協会TOP通信講座TOP12の鉄則で始める英文Eメール初級講座

ポイント1:12の「~ べし!」で基本をおさえる!

まずは「鉄則編」で現代のビジネススタイルにおいて、必須となるEメールの書き方を「12の鉄則」にまとめ、実例を交えながら解説します。 英語でEメールを書くことに抵抗を感じている方も、「12の鉄則」に気をつけて書くことで、最低限の意図が正しく相手に伝わるようになります!

ポイント2:24の実践的な応用フォーマットをマスター!

「実践編」では、ビジネスで使う頻度の高い英文Eメールの用途別に「資料請求」から「提案書」まで、24の目的別にマスターします。
テキストの特徴は、良い例の“Model Example”とあわせ、実際にやってしまいがちな悪い例の“Bad Example”も紹介するので、正しい例だけ学ぶよりも、断然理解が深まります。

また、文法解説や応用表現、関連語彙を紹介したコラム「使える!英語表現」も役立ちます。

ポイント3:とにかく書いてみる!
ワークブック

毎週、学習の4日目には、メインテキストで学習した内容を確認・定着させるワークブックによるトレーニングとなります。ワークブックは、

  • Section1:語彙
  • Section2:役に立つ表現
  • Section3:英作文
  • Section4:Eメールの作成

と、4つのSectionで構成されています。
単語、役に立つ表現、英作文、Eメール、と徐々に英文を書いていきますので、英語が苦手な方でも自然とメールが書けるようになっています。

ポイント4:提出課題はネイティブが添削!!

この講座は1ヶ月に1回、全3回の提出課題があります。Webサイトにて指定の課題を提出すると、ネイティブの講師が添削して、フィードバックいたします。

テキスト・ワークブックで学んだ成果をネイティブに添削してもらうことで、自分の英文に自信がもてるようになり、メールを書くことへの抵抗がなくなります。

ポイント5:すぐに使えるフォーマット集も!

さらに、Web上からMicrosoft社のWord文書でダウンロードできる、「英文Eメール&レターフォーマット集」もご用意。仕事で英文メールを書かなければ!というときに便利に活用できます。

テキストには、さまざまなビジネスの場面ですぐに使えるフレーズ集“Useful Expressions”全165フレーズを掲載していますが、これにネイティブナレータ吹き込み音声をつけたeBOOK「すぐに使える英文Eメールフレーズ集」も利用可能です!

※eBOOKは通信講座提携先の産業能率大学のSanno Web Support 上でご利用いただけます

講座ご購入

「12の鉄則で始める英文Eメール初級」講座のご購入はこちら!


お問い合わせ・資料請求

下記お問い合わせフォームをご利用ください。
●お問い合わせ・資料請求 : 通信講座
[an error occurred while processing this directive]