英検対象検定級別一覧 EIKEN BULLETIN 英検 研究助成 報告書

表示を絞り込む

選択条件をクリアする

キーワード検索

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

新課程版高校検定教科書における英検 Can-do リストと関連のあるタスク【共同研究】

新潟県/長岡工業高等専門学校 准教授 田中 真由美

▼研究概要
本研究では「英検 Can-do リスト」、英語教科書に見られるタスク、そしてパフォーマンス評価の関係を明らかにし、教材、指導そして評価のあり方について示唆を得ることを目的として2つの調査を行った。調査1では、「コミュニケーション英語Ⅰ」と「英語表現Ⅰ」の検定教科書における「英検 Can-do リスト」と関連のあるタスク数を調査した。その結果、教科書内の「書く」タスクと「話す」タスクのほとんどが「英検 Can-do リスト」の「まとめ表現」と関連することがわかった。調査2では教科書のタスクが英語の授業でどのように修正されているかを調べた。教科書のタスクはそのまま使われるのではなく、話題の修正やパフォーマンス評価基準の設定により生徒の実生活や英語力に合った難易度に変えられることがわかった。
▼キーワード
研究対象
教科書
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
英検 Can-do リスト
検定教科書
研究関連テーマ
英検 Can-do リスト
学習指導要領(高等学校)
学習到達目標
検定教科書
コミュニケーション
テスト・分析方法
インタビュー
質問紙法(アンケート)
必要技能
ライティング
スピーキング
英検 対象級
英検準1級
英検2級
英検準2級
英検3級
英検4級

D:その他

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

能力記述文による自己評価と実際のスピーキング能力の関係
―英検 Can-do リストと CEFR-J を使って―

茨城県/筑波大学大学院 在籍 横内 裕一郎

▼研究概要
本調査は、英語スピーキング能力を英検Can-doリストやCEFR-Jの記述文を用いた自己評価が、再話課題への回答で得られた実際のスピーキングパフォーマンスとどのような関係があるかを調査したものである。近年、英語スピーキング能力の評価を大学入試でも行おうという動きがある中、実際に中・高等学校でスピーキング能力を評価する機会は多くない。また、各中・高等学校が学習指導要領に基づいた学習到達目標をCANDOリストの形で具体的に設定するよう文部科学省が提言したことにより、今後CAN-DOリストの開発と妥当性の検証を行うことが多くなると考えられる。本調査では、Shojima(2007a、 2007b)による潜在ランク理論を用い、自己評価と再話課題のパフォーマンスから得られた潜在ランク推定値をクロス集計によって比較した。その結果、英検Can-doリストとCEFR-Jの能力記述文を使用した自己評価は同じ方向性を示したものの、再話課題によるパフォーマンスとの関連性は低かった。
▼キーワード
研究対象
その他英語学習者
研究メインテーマ
英検 Can-do リスト
スピーキング能力
研究関連テーマ
CEFR
英検 Can-do リスト
学習到達目標
自己評価
スピーキング能力
テスト・分析方法
Χ²検定
スピーキングテスト
潜在ランク理論
4件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
英検準1級
英検2級
英検準2級
英検3級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

統合タスクにおける類似がスピーキングパフォーマンスに与える影響
―文章と質問内容の類似レベルに着目して―

茨城県/茨城県立日立第二高等学校 教諭 矢野 賢

▼研究概要
本研究では、英検二次面接試験問題を用い、統合タスクにおいて読んだことと話すことの関係がパフォーマンスにどのような影響を与えるのかについて、類似の枠組みを用いて比較検証を行った。 まず統合タスクに関する研究および類似に関する研究などについて概観し、これらの知見に基づき、調査を2つ行った。 調査1では、インプットおよびアウトプットに用いるトピックの親密度および類似度の違いについて質問紙を用いて調査し分析を行った。 調査2ではインプットに含まれる情報がどの程度アウトプットに使用されパフォーマンスに影響を与えているのかについて、実際のインタビューにおける発話をもとに調査および分析を行った。 この結果、読んだ内容と質問内容とが高次レベルで類似している組み合わせではパフォーマンスを促進した例があった一方、表面的にのみ類似していた場合には不適切な転移を行い誤った説明につながった例が見られた。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
スピーキング能力
研究関連テーマ
学習指導要領(高等学校)
コミュニケーション
語彙力
スピーキング能力
タスク
テスト・分析方法
一元配置分散分析
ウィルコクソンの符号付順位和検定
英検問題(スピーキング)
スピアマンの相関係数
スピーキングテスト
ボンフェローニ法
5件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
スピーキング
英検 対象級
英検2級
英検準2級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

