英検 Jr. オンライン版の使い方の説明を見る

サンプル:ドリル&ゲームをやってみる「もののことば編」ブロンズレベル

サンプル:ドリル&ゲームをやってみる「表現編」ブロンズレベル

サンプル:ドリル&ゲームをやってみる「文字編」ゴールドレベル

テストのサンプル問題にチャレンジ

英検 Jr.の学習はオンライン版で

>特集 授業の補完や家庭学習を活性化させる目的で活用 -慶應義塾中等部 英語科 江波戸 愼 先生-

慶應義塾中等部での英語教育

慶應義塾中等部は東京港区、東京タワーの近くにあります。すぐとなりには慶應義塾大学三田キャンパス、慶應義塾女子高等学校があり、慶應の生徒が多く見られる街です。生徒数は1学年252名、全校生徒約750名の男女共学の中学校です。校風は自由ですが、「自ら考え、自ら行動し、自ら責任をとる」と責任のともなった自由を大切に、生徒と教員がともに考える過程を日々の生活の中で大切にしています。意外と思われるかもしれませんが慶應義塾は、幼稚舎(小学校)から大学まで一貫した英語カリキュラムはありません。それぞれ独自にカリキュラムを作成し、実践しています。内部から進級する者以外に、外部から生徒を募集して、生徒数を増やしていくシステムですので、常に、違う環境で学習してきた生徒が一緒に授業を受けているということになります。幼稚舎からの生徒と外部からの生徒の両方を、指導するためにそれぞれの中学校や高校*であらゆる工夫をしています。

中等部では1学年のうち70名前後が内部進学者です。人数枠や推薦率があるのではなく、希望で進学しますので、年度によって割合は変わります。幼稚舎からの生徒は6年間(1・2年生は隔週で1時間、3年生は週1時間(ティーム・ティーチング)、4・5・6年生は週2時間)英語を学習して入学してきます。幼稚舎以外の出身では、小学校英語が義務化されたと言っても、その実態は様々で(週1時間だったり2時間だったり、月に1時間だったりします。入試枠はありませんが、英語圏からの帰国子女もいます。このような背景から2010年から1年次の2学期からは習熟度別クラス編成を実施しております。2年次、3年次では全員にGTECを、希望者には英検を受検させております。

英語の教員は7名(他非常勤講師日本人1名、外国人5名)おり、授業時間数は、1年生6時間、2年生・3年生5時間です。しかし、選択授業を3年生で実施していますので、希望すればさらに2時間多くなります。ネイティブ教員の授業は、各学年ともこのうち週2時間になりますが、選択授業を履修すれば4時間となり英語のコミュニケーション力に力を注ぎたい生徒はかなりの時間数を履修することが可能です。こうした選択授業が可能なのは自由な校風の一貫でもあり、自主的に学習する習慣のモチベーションにもなっています。

*慶應義塾は「幼稚舎」と呼ばれている小学校が1校、中学校が「中等部」「普通部」「湘南藤沢中等部」の3校、高校は「高等学校」「志木高等学校」「女子高等学校」「湘南藤沢高等部」「ニューヨーク学院」の5校がある。

次ページ   

【特集 オンライン版の活用事例】
- 慶應義塾中等部 英語科 江波戸 愼 先生 -
授業の補完や家庭学習を活性化させる目的で活用

1.慶應義塾中等部での英語学習
2.英検 Jr.オンライン版を利用している理由
3.どのように授業・課題に組み込んだか
4.英検 Jr.オンライン版の効果・メリット
5.英検 Jr.オンライン版の利点

-英検 Jr.オンライン版トップに戻る-