係があることが示された。しかし,正字法知識のうち音韻情報と綴り情報のどちらをより方略において用いているかということは判断できなかった。(4) アンケート結果から語彙学習に対して学習者は「符号化:視覚的音韻的関連」,「符号化:意味的符号化」,「復唱:単語リスト使用」,「復唱:視覚的反復」の4つの方略を用いていることが示された。特にすべての学習群で「復唱:単語リスト使用」の方略を用いる心理が働いていたことが明らかになった。これは,日本人英語学習者が意味ネットワークを構築し,認知的処理を伴う方略が少ないとする先行研究を支持するものであった。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
記憶術法
研究関連テーマ
リーディング指導
テスト・分析方法
実験群/統制群
正字法テスト
遅延テスト
テューキー法
分散分析
ポストテスト
5件法アンケート
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

英文読解指導のレベル化とテキスト理解度の関連性
―文レベルの指導と構造レベルの指導を通じて―

広島県/広島皆実高等学校 教諭 浅井 智雄

▼研究概要
本研究は,読解指導を,英文レベルの理解に重点を置いた指導と,複数の英文間の相互関係の認識に基づいたテキストの構造レベルの指導の2つにレベル化することによって,学校現場においてテキスト構造に関する継続的トレーニングがテキスト理解を深化させるために有効であることを立証しようとした。継続的指導中に学習者に課した要約と自由筆記再生を分析した結果,(1) テキスト構造が学習者にとって明確である場合に上位レベルのアイデアユニットが認識されやすかった。(2) テキスト構造に着目させる継続的指導の効果はアイデアユニットの統一において認められた。(3)テキスト構造に着目させる継続的指導はテキスト理解を元のテキストの模倣からより深いテキスト処理へと発展させた。また,教育的示唆として,推論の能力を高めるためには,テキストの論理展開を教えることに加えて,推論生成を促すようなタスクの工夫が必要であることが指摘された。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
リーディング指導
リーディング能力
研究関連テーマ
リーディング指導
リーディング能力
テスト・分析方法
t検定
筆記再生テスト
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

ランゲージングが第二言語学習に与える効果

カナダ/トロント大学大学院 在籍 鈴木 渉

▼研究概要
本研究は,日本の大学教育機関で学ぶ日本人英語学習者が,英語の語彙や文法について考えたことや理解したことを自分の言葉で自分自身に説明することが,どのような効果を与えるかについて検証したものである。実験に参加した学習者は,まず特定のトピックについて英作文を書き,次に英語の母語話者から筆記でのフィードバック(直接訂正)を受け,それに対して考えたことや理解したことを自分の言葉で書いて説明(「ランゲージング」と定義)する。その後,学習者は,フィードバックを受ける前の元の英作文を見ながら,書き直しをする。分析の観点は,ランゲージングの内容の深さのレベルによる分類(① 半信半疑,② 単純な気付き,③ 理由を伴った気付き),及び,ランゲージングのレベルと書き直しの関係の2 点である。結果,(1) 日本人英語学習者が英作文のフィードバックを理解する際のランゲージングは理由を伴った深いレベルが多いこと,(2) ランゲージングは,そのレベルにかかわらず,学習に効果を与えることが明らかになった。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
ランゲージング
研究関連テーマ
フィードバック
ライティング指導
テスト・分析方法
Χ²検定
実験群/統制群
自由英作文
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

英文読解テストとしての再話課題の有効性の検証
―テキストタイプ、産出言語、採点方法の妥当性を中心として―

茨城県/筑波大学大学院 在籍 甲斐 あかり

▼研究概要
本研究は,再話課題の実施や採点に関する複数の手続きを重要度評定とテキストの再生率を用いて比較検証することにより,日本人英語学習者に適した再話課題の手続きを明らかにすることを目的とした。主な結果は次の3点である。 (1) テキストタイプの影響を検証した結果,物語文の方が説明文よりも再生率が高いことが示された。また,テキストタイプによって再生される情報の質や重要度が異なり,物語文では登場人物や設定に関する情報の重要度や再生率が高く,説明文では主題に沿った情報の重要度や再生率が高いことが示された。また,物語文では場面が変わる部分(登場人物の行動の変化)や時間的な経過がある部分が多く産出される傾向があることが示された。 (2) 産出言語の影響を検証した結果,重要度の高低にかかわらず日本語での再生率が英語での再生率よりも高いことが示された。 (3) 採点方法(重み付けあり・なし)による再生の傾向に違いがないことから,簡便性を考慮すると重み付けなしの採点で十分であることが示された。  本研究によって,再話課題に適したテキストタイプ,産出言語,採点方法が示唆された。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
再話課題
研究関連テーマ
産出量
熟達度
スピーキング指導
評価(指導者による)
テスト・分析方法
t検定
英検問題(スピーキング)
英検問題(リーディング)
クラスター分析
三元配置分散分析
読解テスト
二元配置分散分析
ピアソンの積率相関係数
必要技能
リーディング
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