Coh-Metrix によるテキスト理解に必要な語彙熟達度の数値化
―語彙知識の広さ・深さ・アクセス速度を中心に―

茨城県/筑波大学大学院 在籍 濱田 彰

▼研究概要
本研究は、テキストに含まれる単語の特性を数値化するCoh-Metrixを用いて、英検テキストの読解に必要な語彙熟達度を予測した。 2つの調査を行い、語彙知識の広さ、深さ、およびアクセス速度を要求する語彙特性(e.g.,頻度・多義性・親密度)とテキスト理解度とのかかわりを検証した。 調査1では、英検1級から3級までのテキストを対象とし、各語彙特性が受験級によってどのように異なるのかを分析した。その結果、上位の受験級になるほど(a)低頻度語、(b)下位概念に位置する名詞と動詞、(c)意味を想起しにくい単語の割合が増加することがわかった。 学習者のテキスト理解度とテキストに含まれる単語の特性とのかかわりを検証した調査2では、単語の頻度・多様性・心像性が英検テキストの理解度に影響を与えることが示された。 さらに、これらの指標を組み合わせた回帰モデルを利用することで、一定のテキスト理解度に到達するのに求められる語彙熟達度を予測できることが明らかとなった。
▼キーワード
研究対象
大学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
Coh-Metrix
語彙力
研究関連テーマ
コロケーション
語彙知識
語彙力
リーディング能力
テスト・分析方法
一元配置分散分析
語彙テスト
重回帰分析
テューキー法
読解テスト
筆記再生テスト
ボンフェローニ法
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検1級
英検準1級
英検2級
英検準2級
英検3級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

マクロルールに基づくメインアイディア理解能力の検証

茨城県/筑波大学大学院 在籍 木村 雪乃

▼研究概要
要約課題の評価に用いられるマクロルール(削除、一般化、構成)の観点から、日本人英語学習者のメインアイディア理解能力を検証した。 調査1でリーディングテストに含まれる設問を分類した結果、英検ではテキスト中の詳細情報を削除する項目が多く見られた。一方で、TOEFLでは下位命題を上位命題に置き換える一般化が、センター試験では書かれていないメインアイディアを推論する構成の設問が含まれていた。 調査2Aでは調査1で分類した項目を大学生に解答させた結果、3つのマクロルール間で正答率に差は見られなかったが、メインアイディア理解問題よりも詳細情報問題の正答率が有意に高かった。 最後に調査2Bで英検のテキストを用いて要約課題を行った結果、一般化や構成よりも削除の使用が多くなっていたが、テキストの性質によっては一般化や構成が使用されやすいものもあった。得られた結果について、多肢選択式テストと要約課題の差異という観点から考察を行った。
▼キーワード
研究対象
大学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
マクロルール
メインアイディア
研究関連テーマ
Can-do リスト
EFL(English as a Foreign Language)
語彙知識
リーディング能力
テスト・分析方法
TOEFL
t検定
英検問題(リーディング)
センター試験
多肢選択式テスト
読解テスト
二元配置分散分析
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検1級
英検準1級
英検2級
英検準2級

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

スピーチコンテストにおける評価方法

群馬県/安中市立松井田東中学校 教諭 福田 昇

▼研究概要
スピーチコンテストの審査評価をサブランク法で得点化し、「全体的評価」が「分析的評価」に代わる評価方法として可能か検証した。 参加者は準1級レベル英語教師19人、2級レベル英語教師15人、ALT 5名であった。実験は、「a.スピーチの順位づけを行う場合、分析的評価と全体的評価との審査結果に相違はないか。 b.分析的評価よりも全体的評価の方が、評価時間は短くなるか。 c.分析的評価よりも全体的評価は評価が容易であるか」の3つを調査した。 結果は、a. 2つの評価方法に高い順位相関が見られ、分析的評価は全体的評価よりも有意に得点差が生じた。b.全体的評価は分析的評価よりも時間的に有意に評価者の負担を軽減した。 評価者別に見た場合、ALTの分析的評価時間は全体的評価よりも有意に時間が長くかかったが、準1級レベル英語教師では有意差はなかった。 c.ただし、参加者は全体的評価は分析的評価よりも評価が容易であるとは思っていないことが示された。
▼キーワード
研究対象
教師・教職者
研究メインテーマ
スピーチ
研究関連テーマ
ALT
ESL(English as a Second Language)
スピーキング能力
評価(指導者による)
流暢さ
テスト・分析方法
Χ²検定
サブランク法
スピアマンの相関係数
スピーチ
テューキー法
分散分析
5件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
英検準1級
英検2級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

