英語技能別一覧 EIKEN BULLETIN 英検 研究助成 報告書

表示を絞り込む

選択条件をクリアする

キーワード検索

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

「外国語活動」と「小学校英語」をつなぐ,評価のあり方について
―到達度テストによる授業改善と指導と評価の一体化をめざして―

北海道/中富良野町立中富良野小学校 教諭 久保 稔

▼研究概要
本研究は,外国語活動の良さを生かしつつ,評価規準と単元テストを活用した実践を通して,「慣れ親しむ活動から身に付く活動」へと円滑に移行させる方策についての研究である。  平成23年度より,小学校の第5・6学年で外国語活動が必修化され3 年が経過した。コミュニケーション能力の素地の育成をめざし,全国各地でさまざまな実践が行われている。その外国語活動が,現在教科化に向けて議論が行われるなど,転換期を迎えている。これまで同様,コミュニケーション能力の素地を養うという基本路線は変わらないが,以下の点が変更になる。  ⑴ 授業時数の増加(週1時間から週3時間へ)  ⑵ 検定教科書の導入  ⑶ 話すこと・聞くこと中心の指導から,読むこと・書くことを含めた4技能の育成  外国語活動が教科になるときに,懸念されることの1 つに評価が挙げられる。これまでは,教師による行動観察や自己評価シートなどを活用した「主観的な評価」が行われてきた。しかし,教科になる以上,これまでの評価に加えてテストなどを活用した「客観的な評価」も必要になると考える。そこで,聞くことや話すことについての技能を見取るために,この2つの能力にかかわる確認テスト(到達度テスト)を用いた評価方法について提案していきたい。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
小学校英語活動
研究関連テーマ
学習指導要領(小学校)
テスト・分析方法
到達度テスト
必要技能
リーディング
リスニング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

バックグラウンドノイズがリスニング理解度に与える影響の検証

茨城県/筑波大学大学院 在籍 藤田 亮子

▼研究概要
本研究は,リスニング音声に付加されたバックグラウンドノイズが日本人英語学習者のリスニング理解にどのように影響を与えるかを,ノイズのレベル,学習者の熟達度,リスニング問題の難易度に焦点を当て検証した。協力者102名は,3種類の難易度で異なる度合いのノイズが付加されたリスニング問題に回答した。その結果,ノイズのついた音声は,ノイズの度合いが小さい場合,学習者の熟達度を測定することに適していることが明らかになった。第二に,ノイズの影響は熟達度や問題の難易度により異なるものの,ノイズのレベルが大きいほど,学習者のリスニング理解度が低くなった。第三に,熟達度の影響としては,熟達度が高い学習者であっても,ノイズのレベルにかかわらず,ノイズが付加されていない音声と比較して,ノイズが付加された音声では理解度が低下した。最後に,リスニング問題の難易度によってもノイズがリスニング理解度に与える影響は異なっていた。学習者にとって低い難易度でもノイズがあることでリスニング理解度が低下した。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
リスニングテスト
研究関連テーマ
テスト・分析方法
TOEIC
英検問題(リスニング)
三元配置分散分析
重回帰分析
リスニングテスト
4件法アンケート
必要技能
リスニング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

英語リスニング不安とリスニングの下位技能の関係
―リスニング不安の概念の細分化によるリスニング指導への具体的提案―

広島県/広島大学大学院 在籍 山内 優佳

▼研究概要
本研究の目的は、学習者がリスニング時に抱く不安とリスニング力の下位技能の関係を詳細に明らかにすることである。リスニング不安は6種類の要因(実生活におけるリスニング、学習場面におけるリスニング、学習者の不十分な知識、テキストの難易度、ボトムアップ処理、メタ認知的活動)、リスニング力は4つの下位技能(単語、音変化、推測、ワーキングメモリ)の観点から、それぞれの概念がどのように関連しているのかを調査した。調査の結果、「学習場面におけるリスニング」に対する不安はすべての下位技能と負の相関があり、本研究で対象としたリスニング力と最も関連が強いことが示された。不安軽減のための示唆としては、音変化を聞き取る力をつけること、そして適切なレベルの教材を使用することが挙げられた。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
リスニング能力
研究関連テーマ
ボトムアップ処理
メタ認知
リスニング指導
リスニング能力
テスト・分析方法
ディクテーション
リスニングテスト
5件法アンケート
必要技能
リスニング
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

