第31回「英検」研究助成 入選者が決定しました。
11名の方が入選されました。おめでとうございます。

[2018年7月14日(土)助成金贈呈式の様子 於アルカディア市ヶ谷]



第31回入選テーマ

【研究部門 1件】
「Note-taking organizerを用いた読解測定法の提案ー読み手の心的表象に基づいてー」
 筑波大学大学院 在籍 川島 葉月

【実践部門 7件】
「次期学習指導要領における3つの資質・能力を測るスピーキング評価ルーブリックの有用性」
 東京大学教育学部附属中等教育学校 教諭 樫尾 文雄

「英語での知識構成型ジグソー法の効果を最大限に引き出す日々の帯活動と言語活動」
 埼玉県教育局県立学校部高校教育指導課 指導主事 鈴木 誠

「母語話者と文字によるコミュニケーションを行うことによる使用語彙と構文に与える影響」
 名古屋大学大学院 在籍 高瀬 奈美

「高校における三角ロジックを利用した思考力向上を目指す指導の提案~新学習指導要領に基づいて~」
 早稲田大学本庄高等学院 教諭 細 喜朗

「中学生の英文読解における再話の効果」
 東京都葛飾区立四ツ木中学校 教諭 前田 宏美

「実践的な学術英語能力習得のための大学ライティング教育の実践:TBLTのライティング教育への導入」
 ハワイ大学マノア校 在籍 松谷 優花

「発信力・対話力の向上を目指した高大連携の英語授業プログラムの開発」
 東京学芸大学附属高等学校 教諭 光田 怜太郎

【調査部門 3件】
「語彙知識の多面性に基づく語彙学習方略と語彙力の関係性:スピーキング能力の観点から」
 ハワイ大学マノア校 在籍 江口 政貴

「新学習指導要領での文字指導を念頭においた小学校英語教材と中学検定教科書のライティング活動の分析」
 ニセコ町立ニセコ中学校 教諭 中村 洋

「教室におけるPaired oral testの診断的評価および学習者の受容に関する調査 ―混合研究法を用いて ―」
 早稲田大学大学院 在籍 松村 香奈