2018年度、英検CBT®が変わります。

「英検CBT®」とは?

4技能を1日で測定し、コンピュータによる受験を可能にした英検CBT®。2018年8月より毎月実施し、2級・準2級に加え、3級も導入されます。安河内哲也先生がその特長を4つのポイントで解説します。

4技能を1日で測定し、コンピュータによる受験を可能にした英検CBT®。2018年8月より毎月実施し、2級・準2級に加え、3級も導入されます。安河内哲也先生がその特長を4つのポイントで解説します。

通常の「英検®」と同じ検定試験

英検®=英検CBT®

※Reading、Listening、Writingで一次試験合格の方に、Speakingの二次試験合否を判定します。 ※英検CBTでは一次試験免除、または二次試験(Speaking)免除」の制度はございません。

※Reading、Listening、Writingで一次試験合格の方に、Speakingの二次試験合否を判定します。 ※英検CBTでは一次試験免除、または二次試験(Speaking)免除」の制度はございません。

受験のチャンスが増える

※英検CBTは1回次あたり4回実施していますが、1つの級を受験できるのは1回次につき1回のみです。

※英検CBTは1回次あたり4回実施していますが、1つの級を受験できるのは1回次につき1回のみです。

会場写真:プロメトリック社提供

4技能を1日で受験

3つの級の受験が可能

申込も、受験票も、合否も、すべてWebで

※顔写真を申込時に登録し、顔がはっきりと確認できる必要があります。

※顔写真を申込時に登録し、顔がはっきりと確認できる必要があります。

13都市で実施(予定)

(2019年度から全国展開予定)

(2019年度から全国展開予定)

※変更する場合がございますので、あらかじめご了承ください。
会場数13 都市で実施予定(2019年度から全国展開予定)
検定料決定次第お知らせいたします。
申込期間決定次第お知らせいたします。
試験日程決定次第お知らせいたします。