英検取得級は高校3年間の学業成績と学業試験にどのように影響を与えるのか

兵庫県/神戸学院大学附属高等学校 教諭 船越 貴美

▼研究概要
高校3年間の学業成績は定期考査の素点だけでなく、課題や宿題の提出や授業参加度などを考慮して決められている。客観的なテストの点数だけでなく、担当教員の主観的な見解が学業成績には含まれているのである。一方で、英語検定試験や模擬試験、GTECのような資格試験や全国規模の学力試験は、受験者の知識や能力を客観的な数値として相対的に評価している。本研究では、高校3年間の学業成績と学力試験の成績を時系列的に比較し、英検取得級が両方の成績にどの程度影響を与えているかを分析し検証した。英検取得級が成績を向上させている1つの要因と仮定して、3年間で英検の取得級が高くなるほど学業成績と学力試験の両方の成績が向上するという仮説を立てた。調査には私立高等学校生188名の成績データを使用し、高校卒業までに取得した英検最終取得級と各学年末の評点および模擬試験の結果を共分散構造分析の手法を用いて、縦断的モデル、成長曲線モデル、潜在構造分析の3つの手法で分析した。結果は、英検取得級が学業成績や学力試験の成績にそれほど大きな影響を与えているという知見は認められなかったが、学業成績と模擬試験の両方の成績を3年間で向上している生徒は、高校2年生の後半から3年生の前半で英検取得級を高くした生徒であり、大学入試に対する学習の動機づけが非常に高い生徒であるということがわかった。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
英検取得級
学業成績
研究関連テーマ
学習指導要領(高等学校)
テスト・分析方法
GTEC
英検
共分散構造分析
必要技能
-
英検 対象級
英検2級
英検準2級
英検3級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

Latent Semantic Analysis(LSA)による空所補充型読解テストの解明
―文レベルの意味的関連度を観点として―

茨城県/筑波大学大学院 在籍 名畑目 真吾

▼研究概要
本研究は概念間の意味的関連度を産出するLSAを用いて、空所補充型の英文読解問題の特性を解明しようとしたものである。2つの調査を行い、空所が含まれる文の意味的関連度と項目の難しさとのかかわりを検証した。 調査1では、英検の複数の受験級で用いられている問題を対象とした分析を行った。その結果、上位の級では下位の級と比べて、空所を含む文とその前後の文、および異なるパラグラフに含まれる文との意味的関連度が有意に低いことが示された。 調査2では、空所補充問題を学習者に解答させ、そのデータから算出される項目の難しさと空所が含まれる文の意味的関連度のかかわりを検証した。その結果、熟達度の低い学習者では、空所が含まれる文と正答となる語の意味的関連度が高い場合にその項目の正答を導きやすくなる可能性が指摘された。 本研究における2つの調査から、空所補充読解問題の難易度には、空所が含まれる文の意味的な関連度がさまざまな形でかかわることが示唆された。
▼キーワード
研究対象
高校生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
LSA(Latent Semantic Analysis)
研究関連テーマ
熟達度
リーディング能力
テスト・分析方法
空所補充テスト
二元配置分散分析
偏相関分析
ボンフェローニ法
ラッシュ・モデル
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検1級
英検準1級
英検2級
英検準2級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

語彙運用能力の測定における読解イメージの利用可能性

茨城県/筑波大学大学院 在籍 長谷川 祐介

▼研究概要
学習課題後に行われる文脈内語彙テストの成績が、文脈の質や学習者の能力とどうかかわるかを検証した。特に、文脈の質として「文脈内で記述された状況のイメージしやすさ」という要因に注目した。 実験の結果、イメージしやすい文脈を用いた条件ではすべての学習者群が高い得点を挙げたのに対し、イメージしづらい文脈を用いた場合は、語彙熟達度の低い群の得点だけが低下した。 つまり、語彙力の低い学習者にとって読解時のイメージを語彙知識の習得に活用することは難しく、イメージしづらい文脈が弊害効果をもたらしていた。 さらに、語彙力の他に読解力や学習方法を観点とした検証も行ったが、語彙力以外の要因はイメージしづらい文脈による弊害効果を予測できなかった。このことから、文脈から得られたイメージを語彙習得に生かすという能力は、語彙力と最も深く関係すると想定できる。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
語彙力
研究関連テーマ
語彙力
リーディング能力
テスト・分析方法
語彙テスト
分散分析
ボンフェローニ法
5件法アンケート
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検準1級
英検2級

