スピーキングテストの進め方

スピーキングテストは、下記の流れで実施されます。
問題文とイラストが表示されます。 → 問題文を、黙読(声を出さずに読む)します。 → 問題文を、音読(声に出して読む)し、それを録音します。※音読は免除が選択できます。 → 問題文について、質問が出されるので、声に出してそれに答え、録音します。※音声での解答のほか、テキスト入力、介助者による代理タイピング・代理応答が選択できます。 → 受験者ご自身のことについて質問されるので、それに答え、録音します。※音声での解答のほか、テキスト入力、介助者による代理タイピング・代理応答が選択できます。

代理応答・代理タイピングについて

4級・5級スピーキングテストでは、問題文に関する質問に対して受験者が音声を録音する形式をとっています。受験上の配慮のうち、「発話に関する配慮」では、音声での録音が困難な受験者はタイピングによる解答(テキスト入力)を選択できます。さらに、タイピングが困難な場合は、代理の方(保護者・介助者)が受験者の代わりに音声による録音またはタイピングを行う「代理応答」「代理タイピング」が可能です。
実際にステップを確認してみる
配慮の選択に応じた実際のテストの受け方も確認できます。
4級の方はこちら
5級の方はこちら

まずログインして、受験する級を選びます。

英検IDとパスワードでログインします。申し込んだ級のスピーキングテストのみご受験いただけます。
4級・5級のいずれかを選び、「受験する」をクリックすると、スピーキングテストの受け方の説明から始まります。
「受験権利を詳しく見る」を選択すると、あと何回受験できるかを確認できます。

必要な配慮を選択します。

配慮の種類を選択します。

配慮の選択画面が表示されたら、必要な配慮にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

左図の例では、「発話に関する配慮」と「操作に関する配慮」を選択しています。

パッセージ(問題の英文)の音読を行うか免除を希望するかを選択します。

パッセージ(問題カードの英文)の音読を行うか免除を希望するかを聞かれますので、どちらかにチェックを入れます。

(点字を使用する場合)練習用の点字データ(問題カードの英文パッセージ)をダウンロードし、正常に表示されるか確認します。

試験を受けるときの、質問に対する解答方法を「発話」「テキスト入力」「代理タイピング」「代理応答」から選択します。

代理応答・代理タイピング

「受験上の配慮に関する状況確認フォーム」で配慮が必要な理由を選択・入力します。

質問に回答します。

一次試験で受験上の配慮(特別措置)を受けたか、などの質問に回答します。

※選択した配慮や回答内容によっては入力が必要な場合もあります。

回答内容を確認し、「同意する」欄をチェックします。

回答が終わったら、内容を確認し、「同意する」欄にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

スピーキングテストは、下記のように「3つのパート」に分かれて進行します。

①
パソコン、マイクなどテストに使う機器やソフトのバージョンの確認、音量の調整などを行ってください。本サイトでも事前に確認をすることができます。必要に応じて保護者・介助者が手伝ってもかまいません。
②
テストの形式や受け方についてご説明します。
必要に応じて保護者・介助者が、受験者に補足の説明をしてもかまいません。
③
確認した方法に従って、スピーキングテストを受験します。

①のパートでは、テスト前の動作環境の確認をします。

ご使用の環境に問題がないかを確認します。※以下は「音読を行う」「発話で解答」を選択した場合の表示例です。

ポイント ご使用になるパソコンやブラウザ、通信回線に問題がない場合は、すべて「○」が表示されますので、次のステップに進んでください。
注意事項
もし「×」が表示された場合は、該当する箇所が推奨する環境条件を満たしていませんので、設定を確認し、推奨環境を満たす機器やアプリケーション等を別途ご用意ください。

音声が聞き取れる音量の確認をします。

ポイント 音量が小さ過ぎたり、大き過ぎたりしないように、受験者にとって一番聞きやすい音量に調整してください。
注意事項
音声が再生されないときは、パソコンの設定をもう一度確認してください。

録音用マイクの音量(発声)を確認します。

ポイント 録音がうまく行われているかどうかを確認します。マイクのイラストの横にあるバーが緑色になるくらいの声で、10秒以内に「Hello! How are you?」と話してください。
注意事項
音量が緑色に達しないときは、パソコンの設定をもう一度確認してください。

