英検2・準2級 & センター試験
一石二鳥の英語対策講座

英検2級または準2級の合格を目指しながら、大学入試センター試験英語でも高得点をねらいましょう。
全10回の連載で、真の英語力を鍛える効果的な学習法を伝授していきます。

第7回 センター英語筆記 第6問 part2

はじめに

 センター試験まであと2か月半ですね。先月はセンター英語第6問対策の第1回目として、パラグラフの読み方を練習しました。今月はその続編として、「複数のパラグラフがどのような論理関係で結ばれているか」に注意しながら読む練習をします。そうすることで、速く、そして正確に英文が読めるようになりますよ。さあ、がんばっていきましょう。

実際の問題に挑戦!

 先月号に引き続き、平成24年のセンター英語第6問を解いてみましょう。

[ 平成24年 センター試験(本試験) 英語筆記試験第6問 (一部抜粋) ]
 ※実際の試験では、設問はA問1~問5、Bがある。

第6問 次の文章を読み、下の問い(A・B)に答えよ。なお、文章の左にある(1)~(2)は段落の番号を表している。
(配点 36)

(1)  A high school student has a science test on Monday but spends most of the weekend playing video games and does not start studying until late Sunday night. This kind of avoiding or delaying of work that needs to be done is called procrastination. It has been estimated that up to 95% of people procrastinate at least sometimes, and about 20% of them do it too much. Traditionally, people who procrastinate have been considered lazy, but research tells us that this is not true. Learning about the roots of procrastination can help us understand why most people do it to some extent and also help us decrease our own procrastination. Although researchers do not agree on all the reasons behind procrastination, there is general agreement about some factors that can explain it.

(2)  The first factor is how pleasant or unpleasant people find a task. Research shows that people will put off tasks they find unpleasant. Many high school students may delay cleaning their rooms or doing their homework. However, many might not delay doing such tasks as responding to a friend’s email. It is important to remember that whether or not a task is pleasant depends on the individual. For example, someone who loves bicycles might not delay fixing a punctured tire while someone who does not may put it off.

(3)  In addition to how people feel about the job at hand, the amount of confidence they have in their ability to do a task is also related to procrastination. For instance, those who have low expectations of success are more likely to postpone starting a particular job. Conversely, those who believe that they can perform well are more likely to take on challenging tasks rather than avoid them. It should be noted, though, that some counselors argue that too much confidence can also lead to procrastination: some people overestimate how easily they can do a particular task and start too late.

(4)  Another factor is whether or not people can exercise self-control. Those who have less self-control can easily be drawn away from their work. Accepting an invitation to sing karaoke on a night when you planned to start working on a presentation could be one example. Self-control, or the ability to resist temptation and stick to a plan, is something many of us struggle with. Interestingly, age is said to be associated with self-control. Research shows that the older people become, the less likely they are to delay doing their work until the last minute.

(5)  Lastly, there is a link between procrastination and how long people must wait before they see the reward for an effort. For instance, studying hard in school might not give high school students any immediate rewards; what they learn might not seem useful to the present. However, studying can provide them with rewards in the future like the knowledge or skills necessary to pursue their dreams. Sometimes, it is hard to see the benefit of making an effort when the reward is too far away. This can explain why many people do not start saving money for their old age when they are young.

(6)  What are the roots of your procrastination? Because the behaviors described here seem common to most people, you do not need to completely change your habits if you only procrastinate once in a while. On the other hand, if you feel that your procrastination is a problem, the first step to reducing it is identifying the reasons behind it. Self-help books and websites give numerous techniques for overcoming procrastination, but it is only by understanding the roots of the problem that you can choose the appropriate method for yourself.

A 次の問い(問1~5)の[46]~[50]に入れるのに最も適当なものを,それぞれ下の①~④のうちから一つずつ選べ。
  ※問1~4は省略

問5 The author’s main argument is that [ 50 ].
① many people agree about the four explanations of procrastination
② people who procrastinate are no longer thought of as lazy
③ procrastination has become problematic in our society
④ we can manage our procrastination by understanding its sources

 

全体を貫く論理構成をつかむ

 いかがでしたか? 問5では、筆者の主張(main argument)を問うています。問1~問4は各パラグラフ内の主張をつかめば正解できる問題でしたが、問5では、複数のパラグラフを通じて筆者が最も言いたいことをつかまないと正解できません。その意味で、問5は問1~問4とはアプローチ法が異なります。