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

英語多読の実践が英語運用能力の向上にもたらす具体的効果
―「英検 Can-do リスト」を通して―

山口県/徳山工業高等専門学校 准教授 高橋 愛

▼研究概要
直読直解ができる英語で舎かれた図書を大量に読むという英語多読の実践が、リーディングおよびリスニングの能力の向上に効果があることは先行する事例で指摘されてきた。 しかしスピーキングとライティングに対する効果や多読の実践で修得される具体的なスキルについては、検証が進んでいなかった。本研究では、英語運用能力を測る指標として「英検Can-doリスト」を用い、継続的な多読の実践がどのような英語運用能力の向上をもたらすかを検証した。 徳山高専本科2年生に多読授業を実施し、授業開始から6か月後と11か月後に英語使用に対する自信について問うアンケート調査と、多読授業導入の前後に実力試験を実施し、その結果を分析した。 アンケート調査と実力試験の結果から、英語多読の実践がリーディングとリスニングの能力の向上につながっていること、スピーキングとライティングの能力の向上にも効果をもたらす可能性が高いことを確認した。
▼キーワード
研究対象
高専生
研究メインテーマ
英語運用能力
多読
研究関連テーマ
英検 Can-do リスト
英語運用能力
多読
テスト・分析方法
ACE(Assessment of Communicative English)
項目応答理論(IRT)
質問紙法(アンケート)
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検2級
英検準2級

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

中等教育現場に有意な資格試験のあり方に関する研究
―実用英語技能検定とTOEIC,その他資格試験との比較,および今後における課題―

三重県/日生学園第一高等学校 教諭 山西 敏博

▼研究概要
本論は以下の8点に対して分析を行い、提言をしていくことを研究目的とする。 1.英検とTOEIC.TOEIC Bridge、工業英検における中等教育現場に対する有益性 2.英検の優位性:英検とセンター試験との関連性、TOEICとの比較 3.英検のTOEIC、TOEIC Bridgeと比較しての課題 4.英検の中等教育現場への取り組み方 5.中等教育学校現場の教員が欲している資料 6.保護者に対して有益性を訴える資料 7.その他に対する意見・提言 8.総括:課題と提言 これらに関して、外部試験として定評のある資格英語試験である英検とTOEIC(Bridge)を、大学入試センター試験英語科目との獲得得点などの相関性と比較検討しながら、今後の指標としていくことをめざす。 その結果、英検は中等教育現場において、語彙や学習内容項目他の点でTOEICやTOEIC Bridge、その他の試験よりも優位性を示すことがわかった。
▼キーワード
研究対象
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
資格試験
研究関連テーマ
語彙
テスト・分析方法
TOEIC
英検問題(スピーキング)
英検問題(ライティング)
英検問題(リスニング)
英検問題(リーディング)
センター試験
必要技能
-
英検 対象級
英検1級
英検準1級
英検2級
英検準2級
英検3級
英検4級
英検5級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

多肢選択式問題は公平か
―記憶保持の強さから―

茨城県/筑波大学大学院 日本学術振興会特別研究員DC・在籍 高木 修一

▼研究概要
多肢選択式問題における錯乱肢の重要な役割として、正答する能力のない受験者が当て推量により正答選択肢を選ぶのを防ぐことがある。そこで、本研究は、より効果的に機能する錯乱肢について、錯乱肢情報の記憶保持の観点から現状の調在および実証研究を行った。まず、現在運用されている読解テストの中から英検、センター試験およびTOEICを対象とし各テストにおける錯乱肢に記憶への保持のされやすさの観点がどの程度反映されているのかを調査した。その結果、いずれのテストにおいても記憶保持の観点はほとんど反映されていないことが明らかとなった。その上で、記憶に保持されやすい錯乱肢と保持されにくい錯乱肢を含んだ読解問題を作成し、日本人大学生に解答させた。その結果、記憶に保持されにくい錯乱肢は効果的に機能していなかったが、記憶に保持されやすい錯乱肢は特に得点が低い受験者に対して従来の錯乱肢よりも効果的に働くことが明らかとなった。
▼キーワード
研究対象
大学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
多肢選択式問題
研究関連テーマ
語彙力
テスト・分析方法
TOEIC
一元配置分散分析
英検問題(リーディング)
センター試験
多肢選択式テスト
テューキー法
二元配置分散分析
ボンフェローニ法
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検2級
英検準2級