高校生の英作文力とリスニング力の向上におけるディクトグロスの効果

広島県/広島県立広島井口高等学校 教諭 久山 慎也

▼研究概要
本研究は、まとまった英文を聞いてメモを取り、そのメモをもとにペアあるいはグループでその英文を再現する活動であるディクトグロスを高校3年生1クラスを対象に実施し、その効果を検証した実践報告である。指導は3か月間で合計15回行われ、指導の前後で対象生徒の自由英作文における正確性・流暢性・結束性の変化が4つの指標(理解不能な文の数、総語数、アーギュメント重複値、結束語の出現頻度)を用いて分析された。あわせて、リスニングテスト得点も分析されたが、その結果から、ディクトグロスは自由英作文の得点が低い生徒およびリスニングテストの得点が低い生徒に対して有効な活動であることが明らかとなった。また、テキスト内のどの文法事項に対して「気づき」がもたらされるかについては、取り組む生徒によってばらつきがあり、望ましい「気づき」をもたらすためには指導者の適切な介入が必要であることが確認された。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
ディクトグロス
研究関連テーマ
自由英作文
ディクトグロス
リスニング能力
流暢さ
テスト・分析方法
ウィルコクソンの符号付順位和検定
英検問題(リスニング)
クラスター分析
自由英作文
自由記述アンケート
ディクトグロス
ボンフェローニ法
4件法アンケート
必要技能
リスニング
ライティング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

統合タスクにおける類似がスピーキングパフォーマンスに与える影響
―文章と質問内容の類似レベルに着目して―

茨城県/茨城県立日立第二高等学校 教諭 矢野 賢

▼研究概要
本研究では、英検二次面接試験問題を用い、統合タスクにおいて読んだことと話すことの関係がパフォーマンスにどのような影響を与えるのかについて、類似の枠組みを用いて比較検証を行った。 まず統合タスクに関する研究および類似に関する研究などについて概観し、これらの知見に基づき、調査を2つ行った。 調査1では、インプットおよびアウトプットに用いるトピックの親密度および類似度の違いについて質問紙を用いて調査し分析を行った。 調査2ではインプットに含まれる情報がどの程度アウトプットに使用されパフォーマンスに影響を与えているのかについて、実際のインタビューにおける発話をもとに調査および分析を行った。 この結果、読んだ内容と質問内容とが高次レベルで類似している組み合わせではパフォーマンスを促進した例があった一方、表面的にのみ類似していた場合には不適切な転移を行い誤った説明につながった例が見られた。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
スピーキング能力
研究関連テーマ
学習指導要領(高等学校)
コミュニケーション
語彙力
スピーキング能力
タスク
テスト・分析方法
一元配置分散分析
ウィルコクソンの符号付順位和検定
英検問題(スピーキング)
スピアマンの相関係数
スピーキングテスト
ボンフェローニ法
5件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
スピーキング
英検 対象級
英検2級
英検準2級

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

小学校外国語活動におけるPhonemic Awareness の活動が模倣した発話に与える効果

大阪府/大阪市立神津小学校 教諭 井上 桃子

▼研究概要
本研究の目的は、Phonemic Awareness(以下PA)の活動を通して、日本語母語児童の発音にどのような変化が現れるかを観察することである。PAの活動は6年生をクラスごとに実験群と統制群に分けて行った。 PAの活動は2期にわたって実施した(Ⅰ期2012年6〜7月、Ⅱ期2012年11〜12月)。PAの活動では音の聞き取りをねらいとしたinputの活動と、音の定着をねらいとしたoutput活動を組み合わせた。活動の効果を測定するためにリスニングテストと模倣した発話のテストを行った。 活動の結果、リスニングテストにおいて、Ⅱ期のプレテストで2群に有意な差が見られた。模倣した発話活動では実験群の方が、発話の変化が早く現れた。この結果から、PAの活動を行うことで、音の違いに気づくだけではなく、長期記憶に音声情報が転送されていると考えられる。 PAの活動は児童の音の気づきを、確実な技能として定着させることが可能になると言える。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
音声認識能力
小学校英語活動
研究関連テーマ
学習指導要領(小学校)
コミュニケーション能力
語彙知識
小学校英語活動
スピーキング能力
リスニング能力
テスト・分析方法
実験群/統制群
スピーキングテスト
ピクチャーカード提示課題
リスニングテスト
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