コーパス分析とラッシュ・モデルを用いたライティング・テストでの困難度比較

茨城県/筑波大学大学院 在籍 長橋 雅俊

▼研究概要
本研究は,作文テストで与えるトピックの違いから評価への影響を調べ,教育現場での公正な作文評価がどこまで可能か検証する。  予備調査では,極めて熟達した ESL学習者によるTOEFL Test of Written English( TWE)の練習作文を,コーパス分析し,作文の長さ,語彙的特徴を測定した。この結果から対象のトピックを選び,本調査で日本人学習者のパフォーマンスを調べる。本調査1では予備調査でのコーパス分析を引き継ぎ,トピックごとに書かれた語彙的特徴を比較した。また6段階の全体的評価で採点し,得点に深刻な差がないか調べた。本調査2では,同一の学習者に2回テストを実施し,どの程度採点結果が一貫するのか調べた。  結果,異なるトピックによる作文は,高度な語彙の使用頻度に違いをもたらした。一方,全体的評価の平均点には差がなく,トピックの違いがパフォーマンスに与える影響は小さいと言える。ただし評価者の採点基準は常に一定とは限らず,厳しさの違いが確認された。この違いが得点に誤差をもたらす可能性から,現場教師のパフォーマンス評価には独断に陥らないための採点手続きが求められるだろう。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
ライティングテスト
研究関連テーマ
異なり語数
コーパス
語彙力
タスク
評価(指導者による)
テスト・分析方法
t検定
一元配置分散分析
クラスカル・ウォリスの順位和検定
テューキー法
マン・ホイットニーのU検定
ラッシュ・モデル
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.19 2007

項目応答理論を応用した英作文評価者トレーニングの有効性について

兵庫県/神戸市立大池中学校 教諭 占部 昌蔵

▼研究概要
自由英作文を評価するときに,評価の信頼性を議論されることがある。では,どのようにしてその信頼性を高くすることができるのか。本研究では,トレーニングを受けた評価者が行う評価が,前回の評価に比べてどの程度変化するのかを調べることによって,項目応答理論を応用した評価者トレーニングの有効性を検討した。同時に,評価者の背景によって信頼性に違いが見られるのかも検討した。評価基準は,ESL Composition Profileを使用した。この評価基準は,内容,構成,語彙,言語使用,(句読点,文法などの)メカニクスの5観点から構成されている。12名の英語科教員と8名の大学院生が,100名の高校生が書いた英作文を,この評価基準を用いて評価した。 結果,今回の評価者トレーニングは効果があることが確認された。また,評価者の背景によって信頼性に大きな違いは見られなかった。
▼キーワード
研究対象
教師・教職者
研究メインテーマ
項目応答理論(IRT)
評価者トレーニング
研究関連テーマ
ESL(English as a Second Language)
自由英作文
評価者間信頼性
評価者内信頼性
テスト・分析方法
自由英作文
ピアソンの積率相関係数
マン・ホイットニーのU検定
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.19 2007

単語認知における概念表象
―刺激語の抽象度、親密度、翻訳方向、学習者の熟達度が語彙テストに与える影響―

東京都/東京都立青山高等学校 教諭 中村 徹

▼研究概要
本研究では,日本人英語学習者の語彙認知においてL1語彙表象,L2語彙表象,概念表象がどのような関係を持っているか,またどのような要素が単語認知に影響を与えるかという問題を解明するため,語の属性その他の条件を操作した実験を行い,その差を検討した。その結果,語彙認知における「具象・抽象」効果については,実験参加者の「L2熟達度」によって効果がさまざまに変化することが示された。また,具象名詞については低熟達度群ほどL2→L1方向の語彙処理が正確であることが確認された。語の属性についての実験の結果,語の「親密度」と「イメージのしやすさ」いずれもが客観的ではなく主観的な指標であるということが再確認された。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
概念表象
語彙力
研究関連テーマ
語彙力
熟達度
テスト・分析方法
t検定
語彙テスト
5件法アンケート
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.19 2007

