英検2・準2級 & センター試験
一石二鳥の英語対策講座

英検2級または準2級の合格を目指しながら、大学入試センター試験英語でも高得点をねらいましょう。
全10回の連載で、真の英語力を鍛える効果的な学習法を伝授していきます。

第5回 センター英語リスニング 第4問B

はじめに

 さあ、2学期が始まりましたね。新しい気持ちで、英語の勉強も頑張っていきましょう。今回はセンター英語リスニング試験の第4問Bを取り上げます。第4問Bはやや長め(約200 words)のトーク(一人語り)を聞いて、その内容に関する3つの質問に答える形式です。

 第4問Bの問題の類題は英検2級・準2級のリスニング試験にはありませんが、準2級の筆記試験をうまく活用することで、対策をすることができます。今回はその方法をご紹介しましょう。

設問の質問文のみ先に読んでおく

 では、さっそく、センター試験の第4問Bを見てみましょう。

[ 平成25年度 センター試験(本試験) 英語リスニング 第4問B 問23-25 ]

これから流れる英語を聞き、それぞれの問いの答えとして最も適切なものを、四つの選択肢(1~4)のうちから一つずつ選びなさい。
聞き取る英語は、2回流れます。

 

問23 Which way of collecting is described by the speaker?
1) Buying items from Internet auctions.
2) Ordering items from TV shopping channels.
3) Receiving presents from friends and family.
4) Trading items at events for fans.

 

問24 What problem with collecting does the speaker talk about?
1) Collections may take up too much space.
2) Family members may worry about collectors.
3) People spend too much money on items.
4) Some people fear losing their collections.

 

問25 According to the speaker, how can people benefit from collecting?
1) They may appear on television shows.
2) They may feel happier and more secure.
3) They may increase their income by selling their items.
4) They may leave their collections to their children.

 

 いかがでしたでしょうか。長かったですね。昼食後の英語の授業だったら、いい眠り薬になりそうですよね。あなた自身も、今まで何かをコレクションした経験があるのではないでしょうか。そんなことを少しでも思い出しながら聴けた人は、「攻め」のリスニング(第4回を参照)ができた証拠ですね。

 さて、第4問Bでは、200語前後のトークを約1分半の間、聴き続けなければなりません。その集中力をつけるための有効なストラティジー(戦略)を2つ、皆さんにお教えしましょう。

 1つ目は、問23-25の設問の質問文だけを先読みし、何を聴き取ればいいのかを知っておくことです。頭の中に「待ち受け画面」を作っておくイメージです。前回の第4問Aの対策で指摘したように、これが「攻め」のリスニングをするための最初の、かつ大きな一歩です。

 3つの設問の質問文は、第4問の指示文が流れている間に目を通しておきます。このとき、選択肢を読んではダメです。誘惑に負けて見たくなりますが、我慢してください。選択肢を見るのは、1回目の本文を聴き終えた後、解答を選ぶときが最初です。

 本問の場合、設問の質問文を先読みすると、以下の3つの情報を聴き取ることができればいいことがわかります。

    1) (問23) 話し手がどんな方法でコレクションをしているか。
    2) (問24) コレクションにはどんな問題点があるか。
    3) (問25) コレクションの利点は何か。

 これによって、話の展開すら予想できますね。これこそが、「攻め」のリスニングなのです。

 もう1つの戦略は、たとえ全部聴き取れなくても「聴けたところだけで勝負できる」と信じることです。いや、むしろ全部を聴き取る必要はないと思っていたほうがいいでしょう。

 トークで使われる文章には、一般に余剰性 (redundancy) が多く含まれます。余剰性とは、同一の内容を言い換えたり、具体例を示したり、くり返したりすることです。したがって、部分的に聴き取れなくても、聞き手は余剰性を活用して全体像を描くことができるのです。