ICT を活用した中学生のための聴解力養成教材の開発と試用結果

東京都/品川区立荏原第六中学校 教諭 岡﨑 伸一

▼研究概要
本研究は、「三ラウンド・システム」(竹蓋・水光、 2005)に基づいた中学2年生レベルの学習者を対象にした教材でICT(e-Learning)を活用した英語聴解力養成用の教材開発と試用効果の検証である。 聴解力養成の中核システムである「三ラウンド・システム」に基づいたWeb教材作成支援システム(竹蓋、 2009)を活用し教材作成をした後に試用した(実際に作成した教材例は3章を参照)。その教材の評価で学習者に対して、1)学習内容の定着を確認するためのChapter Quiz、2)聴解力の変化を観察するためのPre / Post-test、3)アンケートによる主観的評価で行った。それらの結果をまとめ、考察をした。 結果として、学習者は1)教材の内容を理解して学習を進め、2)聴解力の伸びが観察され、3)多くの学習者が成就感・達成感を感じ、学習ができたことがわかった。しかし、自由記述では20%が否定的な回答をしていた。学習効果は見られたが解決するべき課題も発見された。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
リスニング指導
研究関連テーマ
ICT
学習意欲
熟達度
ネイティブスピーカー
リスニング指導
リスニング能力
テスト・分析方法
t検定
自由記述アンケート
多肢選択式テスト
プリテスト/ポストテスト
5件法アンケート
必要技能
リスニング
英検 対象級
-

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

在外日本人学校の高校生の持つ特異性の検討と新たな教育活動の提案
―学習ビリーフ,学習動機,学習ストラテジーに着目して―

中国/上海日本人学校高等部 教諭 関谷 弘毅

▼研究概要
本研究では、在外日本人学校高校生に対して効果的に機能する教育活動を模索し、それとともに在外日本人学校の高校生が持つ学習ビリーフ、学習動機、学習ストラテジーを日本の一般の高校生と比較検討をした。 調査1では、語学力研鑽のための宿泊合宿プログラムを実施し、参加者の学習観、学習動機、情緒要因に与える影響を検討した。その結果、文法に対する意識が高まり、正確に英語を理解し使おうとする態度が高まる傾向が見られた。 調査2では、在外日本人学校の高校生が持つ学習ビリーフ、学習動機、学習ストラテジーを日本の一般の高校生と比較検討した。その結果、日本の高校1年生の方が上海日本人学校高等部2年生よりも文法を重視する傾向が高かった。また、他人につられて学習行動をとりがちであることを示す「関係志向」が在外日本人学校の高校において、2年生の方が3年生より高かった。今後、現地語をESLの習得と同じ環境で学ぶ在外日本人学習者にとって、その経験が英語学習にも影響を与えるという視点を持って研究がなされることが望まれる。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
在外日本人学校
研究関連テーマ
ESL(English as a Second Language)
学習動機
情意面
テスト・分析方法
t検定
5件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
プレゼンテーション
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

OCの授業におけるメタ認知指導が日本人大学生に与える影響
―自律した学習者の育成に向けて―

大阪府/関西大学大学院 在籍 香林 綾子

▼研究概要
本研究では日本人大学生を対象としたオーラル・コミュニケーションの授業において、メタ認知指導を実施し、その指導の影響を自己調整学習理論の観点から考察した。指導後では実際のオーラル・コミュニケーションの会話にどのような影響が現れるのかを見るために、インタビュー、および、会話分析を行った。さらに、指導に対する学生の意見を分析することで考察を深めた。結果、インタビューからは、指導後、学生はコミュニケーションのためのメタ認知方略とコミュニケーション方略をより使用するようになったことが明らかになった。また、会話分析からは、指導後、学生の英語使用者としてのオートノミー(自律性)が高まったことが観察された。さらに.学生の意見より、メタ認知の働きが自己効力感(学生の目標や課題を達成できるという感じ)の高まりに影響し、メタ認知方略やコミュニケーション方略を実践することが、それらの意義を知ることにつながるという知見が得られた。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
コミュニケーション方略
メタ認知
研究関連テーマ
オーラル・コミュニケーション
コミュニケーション能力
自律性
メタ認知
テスト・分析方法
インタビュー
プリテスト/ポストテスト
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