基幹部と選択肢の関連強度が語彙テストパフォーマンスに及ぼす影響

茨城県/筑波大学大学院 在籍 中川 知佳子

▼研究概要
本研究は,語彙知識の有無によって語彙ネットワークの関連強度(リンク強度)がどのように変化するのかを検証する実験1と,多肢選択式語彙テストにおける基幹部(stem)と選択肢の関連の強さがテストパフォーマンス(正答率,選ばれる選択肢の種類)に及ぼす影響を検証する実験2から構成されている。 実験1においてはパラディグマティック(paradigmatic),シンタグマティック(syntagmatic),音韻(phonological)の3種類のネットワークの発達を学習者の反応時間をもとに検証し,以下の2点が明らかとなった。(a) 語彙知識が深まることによりパラディグマティック,シンタグマティックネットワークが発達する。また,(b) 語彙知識がない場合には音韻関連を中心としたネットワークが構築される。 実験2においては基幹部の影響を,(a) 基幹部として与えられる文の種類,(b) 基幹部に含まれる目標語と正答選択肢のリンク強度,そして,(c) 基幹部に含まれる手がかり(目標語の同義語)と正答選択肢のリンク強度,以上の3つの観点から分析を行った。 主な結果は以下の3点である。(1)基幹部が例文の場合,定義文を与えた場合よりも正答率が高くなる。(2)目標語や,基幹部に含まれる同義語と正答選択肢のリンク強度は正答率に影響を及ぼさない。また,(3) 目標語が未知語である場合には,音韻的な類似性を持つ錯乱肢が選択されやすい。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
語彙テスト
研究関連テーマ
語彙知識
テスト・分析方法
TOEIC
t検定
一元配置分散分析
英検問題(リーディング)
三元配置分散分析
多肢選択式テスト
単純主効果検定
テューキー法
二元配置分散分析
ボンフェローニ法
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

指導と評価の一体化をめざした信頼性の高い英作文評価基準表の作成: 多変量一般化可能性理論を用いて

東京都/津田塾大学 演習助手 大久保 奈緒

▼研究概要
本研究においては,英作文評価基準表を作成し,その評定項目及び,評定者に関する信頼性の検討を多変量一般化可能性理論や評定者フィードバックを用いて検討した。この評価表は,ジャンル分析研究を参考に作成された。内容,構成,語彙,言語使用の4観点から成立し,各観点に,3から4の下位項目が設置されている。3人の英語母語話者である英語教師が,41人の大学生が書いた英作文を,この評価表を用いて評定した。多変量一般化可能性理論を用いた分析では,信頼性の高い結果が導き出された。しかし,語彙と言語使用の多変量一般化可能性係数,多変量信頼度指数が,内容及び構成に比べ信頼性の低い結果となり,前者2観点については改善が示唆された。また,評定者フィードバックから,内容・構成の採点の際に,評定者が過去の経験から構築された内的基準と本評価表との間で,すり合わせを行っている様子が浮かび上がった。2003年に発表された「『英語が使える日本人』の育成のための行動計画」(文部科学省, 2003)の中では,実践的コミュニケーションが強調され,英語をコミュニケーションの手段として使用し,4技能の育成を図ることが推進されている。このような流れとともに,2004年には英検において1級に自由英作文が,準1級に記述式問題が導入されるなど,和文英訳や一文単位の英作文に限らない,まとまりのある英文を書く能力が求められる傾向が強まっている。しかし,英文ライティングの評価は評価観点が多岐にわたり,複雑であるため敬遠されがちである。本研究においては,英文ライティングの指導内容を反映した英作文評価基準表(以下,評価表)を作成し,その採点項目及び,評定者に関する信頼性の検討を多変量一般化可能性理論や評定者フィードバックを用いて検討する。
▼キーワード
研究対象
大学生
教師・教職者
研究メインテーマ
評価者トレーニング
研究関連テーマ
フィードバック
メタ言語能力
テスト・分析方法
CASEC
一般化可能性理論
共分散構造分析
質問紙法(アンケート)
信頼性指数
分散分析
ライティング・タスク
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