 センター試験では、筆記・リスニングを問わず、全体像が描ける(概要や要点を把握する)ことがとても大切です。実際、私も本問の後半に出てくる ‘They say we all experienced uncertainty as children or wanted things we could not have, . . .’ の部分は上手く聴き取れませんでした(まだまだ修行が足りませんね)。でも、直後の ‘collecting may give us a greater sense of control over our lives.’(「コレクションは我々に自己管理の感覚を与えてくれる」) を聴き取れたおかげで、問25は正解できました(ここは言い換えの選択肢です)。

[ Script ]
 There are many kinds of collections and reasons why people build them. People enjoy spending time and money gathering, organizing, and displaying almost anything. A serious collector can even have a career as a respected expert.
 Some people love certain musicians, movies, or TV programs so much that they must have any items associated with them. Collectors meet other fans, trade information online, and compete to see who has the biggest and best collection.
 Other people may start a collection by accident. For example, suppose a friend gives you a toy whale souvenir and you keep it on your desk. Then, your mother notices it and gives you an umbrella with a whale design. Your collection continues to grow by itself as others give you similar gifts. It may take over your home if you aren't careful!
 Collecting may also have a deeper meaning. Some researchers believe it begins with childhood psychological needs. They say we all experienced uncertainty as children or wanted things we could not have, so collecting may give us a greater sense of control over our lives. Whatever the motivation may be, collecting is a satisfying and enjoyable hobby for many people.

[ Words & Phrases ]
so much that they must have any items associated with them.
「とても好きなので、それら(好きなミュージシャンや映画やテレビ番組)に関係するグッズをなにか持っているにちがいない」(so~that構文)
suppose ~ 「~と仮定してみて」(=if),
take over 「占める」
uncertainty 「不確かさ・不安定」
Whatever the motivation may be ~ 「動機はなんであっても、」 (No matter what the motivation may be ~ も同意)

1度しか読まない覚悟と集中力で多読する

 リスニングの試験では、少しぐらい聴き取れないところがあっても気にせずに、その曖昧さに耐えながら、最後まで集中力を維持できるようになることが大切です。そのために効果的な練習法をご紹介しましょう。

 それは、英検準2級レベルの少しやさしめの長文を、リスニングを意識して、一度しか読まない覚悟と集中力を持って読むことです。その際には、制限時間を設けるといいでしょう。視線は絶えず左から右、上から下へ、後戻りせずに読むことを心がけます。この読み方をしていると、意味が取れない部分が出てきます。そこは保留したまま先へ先へと読み進めましょう。大事なことは、この未消化の部分や曖昧な部分を抱えたまま読み進め、全体の大枠をつかむことができるかどうかです。

 ここで、英検の登場です。

 センター英語リスニング 第4問Bの対策には、英検準2級の筆記試験の5Bの読解問題を活用してみましょう。「え、リスニングじゃないの?」という声が聞こえてきそうですね。先ほど述べたとおり、センターの第4問Bで問われるリスニング力は「文章の読解力」に支えられています。また、センターの第4問Bで使われる英文は、英検2級・準2級のリスニング問題で使われる英文よりもかなり長いため、長文に慣れる必要があるのです。

設問を読めば概要が予測できる!

 では、さっそく英検準2級の大問5Bを使って練習してみましょう。実際に解き始める前に、以下の点に注意して下さい。

    ① 制限時間は2分15秒。
    ※本番のセンター試験では、リスニング第4問Bは約200語の英文を1分半ぐらい聴かなければなりません。英検準2級の5Bの読解問題は約300語の長さなので、2分15秒という制限時間を割り出しました。

    ② ストップウォッチをスタートさせる前に、設問に目を通し(選択肢は見てはいけませんよ)、何を読み取ればいいのかをつかむと同時に、文章全体の内容を予測する。

    ③ ①をくり返す(センター試験では英文は2回流れるため)

 では、始めましょう。

[ 2013年度第1回実施 英検準2級大問5B (42)-(45) ]

英文の内容に関する質問に対して最も適切なもの、または文を完成させるのに最も適切なものを1, 2, 3, 4の中から一つ選びなさい。

 A New Kind of Park

  In many large cities, building parks and green spaces for the people who live there is very difficult. This is especially true in crowded places like New York City, where land for parks not only costs a lot but is also hard to find. For this reason, New York City has been finding creative ways to build new parks. One park, for example, has been built high above the streets on an old railroad line that is no longer being used. Now, people are even talking about an idea for a new park under the ground.