音の出る絵本を取り入れた中学年のための小学校外国語活動【共同研究】
―高学年の外国語活動の準備段階としての活動―

東京都/新宿区立戸塚第一小学校・愛日小学校 外国語活動コーディネーター・代表者 執行 智子

▼研究概要
本研究は新宿区立の小学校4年生の外国語活動に、音の出る絵本を使用した課題解決の活動がどのような効果をもたらすかを調査したものである。 その結果、第1に英語を読むことに対する態度や意欲に項目について対応のあるt検定を行った結果、有意な差は見られなかった。よって、本活動が児童の英語を読むことに対する態度や意欲を高める効果が見られたとは言えない。 第2に、語彙に関する10項目について対応のあるt検定を行った結果、8項目において有意に差が見られた。よって、本活動が児童の語彙力を高める効果があったと言える。 第3に、活動を楽しんだかどうかの問いの平均値は、3.16であり、加えて児童の自由記述からも本活動を楽しんだ様子がうかがえたことより、音の出る絵本を使うことについて児童が肯定的にとらえていることが見られた。以上のことより、本活動を中学年に取り入れることは外国語活動の準備段階として意義があるものと考えられる。
▼キーワード
研究対象
小学生
教師・教職者
研究メインテーマ
小学校英語活動
研究関連テーマ
インタラクション
語彙力
小学校英語活動
テスト・分析方法
t検定
質問紙法(アンケート)
必要技能
リーディング
リスニング
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

中学校における協同学習の効果
―ディクトグロスの検証―

茨城県/龍ケ崎市立愛宕中学校 教諭 根本 章子

▼研究概要
本研究は協同学習のタスクとしてのディクトグロス(聞き取った英文をグループで再構築する)活動が中学校の英語の授業において効果的であるかどうかを検証したものである。 協同学習は、学力面(動詞の過去形の習得と過去形を用いた英文を書くこと)と、意欲面に効果があるかどうかについて、従来、教室の中で行われているような個別学習と比較した。 また協同学習クラスの生徒がグループ活動のときにどのような活動を行っているか、についての分析も行った。その結果、学力面、意欲面ともに、有意な差は見られなかったが、英文を書くことについては、協同学習クラスの生徒の数値の方が個別学習クラスの生徒よりも高く、活動にも好意的な傾向が見られた。 また、協同学習クラスではグループのメンバーとかかわりながら意欲的に学習に取り組む様子が見られた。 その反面、課題についての話し合いが進まない、話し合いに参加しない生徒がいるなどの諸問題も見られた。このようなことから、協同学習は長期にわたる継続した研究が必要であると言える。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
協同学習(協働学習)
ディクトグロス
研究関連テーマ
ディクテーション
ディクトグロス
テスト・分析方法
ディクトグロス
二元配置分散分析
プリテスト/ポストテスト
5件法アンケート
必要技能
リスニング
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

中学校段階におけるTSLT(Task Supported Language Teaching)シラバスを基にした英語指導の研究

愛知県/名古屋市立守山東中学校 教諭 山田 慶太

▼研究概要
本研究では、第2言語習得研究で注目されているTask Based Language Teaching(TBLT)の理論を基に、より小学校段階の英語学習者に適しているとされるTask Supported Language Teaching (TSLT)の理念(Ellis、2009;高島、2000、2005)を基礎とした英語指導を実践する。 中学3年生を対象に設定したTSLTシラバスにおいて、7月、10月、12月、2月と計4回の「タスク活動」を実施した。「タスク活動」に取り組む学習者の発話を録音し学習者自身に振り返らせ、指導者は発話に共通して見られる誤り等を分析し学習者自身の「気づき」を重視しながらフィードバックとしての文法指導を行った。 学習者がタスク活動の最中にやり取りするメッセージの中心となる「過去形」と「現在完了形」の正確かつ適切な使用に着目しながら、シラバスの根幹となる、①文法指導→②タスク活動→③フィードバックとしての文法指導、という指導手順の有効性を授業実践を通して検証した。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
TSLT(Task Supported Language Teaching)
研究関連テーマ
Task Based Language Teaching(TBLT)
コミュニケーション活動
授業計画
テスト・分析方法
自己評価シート
文法テスト
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