 筆者が一番伝えたいことは、英文全体の「流れ」に乗って主張されます。その流れとは、言い換えると「英文全体を貫く論理構成」のことです。この問題文の場合は、結果(何かをするのを先延ばしにしてしまうこと)とその原因(第2パラグラフ~第5パラグラフまでの4つの原因)という論理構成がとられています。整理しておきましょう。

第1パラグラフ 結果 我々が「何かを先延ばしにしてやらないこと」には、いくつかの原因がある。
第2パラグラフ 原因1 やるべきことが本人にとって面白いかつまらないかに左右される。
第3パラグラフ 原因2 やるべきことに対する本人の自信の有無に左右される。
第4パラグラフ 原因3 本人の自己管理能力に左右される。
第5パラグラフ 原因4 やることによる報酬がすぐ得られるかどうかに左右される。
第6パラグラフ まとめ 先延ばしにしようとする原因を突き止めることが重要である。

 つまり、筆者は、「何かを先延ばしにしてやらないでいること」の原因を大きく4つ挙げて、「その原因を特定することで、先延ばしをしないようになる」ということを主張したいのです。

 したがって、問5の正解は④we can manage our procrastination by understanding its sources (我々は何かを先延ばしすることの原因を知ることでそれに対処できる)以外に考えられません。しかし、全体の流れがつかめていなければ、他の選択肢の①や③も正解に見えてしまうのです。

ディスコースマーカーで流れをつかむ

 全体の流れ(論理構成)をつかむ上で重要なヒントになるのが、ディスコースマーカーです。説明文や批評文の書き手は、しばしば、論理の流れを示すつなぎ言葉を用います。そのつなぎ言葉は、一般に「ディスコースマーカー(discourse marker)」と呼ばれ、読者を書き手の思考の流れへと導いてくれます。例えて言うならば、道路標識です。我々読者は、道路標識を追っていくことで、道に迷うことなく、書き手の主張にたどり着くことができるのです。

 ディスコースマーカーには次のようなものがあります。

目的 ディスコースマーカー
付け加える in addition (additionally), besides, furthermore, moreover, also, another (explanation, reason, solution)
原因・理由など複数列挙する first of all, to begin with, first, second, next, also, third, lastly
2つ以上のものを比較・検討する on one hand, on the other hand, by contrast, through comparison with, while, whereas

 先ほどのセンター試験の問題文を見てください。第2パラグラフ~第5パラグラフの冒頭がすべて、ディスコースマーカーで始まっていることに気がついたでしょうか。The first factor ~(第1パラグラフ)、In addition to ~(第2パラグラフ)、Another factor ~(第3パラグラフ)、Lastly ~(第4パラグラフ)です。付加・列挙のディスコースマーカー(表2参照)が使われているということは、この4つのパラグラフが並列関係に置かれ、それぞれが「何かを先延ばしすることの原因」の説明になっていることを示しています。

 こうして全体像が見えることにより、気持ちに余裕が生まれれば、第6問は攻略できたも同然です。

英検2級の問題で練習しよう

 英文全体の流れを見通す力をつけるには、やはり日頃からの練習が欠かせません。その材料としてピッタリなのが、英検2級の大問4(B)(C) の問題です。なぜなら、大問4(B)(C)の問題文には、センター英語第6問と同様に、しっかりとしたパラグラフ構造を持つ英文が使われているからです。英文全体の主張をつかめば正答できる点も、共通しています。

 では、さっそく解いてみましょう。

[ 2013年度第1回 英検2級大問4B (一部抜粋) ]

英文の内容に関する質問に対して最も適切なもの、または文を完成させるのに最も適切なものを1, 2, 3, 4の中から一つ選びなさい。

 Learning from One's Mistakes

  When Bette Nesmith Graham dropped out of high school in the United States, few people would have guessed that one day she would become a millionaire. Graham got a job as a secretary and took classes at night to finish high school. She was good at her job and eventually became a secretary at a bank. At this time, in the 1950s, electric typewriters had just been invented, and secretaries were finding it difficult to get used to them. Because it was almost impossible to erase mistakes, Graham and her co-workers often had to retype a whole page just because of one mistake.