英語学習方法の考察:音読,暗唱,筆写

神奈川県/神奈川県立川崎高等学校 教諭 小林 潤子

▼研究概要
英語学習の中で音読が推奨されているが,教育現場では,音読に十分な時間がとれていない。音読の効果についての文献を読み,授業の中で音読の指導を強調して,英語の習得への効果を提唱してきた。 この研究では,2回の実験を通して繰り返し音読・暗唱・筆写の効果を比較した。また,指導の根拠となる理論を研究し,学習方法の考察を試みた。1回目の実験の結果分析では,音読と暗唱の間に有意差があった。2回目の実験では,指導方法を工夫して,音読,筆写の効果が,暗唱に近いものになるか,他の英語力向上に役に立つのかを検証し,事後テスト・定期試験・県下一斉テストで,より細かい内容を分析した。 事後テストの合計点の有意差はなかったが,熟語の部分で暗唱と筆写が音読に対して有意差があり,cloze test(注1)では暗唱が音読に対して統計的に有意差があった。定期試験では,cloze test で事後テストと入れ替わって暗唱と筆写に有意差があった。県下一斉テストの比較では,音読のグループの2回の結果(特に平均点とリスニング)に有意差が認められ,音読学習の効果が検証できた。 まだ不十分な研究ではあるものの,この研究で「音声の伴った繰り返し学習」の効果を再確認できたことで,今後の教育活動への効果を探ることができた。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
リーディング指導
研究関連テーマ
語彙力
速読
チャンキング(スラッシュリーディング)
リスニング能力
リーディング指導
リーディング能力
テスト・分析方法
t検定
質問紙法(アンケート)
実験群/統制群
テューキー法
分散分析
ポストテスト
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

学習者の口頭によるオンラインと訳出によるオフラインのパフォーマンス比較
―産出量・複雑さ・文法的正確さ・カバー率の4指標を用いて―

愛知県/名古屋大学大学院 在籍 松原 緑

▼研究概要
英語学習者が産出を行う際にどれほど自分の持ち合わせている英語能力を発揮できているのだろうか。これまで学習者のパフォーマンスを測定するには,主として流暢さ・複雑さ・正確さの3つの指標が用いられてきた。しかしこれら3つの指標だけでは,最終的に産出されたデータを表面的に評価することしかできない。本研究では「正確さ」の指標を,「文法的正確さ」と,意図したことをどれほど意味的に表出できているかを示す「カバー率」に分け,分析することを提案する。日本人英語学習者のオンライン・モードとオフライン・モードにおけるパフォーマンスを産出量・複雑さ・正確さ・カバー率の4指標を用いて分析した結果,学習者の持ち合わせている英語能力レベルにかかわらず,オフライン処理であれば表出できるものも,オンライン処理を必要とする口頭産出では表出できていないことがわかった。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
パフォーマンス比較
研究関連テーマ
産出量
正確さ
文法力
テスト・分析方法
インタビュー
二元配置分散分析
ボンフェローニ法
必要技能
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

ゲーティング法を応用した英語リスニング能力の要因分析

愛知県/名古屋大学大学院 在籍 村尾 玲美

▼研究概要
本研究では,日本人英語学習者と母語話者が,英語を聞き取る時に利用する手がかりについて,プロソディ情報と表現の知識という観点から分析を行った。結果として,次の2点が明らかになった。 1)母語話者とリスニング上級者は分節音素を聞かなくても,プロソディを手がかりとして使ってなじみ度合いの高い定型表現を認識することができた。リスニング中級者はこの能力に劣っており,定型表現を韻律的なまとまりとして記憶していないことが示唆された。 2)母語話者は,なじみ度合いの低い非定型表現でも,プロソディの手がかりを使って文構造や弱音節を認識することができた。学習者はプロソディの手がかりを非定型表現の認識に利用する能力に劣っていた。 本研究により,プロソディの手がかりを表現認識にどのように使うかが,リスニング能力に関与しているということが示唆された。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
ゲーティング法
リスニング指導
研究関連テーマ
定型表現
リスニング指導
リスニング能力
テスト・分析方法
二元配置分散分析
ボンフェローニ法
リスニングテスト
5件法アンケート
必要技能
リスニング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

語彙テストの形式が語彙知識と読解能力の測定に及ぼす影響

茨城県/筑波大学大学院 在籍 森本 由子

▼研究概要
本研究は文脈が手がかりにならない言い換え形式のテスト(Type A),文脈が手がかりになる言い換え形式のテスト(Type B),そして文脈が手がかりになる空所補充形式のテスト(Type C)という3タイプの多肢選択式語彙テストと,単語の意味にかかわる知識,コロケーションの知識,読解能力との相関関係が異なるかどうかを調べた。この結果,言い換え形式のテストは空所補充形式のテスト(Type C)より単語の意味にかかわる知識を測定しており,文脈が手がかりになるテスト(Type B)は手がかりにならないテスト(Type A)よりも読解能力を測定している割合が大きかった。しかしコロケーションの知識については相関係数間に有意差が現れなかった。したがって,単語の意味にかかわる知識と読解能力については同様の文脈内語彙テストでも測定している能力の割合が異なることが示されたため,目的に応じて文脈内語彙テストを使い分ける必要があることが示唆された。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
語彙テスト
テスト形式
研究関連テーマ
コロケーション
語彙知識
語彙力
テスト形式
テスト・分析方法
TOEIC
語彙テスト
ピアソンの積率相関係数
偏相関分析
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