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

読解ストラテジー調査と語彙ストラテジー調査から見る自立的学習者の傾向について

新潟県/新潟県立長岡工業高等学校 教諭 根本 栄一

▼研究概要
新潟県立柏崎翔洋中等教育学校SELHi研究『自立的・自発的学習者の育成を目指した中高一貫リーディングプログラムの開発』は、英検2級取得者は自立的学習者である、と定義づけ、研究を行ったが、統計的に定義を実証するに至らなかった。今回はその継続研究として、英検2級取得直後と2級取得後1年経過した同じ生徒の読解および語彙ストラテジー意識調査を分析し、生徒が自立的学習者となりうる転換点を探し出すことを目的とした。各ストラテジーから3要因[トップダウン(TD)、トップダウン+ボトムアップ(TD+BU)、ボトムアップ(BU)]の計6つの質問項目群を抽出し、分析を行った。その結果、2級取得直後と2級取得1年後でともに整合性が示された質問項目は読解BU、語彙BU、読解TD+BUの3群であった。次に読解と語彙ストラテジー意識の変化を検討するため、下位尺度得点の平均点を比較した。この結果、読解TD(r = .50、p < .01)、読解TD+BU (r=. 77、p<.001).語彙TD(r= .51、pく.001)、語彙TD+BU(r=.63、p<.001)の4群で有意であったが、読解BUと語彙BUでは有意でなかった。最後に読解および語彙の下位尺度聞における2級取得直後と1年後の関係を検討し、読解と語彙との問で中程度の相関が認められた。認知ストラテジーならびにメタ認知ストラテジー意識の変容は.自立的学習者の特徴である、スキルの自動化が図れるレベルに達しておらず、2級取得1年後では英文読解における自立的学習者への変容は期待できないと結論づけた。
▼キーワード
研究対象
高校生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
自立学習
研究関連テーマ
自立学習
ボトムアップ処理
メタ認知
テスト・分析方法
クラスター分析
主因子分析
テューキー法
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検2級

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

コストパフォーマンスの高い読解をめざして
―より速くより正確に読み取るための速読スピードの検証―

東京都/東京都立白鷗高等学校 主任教諭 中野 達也

▼研究概要
本研究は,受験を目前に控えた高校3年生40名の読解の様子を観察した実態調査である。調査は,昨年度の2学期に約3か月にわたって行い,英検準2級および2級の問題を使用した速読を全部で14回実施した。  40名の生徒がいれば,本来40通りの読み方が存在する。しかし,一人一人の読解の様子を細かく分析すると,いくつかの特徴や共通点が見えてきた。 調査の結果を踏まえ,読解スピードと内容理解問題の正答率の関係を,大きく2つの観点から分析した。1つは,両者の関係を個人内で比較することであり,もう1つは,両者の関係をクラス全体の中で比較することであった。  さらに,読解スピードおよび正答率を,生徒の持つ語彙力,文法力と比較することにより,英語力との関係を探ろうと試みた。  これらの分析を通して,「速さと正確さ」を兼ね備えたコストパフォーマンスの高い読解の実態が明らかになってきた。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
速読
研究関連テーマ
語彙力
速読
読解速度
文法力
リーディング能力
テスト・分析方法
英検問題(リーディング)
質問紙法(アンケート)
スピアマンの相関係数
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検2級
英検準2級
英検3級

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

リーディングテストにおける質問タイプ
―パラフレーズ・推論・テーマ質問と処理レベルの観点から―

茨城県/筑波大学大学院 博士課程・在籍 清水 真紀

▼研究概要
本研究ではリーディングプロセスの観点から,英検,TOEFL,大学入試センター試験のテスト構成を明らかにし,さらに上位・下位レベルの処理の概念も加え,これら異なるレベルの処理間にどのような関係があるかについて調べた。 まず,各テストの質問を,内容の観点から「パラフレーズ質問」,「推論質問」,「テーマ質問」,「指示質問」,「語彙質問」,「文章構造質問」の6種類に分類した結果,TOEFL が多様な種類の質問から構成されているのに対し,英検は明示的な情報について問う質問が多く,また,センター試験はこれらの中間とも言える特徴をなしていることがわかった(調査1)。さらに,「推論質問」,「テーマ質問」,「文章構造質問」を上位レベルの処理,そして「パラフレーズ質問」を下位レベルの処理とした場合,上位レベルの処理は下位レベルの処理よりも難しいことが示された。また上位・下位レベルの処理の相関は中程度であることがわかった(調査2)。 これらの結果から,質問内容は項目困難度に影響を及ぼす重要な要因の1つであると考えられること,そして幅広い技能を含めたリーディング能力を測定する場合にはさまざまな内容の質問をテストに含めることの重要性が示唆された。
▼キーワード
研究対象
大学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
テスト形式
リーディング指導
研究関連テーマ
テスト形式
パラフレーズ
リーディング指導
テスト・分析方法
TOEFL
一元配置分散分析
英検問題(リーディング)
センター試験
多肢選択式テスト
テューキー法
ピアソンの積率相関係数
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検2級