D:その他

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

到達目標,指導,評価の一体化の在り方の研究
―PCPP法による英語で行う授業への英検 Can-do リストの活用―

石川県/石川県立金沢桜丘高等学校 教諭 前田 昌寛

▼研究概要
平成25年度より、新高等学校学習指導要領が施行される。新指導要領では、(1)授業は英語で行うことを基本とすること、(2)4技能の総合的、統合的指導を行うことが特徴とされる。(1)については、EFLの環境において、JTEが無理なく行える教授法としてPCPP法を本研究では採用し、(2)については、英検Can-doリストを用いた4技能総合・統合タスク型授業を実践した。つまり、PCPP法による英語で行う授業へ英検Can-doリストを到達目標、評価の道具として活用することで、到達目標、指導、評価の一体化の在り方を本研究では扱っている。PCPP法による英検Can-doリストを活用した授業を実践した結果、生徒の4技能に対する運用能力の自信の度合いは向上し、特に読むことのタスク達成率が向上した。PCPP法による英検Can-doリストを活用した英語で行う授業の1つのモデルとして提案したい。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
英検 Can-do リスト
研究関連テーマ
CEFR
英検 Can-do リスト
英語運用能力
学習指導要領(高等学校)
自己評価
テスト・分析方法
プリテスト/ポストテスト
5件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

『英語ノート』の効果的な使用法と活動実践例【共同研究】
―英語教育特区荒川区における小学校での取り組みから―

東京都/荒川区立峡田小学校 英語教育アドバイザー・代表者 杉山 明枝

▼研究概要
筆者が小学校英語教育アドバイザーとして勤務している東京都荒川区では,特区として平成16年度から小学校英語教育を開始し,指導方法の確立など一定の成果が見えてきた。しかしその一方で『英語ノート』に関し,これをどのように使用するかという課題が浮上した。  そこで本研究では既存の指導計画を生かしながら効果的に『英語ノート』を使用するための方法を荒川区での一小学校における授業実践を中心に,『英語ノート』で扱われている語彙やアクティビティなども分析しながら検証した。荒川区では既に6年間特区として独自の小学校英語教育を展開しているため,『英語ノート』をそのまま使うのではなく,既存の指導計画を生かしながら,『英語ノート』の中で活用できるアクティビティや歌・チャンツなどを部分的に選択利用するという形式をとった授業がほとんどであった。『英語ノート』は基本的には5,6学年用に作成されたものであるが,歌・チャンツに関しては低・中学年の授業においても利用した。また年度の開始と終了時に5,6学年全児童に語彙習得に関する調査をアンケート形式(評価)で実施し,その結果も踏まえた上で『英語ノート』を組み込んだ年間指導計画や語彙集を作成した。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
小学校英語活動
授業計画
研究関連テーマ
学習指導要領(小学校)
コミュニケーション能力
語彙力
小学校英語活動
授業計画
テスト・分析方法
t検定
語彙テスト
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