速読練習を取り入れた「多読」授業の効果【共同研究】

千葉県/我孫子市立我孫子中学校 教諭・代表者 佐藤 知代

▼研究概要
本研究では,中学校での効果的な多読指導の在り方を探るために,多読と結び付きの強い速読力の育成と多読指導とを組み合わせた統合的授業を実施し,その効果を測った。多読に関しては,中学2年生,3年生の読語数,読み方,読むレベルの変容について調査した。速読に関しては,ALT と共同で速読テストを開発し,3種類のpretest ,midtest,posttest を実施し,読むスピードと理解度への効果を測った。 また,アンケートを行い,情意面での変化や生徒に有用なリーディングスキルについても調べた。分析の結果,速読練習を取り入れた多読指導を受けた生徒は,年間で,中学2年生は3万語,3年生は6万語読めることがわかった。中学2年生は100 wpmまで,3年生は150 wpmまでは理解を伴った上で速読力を伸ばした。アンケートによると,英語力,速読力の向上を内面で感じた生徒が多くおり,授業評価も高かったことがわかった。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
速読
多読
研究関連テーマ
情意面
速読
多読
読解速度
テスト・分析方法
一元配置分散分析
テューキー法
読解テスト
プリテスト/ポストテスト
ミドルテスト
5件法アンケート
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

英語能力テストにおけるマルチリテラシー
―イメージの発信するメッセージを読む―

静岡県/静岡県立静岡西高等学校 教諭 松下 明子

▼研究概要
言語に加え視覚イメージがあふれる現代は,言語リテラシーだけでなく,ビジュアルリテラシーも求められている。ビジュアルリテラシーを高めるためには,言語にも存在するような「文法」の存在を意識することが必要であろう。英検の二次試験でもまた,パッセージに加えイラストが使われている。イラストの中で,個々の要素はどのようにかかわり合ってメッセージを作り出しているのか。受験者はそれらの要素とどのような関係を築き,どのようなメッセージを受け取っているのか。 この研究では以上の点に注目し,2003年度と2004年度に使用された準2級と3級のイラストの分析をビジュアル文法を用いて行う。それぞれの級の傾向や問題点が明らかになる中で,同一回で使用される数種類のテストが公平に受験者の言語能力を測定できるよう,留意項目を特定する。
▼キーワード
研究対象
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
ビジュアルイメージ
研究関連テーマ
内容理解
テスト・分析方法
英検問題(スピーキング)
ピクチャーカード提示課題
必要技能
-
英検 対象級
英検準2級
英検3級

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

自由英作文における学習者コーパスの文章の種類別品詞分析から得られる教育的示唆

山形県/鶴岡工業高等専門学校 助教授 柏木 哲也

▼研究概要
高校生,高専生を対象にした自由英作文を叙述文,物語文,論述文という文章の種類別に分け,その学習者コーパスを品詞別に英語母語話者(大学生)の論述文(argumentative な題材)と比較した。その結果,叙述文と物語文が最も英語母語話者との相違点が多く,内容の近い論述文が最も語の使用において近かった。具体的に,① 書く力を示すTTR(タイプ・トークン比= 後述)は母語話者,論述文,物語文,叙述文の順に高く,それにほぼ一致する傾向を示すのが平均語長と1文の長さである,② 1,2人称の代名詞は頻度が高いが3人称は低い,③ 論理的内容(場所時間以外)の前置詞,助動詞の過去形,be動詞ではbe,been,不定詞,論理的機能語などで母語話者に劣り,逆に① 1人称の代名詞,② 自動詞の使用,③ 否定文で過剰使用の傾向が見られた。教育法への示唆として,①物語文が最も書く量が多く動詞の種類は多い,② 論述文は最も論理的機能語の使用が多い,③ but や逆接の接続詞,副詞は使用を控え,肯定文を増やす指導をする,④ 原因,理由を多く説明するよう指導をする,⑤ 基礎学力の不足している学生には論述文を慎重に導入する,などの点が考えられる。また教師側の留意点として不定詞と助動詞の過去形の持つ実用的な意味指導が挙げられよう。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
コーパス
ライティング指導
研究関連テーマ
コーパス
語彙
ライティング指導
テスト・分析方法
自由英作文
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

