英検 Jr. オンライン版の使い方の説明を見る

サンプル:ドリル&ゲームをやってみる「もののことば編」ブロンズレベル

サンプル:ドリル&ゲームをやってみる「表現編」ブロンズレベル

サンプル:ドリル&ゲームをやってみる「文字編」ゴールドレベル

テストのサンプル問題にチャレンジ

英検 Jr.の学習はオンライン版で

特集 授業の補完や家庭学習を活性化させる目的で活用 -慶應義塾中等部 英語科 江波戸 愼 先生-

英検 Jr.オンライン版を利用している理由

中等部ではコミュニケーションに重きを置く、あるいはコミュニケーション活動が可能なコースが各学年で設定されています。

「英語2」と呼んでいるコースはネイティブ・スピーカーと日本人のティーム・ティーチングの授業を週2時間行い、コミュニケーションを中心とした英語の運用面を鍛えます。

「英語3」は各学年で習熟度に合わせて、1・2年生では2分割、3年生では3分割し、ベーシック・クラスは英文法を中心に、インターミディエイトおよびアドヴァンスト・クラスではリーディングやライティングに重点を置きます。

こうした授業の中で、主に音声学習の補完としての教材および家庭で自主的に学習できる教材を長年検討してきました。しかしながら適切なものが、紙ベースでもコンピュータソフトでも見つかりませんでした。英検 Jr.オンライン版が開発されご紹介をしていただいた際に、パイロット的に実施してみました。採用を決定した理由には4つあります:

1. e-learningであること。上記の通り、コミュニケーション授業としては週2時間程度のネイティブとの授業があっても、それだけでは絶対的に英語の音声を聞く時間が少なく、なかなか効果が上がりません。英検 Jr.オンライン版のラーニングを使えば、各自のペースで多くの英語を聞くことができ、またサーバーにログの履歴が残るため、学習管理がしやすく無駄のない学習が可能であると考えました。

2. 教室以外の場所で、音声シャワーを大量に浴びさせることが可能であること。主に小学生向けであるとのことでしたが、小学校英語と中学校英語を橋渡しできるような楽しい仕掛けをたくさん持ち合わせているため、中学1年生でも飽きることなく学習を進めることができ、特に語彙の増強が期待できると思いました。

3. 各自の学習進度が「トータル・パワー」や☆の数で反映され、自分の学習進度をその都度その場で確認ができること。
目に見える目標があるので、生徒のやる気が変わってきます。結果各自で目標を設定しやすく、また、到達目標に対して達成感を持てると思いました。

4. 教員が自分のパソコンで学習状況を管理できるので、リアルタイムで学習の進捗状況をつかむことが可能なこと。
生徒が単に自習するのでは効果が期待できないでしょう。オンライン版では教員が学校や自宅において管理者画面を通して生徒の学習進捗状況をチェックでき、適切なアドバイスをすることが可能です。また、固定端末パソコンへのインストール式とちがって、インターネットにアクセスできる環境があれば、世界中、24時間、いつでも利用できるので、生徒が自分で考えてペース設定をすることができます。私は課題の締め切りを毎回「日付が変わるまで」と設定しています。


前ページ次ページ   

【特集 オンライン版の活用事例】
- 慶應義塾中等部 英語科 江波戸 愼 先生 -
授業の補完や家庭学習を活性化させる目的で活用

1.慶應義塾中等部での英語学習
2.英検 Jr.オンライン版を利用している理由
3.どのように授業・課題に組み込んだか
4.英検 Jr.オンライン版の効果・メリット
5.英検 Jr.オンライン版の利点

-英検 Jr.オンライン版トップに戻る-