  One day, Graham was watching some painters who were decorating the bank's windows for Christmas. She noticed that when they made a mistake, they painted over it instead of going to the trouble of wiping it off. This gave her an idea. When she went home, she mixed together some paints until she had created a liquid that was the same color as the office's paper. At work, she used this liquid to paint over her mistakes and typed over them when it dried.

  Soon, other secretaries began asking Graham for some of the liquid. She filled more bottles and gave them out. She called her invention Mistake Out, and after the liquid became more popular, she decided to start a business from her home. She worked hard to make her product better and began selling it. Eventually, the bank found out about her business, and she lost her job. However, this gave her more time to work on building up her company.

  In 1956, she renamed the product Liquid Paper. By 1968, she was selling a million bottles of it a year. Although Graham was very successful, she was not only interested in making money. She also wanted to help other women in the workplace, so she set up a library and a childcare center in her factory. She also used some of her fortune to create two organizations to help women find new ways to get jobs. Although typewriters have now been replaced by computers, Liquid Paper still remains popular as a convenient way to correct mistakes in handwritten documents.

(37) What was one problem Bette Nesmith Graham had in the 1950s?

1 People did not think she was a hard worker.
2 Typewriters were still very expensive to buy.
3 She spent a lot of time typing pages over again.
4 She was too busy to get a high school degree.

 

(38) The painters at the bank

1 lent Graham some paints for her invention.
2 washed the bank's windows with a new cleaning liquid.
3 taught Graham a way of making Christmas decorations.
4 made their job easier by covering over their mistakes.

 

「問題・解決」型の論理構成をつかむ

 いかがでしたか? 自分の前に立ちふさがる問題を解決し、それを肥やしにして人間的にも経済的にも成長したタイピスト、Bette Nesmith Grahamの生き方が垣間見えたでしょうか。

 さあ、問題文全体の論理構成を見ていきましょう。

第1パラグラフ 問題1 一つのミスで全文を打ち直さなければならない電動タイプライターが煩わしかった。
第2パラグラフ 解決1 タイプミスの部分的修正で済む特殊な液体を商品開発した。
第3パラグラフ 問題2 勤め先の銀行に副業が発覚し、会社を解雇された。
第4パラグラフ 解決2 自分のビジネスに没頭した結果、 Liquid Paper が爆発的に売れ、その収益で働く女性のための施設を作った。

 この文章は、「問題・解決」型の論理構成と言えるでしょう。彼女が最初に出会う問題(問題1)は、第1パラグラフで述べられる「一ヶ所のタイプミスで全文を打ち直さなければならない煩わしさ」です。最終文のGraham and her co-workers often had to retype a whole page just because of one mistake. がそれを示していますね。このトピックセンテンスを理解することと、全体の論理構成を把握することが、問(37)の正解に直結しています。What was one problem Bette Nesmith Graham had in the 1950s? の質問より明らかでしょう。

 この問題に対する解決法を提示するのが、第2パラグラフです。ある日、自分の勤務する会社の窓にクリスマスの装飾を施しているペンキ屋を見て、彼女はいいアイデアを思いつきます(解決2)。したがって、問(38)の正解は、The painters at the bank made their job easier by covering over their mistakes. となります。

 この第1パラグラフと第2パラグラフの関係―問題・解決型―は、第3パラグラフと第4パラグラフの関係にも引き継がれています。銀行を辞めざるを得なかった彼女(問題2)は、Liquid Paperの開発に没頭できる時間が増えたので、結果的に銀行勤務時代に得ていた収入よりも多くの収入を得ることになるのです(解決2)。

 人生は、一寸先は闇。何が起こるかわからないものです。わかっていることは、「成功を収めるには、日々の努力がとても大切だ」ということぐらいでしょうか。受験勉強や英検の勉強も同じですよね。みなさんも、Liquid Paperを使いながら、日頃の努力を積み重ねてくださいね。来月は、センター英語第3問Cを取り上げます。どうぞ、お楽しみに!

Profile

柳川 浩三 (やながわ・こうぞう)

法政大学理工学部准教授。Ph.D(ベッドフォードシャー大学大学院(英国)。日本大学文理学部英文学科卒。神奈川県立高校の英語教師として25年間勤務したのち、現職。専門は英語リスニングおよび言語テスト。趣味は剣道(現在、剣道錬士六段)。