リーディングテストにおける質問タイプ
―パラフレーズ・推論・テーマ質問と処理レベルの観点から―

茨城県/筑波大学大学院 博士課程・在籍 清水 真紀

▼研究概要
本研究ではリーディングプロセスの観点から,英検,TOEFL,大学入試センター試験のテスト構成を明らかにし,さらに上位・下位レベルの処理の概念も加え,これら異なるレベルの処理間にどのような関係があるかについて調べた。 まず,各テストの質問を,内容の観点から「パラフレーズ質問」,「推論質問」,「テーマ質問」,「指示質問」,「語彙質問」,「文章構造質問」の6種類に分類した結果,TOEFL が多様な種類の質問から構成されているのに対し,英検は明示的な情報について問う質問が多く,また,センター試験はこれらの中間とも言える特徴をなしていることがわかった(調査1)。さらに,「推論質問」,「テーマ質問」,「文章構造質問」を上位レベルの処理,そして「パラフレーズ質問」を下位レベルの処理とした場合,上位レベルの処理は下位レベルの処理よりも難しいことが示された。また上位・下位レベルの処理の相関は中程度であることがわかった(調査2)。 これらの結果から,質問内容は項目困難度に影響を及ぼす重要な要因の1つであると考えられること,そして幅広い技能を含めたリーディング能力を測定する場合にはさまざまな内容の質問をテストに含めることの重要性が示唆された。
▼キーワード
研究対象
大学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
テスト形式
リーディング指導
研究関連テーマ
テスト形式
パラフレーズ
リーディング指導
テスト・分析方法
TOEFL
一元配置分散分析
英検問題(リーディング)
センター試験
多肢選択式テスト
テューキー法
ピアソンの積率相関係数
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検2級

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

日本人中高生における発表語彙知識の広さと深さの関係

茨城県/筑波大学大学院 博士課程・在籍 小泉 利恵

▼研究概要
本研究の目的は,コミュニケーション能力の一部である発表語彙知識に焦点を当て,発表語彙知識の広さ(中核的な意味を知っている単語がどのくらいあるか)と深さ(ある単語の1つの意味に加え,連想・接辞の知識など他の側面をどの程度知っているか)の2つの関係がどの程度あるかを調べることである。結果は,発表語彙知識の広さの3000語レベルまでの幅広い学習者層で見ると,広さと深さの関係は強く,広さレベル(1000語単位)ごとに見ると,中程度の関係があった。これらの点から,発表語彙知識を測定する際,対象者の発表語彙知識の広さの範囲が幅広い場合には,広さから深さがある程度予測できるが,範囲が狭い場合には,広さと深さの両方を測る必要があることなどが示唆された。
▼キーワード
研究対象
中学生
高校生
研究メインテーマ
語彙力
研究関連テーマ
コミュニケーション能力
コロケーション
語彙知識
語彙力
テスト・分析方法
一元配置分散分析
一般化可能性理論
共分散構造分析
項目応答理論(IRT)
質問紙法(アンケート)
ピアソンの積率相関係数
プロトコル分析
ボンフェローニ法
ラッシュ・モデル
必要技能
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

英語リーディング熟達度テストにおける「総合問題」の妥当性の検証

岐阜県/岐阜県立土岐紅陵高等学校 教諭 伊佐地 恒久

▼研究概要
本研究では,英語リーディング熟達度テストにおける「総合問題」の妥当性を,受験者が問題に解答する際のプロセスを分析することによって検証した。具体的には,英検3級及び準2級の読解問題と,それらと同じ英文から作成した「総合問題」に受験者が解答するために用いたストラテジーを,Written Recall とRetrospective Interviewの2種類の方法によって調査した。そこから得られた報告を分析し,3つの仮説に基づいて問題の妥当性を検証した。その結果,「総合問題」を解く際,多くの受験者は,(1)英文全体は読まないで,設問に解答するために必要な部分にだけ目を通すこと,(2)設問に解答するために,多くの場合1文以下という極めて局所的な範囲の英語しか読まないこと,がわかった。 これらの点から,「総合問題」は英語リーディング熟達度テストとして不適当であることが実証された。「総合問題」には,英文の内容理解を問う問題と,文法・語法,発音などそれ以外の問題が含まれるが,文法・語法,発音などの問題は,別の大問の中で出題されるべきである。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
テスト形式
リーディングテスト
研究関連テーマ
テスト形式
読解熟達度
内容理解
テスト・分析方法
t検定
インタビュー
読解テスト
筆記再生テスト
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検準2級
英検3級