コミュニケーション活動に対する動機づけを高める理論と実践
―自己決定理論に基づいて―

三重県/津市立東観中学校 教諭 村井 一彦

▼研究概要
本研究の目的は,コミュニケーション活動を英語科授業の主たるものとして位置づけ,その中で,生徒の動機づけを高めるために必要な諸条件とは何であるかということを具体的に検討することであった。そして,自己決定理論における3つの心理的欲求の充足を動機づけを高めるための手立てとして,それらの認知を高める授業介入を約6か月間継続して行い,コミュニケーション活動に対する手立てと動機づけの高まりの関連について検討した。  研究1においては,自己決定理論における3つの心理的欲求の認知を測定するための「コミュニケーション活動における心理的欲求支援尺度」と自己決定理論における動機づけを測定するための「コミュニケーション活動における動機づけ尺度」を作成し,津市立T中学校の第2 学年生徒115名を対象に,2009年4月中旬に質問紙調査を実施した。(1)コミュニケーション活動に対する3つの心理的欲求支援の働き,(2)コミュニケーション活動に対する動機づけ構造,(3)コミュニケーション活動に対する3つの心理的欲求支援と動機づけの関係に関して検討した。コミュニケーション活動に対して,自律性支援,有能性支援,関係性支援の3 つは,互いに関連させ合いながら心理的欲求支援を満たしていることが確認できた。また,隣接する動機づけ概念間では,連続体上で隣接する概念間ほど相関が強く,離れるほど相関が弱い,あるいは負の相関を示していることが確認できた。そして, 3つの心理的欲求支援のうち,自律性支援と有能性支援に関しては,コミュニケーション活動の動機づけの高まりに強い影響を与えることが確認できた。  研究2においては, 3つの心理的欲求を充足させる手立てや動機づけの高まりにつながる手立てを計画し,授業介入(2009.4下旬~2009.9下旬)を行った。また,「コミュニケーション活動における心理的欲求支援尺度」,「コミュニケーション活動における動機づけ尺度」を使用し,授業介入を行った津市立T中学校の第2 学年生徒56名を対象に,2009年4月と2009年9月に質問紙調査を実施した。授業介入前後の比較により, 3つの心理的欲求支援の高まりと動機づけの高まりの関係を検討した。6か月間の授業介入によって,コミュニケーション活動に対する3つの心理的欲求の充足に関しては,自律性支援と関係性支援の認知が高まった。そして,内発的動機づけと同一視的調整といった自律性の高い動機づけの高まりが確認できた。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
コミュニケーション活動
自己決定理論
研究関連テーマ
コミュニケーション活動
動機づけ
表現力
テスト・分析方法
t検定
確認的因子分析
共分散構造分析
クラスター分析
質問紙法(アンケート)
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

逐次通訳メソッドによるアウトプット練習が英語コミュニケーション能力に与える影響
―リプロダクションとシャドーイングを統合した授業から―

茨城県/茨城県立古河第一高等学校 定時制 教諭 飯塚 秀樹

▼研究概要
本研究では,通訳訓練法を用いたこれまでの SLA研究を,「逐次通訳」,「シャドーイング」,「リプロダクション」,「プロソディー分析」という4つの視点から調査し,それらが英語コミュニケーション能力に与える影響を考察した。さらに,これらの先行研究の中から統計的に有意とされた活動や,主効果の認められた手法を統合し,新たに改良を加え,音声中心の学習法として「逐次通訳メソッド」を提起した。本メソッドによる処置を約5か月間継続した結果,以下の3点が示された。  1) 本メソッドに基づくリプロダクション活動後,語彙・文法力を測る事前・事後テスト間に統計上の有意差が認められた。  2) 音声の表層構造をとらえるシャドーイングにtop-down的認知処理プロセスを加えた結果,リスニング能力伸長度テストで有意に点数が伸びた。  3) IL(Interlanguage:中間言語)を書かせることで,音声中心の学習では解決されづらい言語分野が特定された。 本研究により,CALL システムを使った指導法の一例も示唆された。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
シャドーイング
リプロダクション
研究関連テーマ
コミュニケーション能力
語彙力
シャドーイング
中間言語
文法力
テスト・分析方法
一元配置分散分析
二元配置分散分析
プリテスト/ポストテスト
リスニングテスト
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

高校生の英語ディベート活動は英語スピーキング力と批判的思考力を伸ばすのか【共同研究】

鹿児島県/鹿児島県立志布志高等学校 教諭・代表者 有嶋 宏一

▼研究概要
本研究は,高校生の英語ディベート活動が英語スピーキング力と批判的思考力に及ぼす効果について調べたものである。仮説として,英語ディベート活動により,英語スピーキング力と批判的思考力は伸びるとし,またその両者にも相関関係があるとした。生徒の批判的思考力と英語スピーキング力は英語ディベート活動の前後で2回ずつ計4回調査された。また英語ディベート活動後,生徒に試合前,試合途中,試合後,感じたことを振り返ってもらい,それぞれ自由記述式で書かせた。  結果として,仮説は支持され,英語ディベート活動の後で,英語スピーキング力と批判的思考力が伸びることが示唆された。また英語ディベート活動後,批判的思考力と英語スピーキング力全体と流暢さと複雑さに相関があることが示された。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
ディベート
研究関連テーマ
スピーキング能力
批判的思考力
文法力
流暢さ
テスト・分析方法
自由記述アンケート
相関係数
テューキー法
二元配置分散分析
プリテスト/ポストテスト
必要技能
リスニング
スピーキング
プレゼンテーション
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