録音した音声の音量を確認します。

ポイント 録音した音声を再生して、正しく聞き取れる音量になっているかを、実際に聞いて確認します。
注意事項
もし音声が聞き取れないなど、音量が小さかったときには、「もう一度録音する」ボタンで前の画面に戻って、再度録音をやり直してください。
※「テキスト入力」または「代理タイピング」を選んだ場合は、テキスト入力ができるかの確認があります。

②のパートでは、テストの各画面について解説します。
※以下は「音読を行う」「発話で解答」を選択した場合の表示例です。

1.面接委員の指示で進行します。

ポイント 面接委員の指示に従ってテストを進行します。「聞くことに関する配慮」を選んだ場合は、進行上の指示文や面接委員の質問は字幕で表示されます。

2.テストで使用する問題カードを紹介します。

ポイント 問題カードには、英文が載っています。この英文全体を「passage(パッセージ)」と呼びます。

3.問題カードの文章を黙読(声を出さずに読む)してみましょう。

面接委員が以下のセリフを英語で言います。First, please read the passage silently for 20 seconds. (20秒で、このパッセージを声に出さずに読んでください。) ポイント 「silently:静かに、声を出さずに」「read silently:黙読する」「for 20 seconds:20秒間で」 ポイント 実際に20秒間でパッセージを黙読してみましょう。無理のないスピードで、黙読できるかを確認します。

4.面接委員の質問が分からないときは、2回までやり直すことができます。

ポイント 面接委員の質問が分からないときは、やり直すことができます。あわてずに、「もう一度聞いてやり直す」ボタンで、やり直してください。

5.問題カードの文章を音読(声に出して読む)し、録音します。

面接委員が以下のセリフを英語で言います。All right.  Now, please read it aloud. (声に出してパッセージを読んでください。) ポイント 「aloud:声に出して」 「read aloud:音読する」1分間でパッセージを声に出して読んでみましょう。※ 面接委員からの指示のあとにマイクのアイコンが出てから音読します。※音読の時間は、選択した配慮により異なります。 無理のないスピードで、音読できるかを確認します。 ポイント 面接委員の声が聞き取れなかったときは、やり直すことができます。「もう一度聞いてやり直す」ボタンで、もう一度聞くことができますが、先に録音した音声は残りませんので、再度録音し直す必要があります。

6.面接委員の質問を聞いて、問題カードを見ながら答えを録音します。

発話で解答する場合 ポイント 面接委員の質問の答えは、問題カードを見ながら答えます。質問をよく読んで、何を問われているかに集中しましょう。 代理応答・代理タイピングで解答する場合 受験者は90秒以内で解答を代理の人に伝えます。その後右の枠内のボタンを押し、代理の人が解答を録音(入力)します。 ポイント 相談方法は、口頭でも筆談でもかまいません。また、制限時間終了前に相談が終わったら、ボタンを押して解答を始めてもかまいません。 ポイント 面接委員の声が聞き取れなかったときは、やり直すことができます。「もう一度聞いてやり直す」ボタンで、もう一度聞くことができますが、先に録音(入力)した解答は残りませんので、再度録音(入力)し直す必要があります。

7.[5級のNo.3]、[4級のNo.4]では、あなた自身についての質問に対し、答えを録音します。

ポイント 質問にはあわてずに、的確に答えることを心がけましょう。また、時間内に答えられるようにしましょう。

③のパートでは、実際にテストを受けてみましょう。

ポイント 保護者が手助けしてよいのは、テスト環境のチェックまでです。受験者ひとりでテストを受けてください。 ポイント テストは静かな環境で受験しましょう。スピーキングテストは短時間ですが、そのときに録音する音声の妨げになるような大きな音が混入する環境、時間帯は避けるようにしましょう。

テスト中のトラブルを避けるには?

テスト中、騒音や機器類・回線の不具合、受験者の操作ミスがないよう「スピーキングテストのよくあるご質問」を参照の上準備してください。
実際にステップを確認してみる
配慮の選択に応じた実際のテストの受け方も確認できます。
4級の方はこちら
5級の方はこちら

受験上の配慮の種類について

受験上の配慮は、主に以下の4つに分かれます。配慮によって、使用する機器の機能や試験構成の変更、解答時間の延長で対応しています。
延長時間は、選択した配慮の組み合せによって異なります。