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

多肢選択式リスニングテストの問題文と選択肢の提示時期がテストパフォーマンスに与える影響

神奈川県/神奈川県立小田原城内高等学校 教諭 柳川 浩三

▼研究概要
多肢選択式リスニングテストの受験者のパフォーマンスは,問題文と選択肢の提示時期(項目様式)により影響されうることが示された。問題文と選択肢の両方が本文を聞く前に提示される場合,受験者の正答数は多くなる場合があり,この傾向は受験者のリスニング力にかかわりなかった。また,問題文と選択肢の提示時期によりリスニング力測定の精度にも違いが見られた。おおむね精度の高い順に,選択肢のみが事前に提示される様式,問題文のみが事前に提示される様式,問題文と選択肢の両方が事前に提示される様式の順になった。 多肢選択式リスニングテストにおいてどの項目様式をとるのが最も適切であるのか,コミュニケーション能力の測定の観点を含めて教育的示唆を提示する。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
テスト形式
リスニングテスト
研究関連テーマ
テスト形式
トップダウン処理
リスニング指導
テスト・分析方法
一元配置分散分析
英検問題(リスニング)
項目応答理論(IRT)
テューキー法
二元配置分散分析
ラッシュ・モデル
必要技能
リスニング
英検 対象級
英検準2級

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

面接方法が発話に与える影響
―ロールプレイを用いた個別面接方式とペア面接方式の比較―

栃木県/栃木県立小山高等学校 教諭 川島 智幸

▼研究概要
本研究では,ペア面接方式の有効性を検証するため,英検準2級の2次面接と全国模擬試験により測定した英語能力の個人差が,ロールプレイにおける発話にどのような影響を及ぼすかを調べた。さらに生徒同士のペア面接方式と,教師との個別面接方式の2つの方式でロールプレイを行い,面接方式の違いが発話に及ぼす影響を分析した。実験では,公立高校2年生8人が行った4種類のロールプレイでの発話について,発話量,複雑さ,正確さ,流暢さ,発話の機能への影響の有無を調べた。その結果,面接方法の違いが流暢さへ及ぼす影響のみが有意となり,ペア面接において英語能力の個人差が,発話量や正確さ,複雑さ,流暢さ,発話の機能に影響しないことを確認した。また面接方式の違いが,発話量や正確さ,複雑さに影響しないことも明らかになった。これらの結果は,試験的ではあるもののペア面接の有効性が支持されたことを意味する。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
スピーキングテスト
テスト形式
研究関連テーマ
T-unit
正確さ
テスト形式
文法力
流暢さ
テスト・分析方法
ウィルコクソンの符号付順位和検定
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

教師の音読を伴った繰り返し読みが高校生の英文読解に及ぼす効果

埼玉県/埼玉県立狭山経済高等学校 教諭 飯野 厚

▼研究概要
本研究の目的は,初級段階の読解力を持つ高校生を対象として,教師の音読による繰り返し読みが短期的に内容理解に及ぼす効果と,長期的に読解力と聴解力に及ぼす効果を探ることである。 実験1では,75名の高校生を被験者として,教師の音読による繰り返し読みが文章の理解度に及ぼす効果を探った。その結果,以下のことが明らかになった。教師の音読(すなわち英文とモデル音声の同時提示)は, (1) どのような条件の下でも有効と言えるわけではなく,難しい文章よりも平易な文章で,理解を促進した。 (2) 黙読と比べた場合,理解の進捗に遅延効果をもたらした。 (3) 平易な文章では,読解中の注意が文字に向かう傾向が明らかになった。黙読条件では注意が内的音声化に向かう傾向もあったことから,教師の音読によって,読解中の音韻処理の負荷が軽減され,意味へのアクセスが促進される可能性が示唆された。 実験2では,97名の高校生を対象として,長期的な処遇として,教師の音読を伴った繰り返し読みと,時間制限を設けた黙読による繰り返し読みの効果を比較した。その結果以下のことが明らかになった。教師の音読を長期的に施すことにより,(1)文章の難易度にかかわらず,黙読による速読指導と同程度に読解速度が伸張した。(2) 聴解力が伸張した。(3) 習熟度が低い学習者も読解速度と聴解力が伸張した。以上の結果から,教師の音読という音声支援のある繰り返し読みが,音韻処理の自動化を促進し,読解の流暢さを確立するために有効であることが示唆された。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
音読
リーディング指導
リーディング能力
研究関連テーマ
音読
読解速度
リスニング能力
リーディング指導
リーディング能力
テスト・分析方法
一元配置分散分析
英検問題(リーディング)
三元配置分散分析
多肢選択式テスト
テューキー法
筆記再生テスト
プリテスト/ポストテスト
4件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

