お知らせ

(大学入試課ご担当者様向け)TEAPスコアとCEFRとの対応関係の変更のお知らせ

2018年05月21日

 平素より大変お世話になりましてありがとうございます。

 このたび文部科学省より大学入試英語成績提供システムへの参加要件を満たす英語外部検定試験が発表されました。あわせて文部科学省開催の「英語の資格・検定試験とCEFRとの対応関係に関する作業部会」にて検討されてきたCEFR対照表(平成30年3月版)も発表されました。この対照表制作にあたり、文部科学省から各試験団体への指示があり、あらためて試験スコアとCEFRレベルとの対比作業が行われました。

  今回この作業を通じて、TEAPスコアとCEFRの対応関係に変更が発生いたしましたのでお知らせいたします(TEAP CBTについては変更ございません)。なお、今回の変更はTEAPスコアとCEFRの対応関係のみとなり、TEAPの試験自体の難易度やスコアについては一切変更ございません。

 新たなTEAPスコアとCEFRの対応関係につきましては以下をご参照いただき、入学者選抜にCEFRレベルに応じたTEAPスコアを活用されている大学様につきましては、指定スコアの変更をご検討いただきますようお願いいたします。

 TEAPスコアレポートにつきましては、2018年度以降の受験者様には新対照表に対応したものが発行されます。2017年度以前の受験者様でご希望の方には2018年5月14日より新対照表対応のスコアレポートと交換を予定しております。
詳細につきましてはこちらをご参照ください。

 

本件につきましてご不明な点がございましたら以下までお問い合わせください。

 

連絡先:日本英語検定協会 教育事業部 4技能推進課
TEL:03-3266-8486 e-mail:support-kokusai@eiken.or.jp