コミュニケーション能力の育成をめざす「長良メソッド」の実践とその効果の検証
―新しい学習指導要領を具現化する一指導法―

岐阜県/岐阜県立長良高等学校 教諭 石神 政幸

▼研究概要
平成21年3月に出された「高等学校学習指導要領」では,「4技能の総合的な指導を通して,これらの4技能を統合的に活用できるコミュニケーション能力を育成するとともに,その基礎となる文法をコミュニケーションを支えるものとしてとらえ,文法指導を言語活動と一体的に行う」ことや,「生徒が英語に触れる機会を充実するとともに,授業を実際のコミュニケーションの場面とするため,授業は英語で行うことを基本とする」ことがうたわれた。本稿ではこの新しい学習指導要領を具現化していく一指導法として,岐阜県立長良高等学校で行われている「長良メソッド」について報告する。「長良メソッド」では,シャドーイングやサイト・トランスレーションなど音読を中心としたインプットと生徒がカセットテープレコーダーを利用して会話をするアウトプットの活動が行われている。この「長良メソッド」の指導法を概観し,その実践と効果の検証を行う。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
コミュニケーション能力
研究関連テーマ
学習指導要領(高等学校)
コミュニケーション能力
シャドーイング
チャンキング(スラッシュリーディング)
ティームティーチング
テスト・分析方法
ACE(Assessment of Communicative English)
CASEC
GTEC
t検定
ディベート
6件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

英語授業における教師の考えとコミュニケーション志向との関連
―教師をめざす大学生が行った模擬授業の分析を中心に―

北海道/旭川実業高等学校 教諭 志村 昭暢

▼研究概要
本研究では教師をめざしている教員養成課程の大学生が行った中学校と高等学校での授業を想定した模擬授業について,Frölich,Spada and Allen(1985)で開発された授業分析手法である,Communicative Orientation of LanguageTeaching Observation Scheme(COLT)を用いて分析し,それぞれの授業におけるコミュニケーション志向の特徴を分析した。その後,分析結果をもとに授業者に面接調査を行い,授業の背景にある授業者のビリーフ(考え)を明らかにした。  結果は授業分析により活動形態,活動内容,学習者の使用技能,教師・学習者の言語使用の観点により,それぞれの学生教師(教育実習生)が行った授業のコミュニケーション志向の特徴を明らかにできた。また,面接調査の分析により,学生教師のビリーフが模擬授業のコミュニケーション志向の特徴に反映されていることが明らかになった。また,各教師が行った模擬授業の背景にあるビリーフも明らかになった。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
授業研究
研究関連テーマ
コミュニケーション
スピーキング能力
ビリーフ
テスト・分析方法
COLT(Communicative orientation of Language Teaching Observation Scheme)
グラウンデッド・セオリー・アプローチ(GTA)
スピーキングテスト
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

日本人英語学習者に適したテスト形式とは何か
―オンラインテストと口頭テストの比較検討―

兵庫県/神戸学院大学附属高等学校 教諭 船越 貴美

▼研究概要
テスティング技術の進歩とコンピュータの普及によって多様なテスト形式が開発されるようになり,従来の紙と鉛筆を用いた筆記テストに代わって,コンピュータを用いたテストが開発され,テスト形式と採点方法に変化をもたらした。本研究では,異なる2つのテスト形式を使って同じ質問をし,評価基準をあわせて得られた採点結果と,テスト後のアンケート結果よって,どちらのテスト形式がよりコミュニケーション能力を発揮できるかを検証した。実験には私立高等学校1年生199名が参加し,英語母語話者による直接対面式の口頭テストと,インターネットの回線でつながれたコンピュータの画面を見ながらキーボードで解答を入力するオンラインテストの両方を受験した。その結果,口頭テストは英語によるコミュニケーション能力を測定するテストとして,日本人学習者に適したテスト形式であると考えられるが,テストの信頼性を高める必要があることがわかった。また,オンラインテストは客観的な採点が可能となるが,解答時間や IT 環境の整備などの課題を見直す必要があることが明らかになった。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
オンライン学習
テスト形式
研究関連テーマ
オンライン学習
コミュニケーション能力
テスト形式
テスト・分析方法
t検定
確認的因子分析
共分散構造分析
重回帰分析
テューキー法
4件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