日本人英語学習者の読み方とチャンキング単位の関係
―速読と精読における効果的なチャンクの比較―

茨城県/筑波大学大学院 在籍 土方 裕子

▼研究概要
英文の読解速度を上げるために広く行われている指導法の一つが,チャンク(意味単位,センス・グループ)ごとに語順に沿って読む読み方(=チャンキング,フレーズ読み,スラッシュ・リーディング)である。 チャンキングを用いた指導が効果的になるためには,前もって読み手自身がどのようなチャンキング単位で処理しているのかを知ることが重要である。しかし,目に直接見えない心内過程を測定することは難しく,確立された測定方法もない。 本研究では読み手のチャンキング単位を測定するのに,速読と精読の2つの読み方を設定した。これは,読む目的に応じて,同一個人であっても異なるチャンキングを行うと考えられたからである。更に複数の観点からチャンキング能力を測定するため,ペーパー形式(実験I)とパソコン形式(実験II)の2つの方法から読み手がより速く正確に読めるチャンキング単位を調べた。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
チャンキング(スラッシュリーディング)
研究関連テーマ
速読
チャンキング(スラッシュリーディング)
読解熟達度
読解速度
テスト・分析方法
TOEFL
一元配置分散分析
三元配置分散分析
ピアソンの積率相関係数
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

中学校選択英語科のライティング学習における教授ツールとしての簡略ポートフォリオの効果に関する事例研究

千葉県/沼南町立高柳中学校 教諭 松崎 邦守

▼研究概要
本事例研究では,中学校2年生を対象とした選択英語科のライティング学習(50分授業×9回)において,教授ツールとしての簡略ポートフォリオを適用し,その効果について検討した。同ポートフォリオは,Matsuzaki(2003)が看護専門学校1年生を対象としたライティング学習において開発したものを,本研究に即して簡略化したものであった。事後アンケート調査の分析結果から,①本ポートフォリオを活用したライティング学習が,ARCS動機づけモデルの4観点から学習者によって肯定的に評価されており,同学習に対する学習意欲の向上に効果があったことが認められた。また,②本ポートフォリオを特徴づける「ガイドラインの明示」が本ライティング学習に対する見通しに,並びに「カンファレンスの実施」が学習の振り返りや修正及び学習意欲の向上に有効であったことが確認された。更に,事前・事後テストの分析結果から,③本ポートフォリオを活用したライティング学習が,本ライティング学習の目標を達成する上で効果があったことが示唆された。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
ポートフォリオ
研究関連テーマ
学習意欲
コミュニケーション
プレゼンテーション
メタ認知
ライティング指導
テスト・分析方法
Χ²検定
自由英作文
自由記述アンケート
分散分析
プリテスト/ポストテスト
ライアン法
3件法アンケート
5件法アンケート
必要技能
ライティング
プレゼンテーション
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

音声に対する敏感さと英語学習総合能力との関係

熊本県/熊本学園大学大学院 在籍 福富 かおる

▼研究概要
本研究は,中学生の英語学習総合能力(注1)と「音に対する敏感さ」すなわち,音識別能力との関係を明らかにすることを目的としている。検査方法として音識別能力を言語音識別能力と楽器音識別能力の2つに分類し,更にこれら2つの識別能力をそれぞれ声調聴取,和音高低聴取,和音音色聴取に分けて検証した。 調査の結果明らかになった点は次の4点である。(1)言語音識別能力と「書くこと」,「読むこと」の能力には有意な高い相関関係が見られる。(2)言語音識別能力は英語学習の初期段階で直接的に影響を及ぼしていると考えられる。(3)英語学習総合能力が低い学習者ほど音識別能力を頼りとする学習段階にあり,音識別能力の養成は重要な意味を持つ。(4)音声記憶能力は,英語学習総合能力のみに影響力を持つ独立した能力と考えられ,この能力は音声識別能力にはかかわりを持たない。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
英語運用能力
音声識別能力
研究関連テーマ
リスニング能力
リーディング能力
テスト・分析方法
英検問題(リスニング)
重回帰分析
ピアソンの積率相関係数
リスニングテスト
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
英検 対象級
-