David Gets in Trouble

David Shannon 文・イラスト
ハードカバー: 32ページ
対象:3歳-8歳
発売日:2002年9月

 

今回ご紹介するのは、コルデコット賞の次点にも選ばれたNo,David!に始まるDavidシリーズの第3弾となる一冊です。いたずらばかりして、いつもお母さんや先生に怒られているDavidですが、その腕白ぶりは本作でも発揮されています。Davidが起こられたときに、決まって口にするのがIt's not my fault!(ぼくのせいじゃないもん!)の一言。学校で宿題を忘れたときはMy dog ate my homework!(犬に食べられちゃった!)という言い訳が飛び出します。
そんなDavidははたしてI'm sorry.が言えるようになるのでしょうか。

この本の魅力の一つは、鮮やかな彩色と紙面から今にも飛び出してきそうに生き生きとした、登場人物たちのイラストです。中でも、ページをめくるたびに表情をころころ変えるDavidは、やんちゃでありながらどこか憎めない主人公の性格が見事に体現されています。

名前から推測できるように、この物語のモデルは作者David Shannon自身であり、彼が幼少期に描きためた自画像が元になっています。

 

ほのぼのとしたラストが待ち受ける本作は、親子で楽しめる一冊となっています。『ディビッドがやっちゃった!』のタイトルで邦訳も刊行されているので、ぜひお子さんと一緒に読んでみてください。

 

英語で楽しむ絵本トップへ戻る