  A group in New York City is planning to build a park in an old underground trolley depot.* The city used the depot between 1903 and 1948, but it has been empty since then. It is known as the Delancey Underground, and the group believes that the new park would help to create a relaxing public space in the crowded part of New York City called Manhattan.

  The park's designers, Dan Barasch and James Ramsey, have found a way to allow trees and plants to grow underground. Their idea is to use natural light. They are planning to use a new technology that can send natural light through cables. The designers say that this will give trees and plants enough light to grow in the park.

  Because the park would be located underground, it would be possible to hold events there throughout the year. The designers hope that, in addition to usual park activities like picnics and walking dogs, people could enjoy art exhibitions and other events in all kinds of weather. It may take a few years for the Delancey Underground park to be built, but if Barasch and Ramsey are successful, New York City will be home to the world's first park below the ground.

* trolley depot: 路面電車の車庫

(42) What is one problem New York City has?

1 The ground is too soft to build parks on.
2 People do not want to go to parks anymore.
3 Many of its old parks can no longer be used.
4 It is difficult to find enough space to build parks.

 

(43) The Delancey Underground

1 has not been used for many years.
2 was sold by the city government in 1948.
3 is one of the most crowded places in Manhattan.
4 was not big enough for trolleys.

 

(44) What problem will Dan Barasch and James Ramsey solve by using new technology?

1 How to move an old city park underground.
2 How to pay for a new public space.
3 How to grow trees where there is not enough light.
4 How to hide the cables used in the park.

 

(45) What will be one advantage of the underground park?

1 People will not lose their pets.
2 Events can be held there in bad weather.
3 It can be built quickly and cheaply.
4 There will not be much noise.

 

 いかがでしたでしょうか。2分15秒というのは厳しかったでしょうか。でも、設問を読むだけで、「ニューヨーク市が現在抱えている問題が、地下に公園を造ることで解決するかもしれない」という概要が予測できてしまったのではないでしょうか。

[ Words & Phrases ]
第1パラグラフ
In many large citiesは副詞句「多くの大都市では」
building parks and green spacesが主語で、受ける動詞はis
第4文のthat is のthatは関係代名詞で先行詞はrailroad line
no longer ~ 「もはや~ない」

第2パラグラフ
the crowded part of New York City called Manhattan 「マンハッタンと呼ばれるニューヨーク市の混雑した部分」

第3パラグラフ:
have found a way to allow trees and plans to grow undergroundでは、to allow以下は直前のa wayを説明。allow A to BでAがBするのを可能にする。したがって、「木や植物が地下でも成長できるようにする方法を見つけた」

第4パラグラフ:
in addition to ~ 「~に加えて」
It takes A for B to do = Bが(do)するのにA(時間が)かかる

まとめ

 このように、英検の読解問題は、センター試験のリスニング対策にも活用できます。よく考えてみれば、リスニング問題はネイティブスピーカーが「書かれた英語」を声に出して読んでいるのですからね。英検の良質な問題をうまく活用して、センター試験対策にも活かしましょうね。

 センターのリスニング対策は今月号で終わりです。次回からは、センターの筆記問題について、読解対策から始めたいと思います。お楽しみに!

Profile

柳川 浩三 (やながわ・こうぞう)

法政大学理工学部准教授。Ph.D(ベッドフォードシャー大学大学院(英国)。日本大学文理学部英文学科卒。神奈川県立高校の英語教師として25年間勤務したのち、現職。専門は英語リスニングおよび言語テスト。趣味は剣道(現在、剣道錬士六段)。