英検リスニング問題の音声加工による聴解度向上の可能性
―ナチュラルスピードの英語音声理解の壁を越えるポーズ効果―

茨城県/茨城県立勝田高等学校 教諭 鈴木 隆一

▼研究概要
本研究では,英検リスニングテストを教材としての可能性につながるよう音声加工を施し,聴解度がどのように変化するのかを検証する実験を行った。そこで, 3種類のタスク(①オリジナル英検問題,②ポーズ加工を施したナチュラルスピードの英検問題,③ナチュラルスピードの英検問題)間の聴解度を調べた。その結果,以下の2点が明らかになった。(1) ナチュラルスピードでの聴解度は,オリジナルスピードとの比較では有意に低いものの,ポーズを加えるとオリジナルスピードと同程度の聴解度に回復する。(2) 3つのタスク間の聴解度に対する熟達度別の比較では有意差はない。したがって,リスニングにおいてナチュラルスピードの英語であってもポーズ加工することで有意に聴解度を向上させることが示された。そして,このポーズ効果はどの熟達度群においても一律であることがわかった。  聴解度に影響を与える要因として考えられるのが,テキスト,発話者,タスク,聞き手,リスニング処理である(Rubin, 1994)。その1つであるテキスト要因には,ナチュラルスピードの特性[チャンク(意味の塊)スピード,脱落・連結・同化・弱化といった音声変化,プロソディーなど]が含まれる。 英検問題の教材としての可能性は2つあり, 1つはネイティブスピーカーに自然に読んでもらうだけでテキスト難易度が高まることである。そしてもう1つは,これらナチュラルスピードの特性を維持した上でも,句ごとに1秒ずつポーズを挿入する加工により聴解度が向上することから,その自然な英語音声を理解するための橋渡し教材としての側面も示唆できる。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
リスニング問題の音声加工
研究関連テーマ
熟達度
リスニング能力
テスト・分析方法
英検問題(リスニング)
テューキー法
二元配置分散分析
ボンフェローニ法
リスニングテスト
必要技能
リスニング
英検 対象級
英検3級

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

プロジェクト型外国語活動におけるインプット増強のためのカリキュラムの提案
―自立学習喚起のための音声指導のあり方―

兵庫県/西宮市立高木小学校 教諭 東野 裕子

▼研究概要
平成23年度より小学校の第5 ・6学年に導入される「外国語活動」では,小学生という発達段階を考慮した体験的な活動を通して,内容は「総合的な学習の時間」で育成すべき「生きる力」を共通項としながらも,言語教育の枠組みの中での「コミュニケーション能力の素地」の育成が目的である。そこでは,与えられた(あるいは,見つけた)課題に対して児童自らがゴールを決定し,そのゴールまでのプロセスにおいて,グループ学習や協同の学び体験を通して,主体的かつ創造的な学びが成立する。この種の特徴を持つ課題解決型の活動を「プロジェクト型外国語活動」と呼ぶ。  本研究では,このプロジェクト型外国語活動により,児童が,時間の経過に伴い,より意欲的に活動に取り組むことができたことを「振り返りシート」を時系列に調査し,コミュニケーションに対する積極的な態度の変化を観察した。また,到達すべきゴールが明確であることにより,学習が必然的になされ,自ら英語表現を練習し,発表の段階まで意欲的に取り組んだ結果,プロジェクトで扱った英語表現が自然と定着したことを明らかにした。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
プロジェクト型活動
研究関連テーマ
音声指導
コミュニケーション能力
自己評価
授業計画
自立学習
プロジェクト型学習
テスト・分析方法
自由記述アンケート
リスニングテスト
4件法アンケート
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

海外パートナー校との協調学習による英語コミュニケーション力向上プログラムの試み【共同研究】

東京都/八王子市立城山中学校 教諭・代表者 吉田 和夫

▼研究概要
本論文は一般的な公立中学校での英語科の授業においては比較的実現が難しいと考えられる,海外のパートナー校(中学校レベル)との連携による効率的・効果的な学習指導を構築することの可能性について具体的に検討・実施した教育実践を紹介するものである。  また,この実践を通して,今後どのようなシステムで,国際社会に備えることのできる英語を用いた総合的なコミュニケーション力を向上させるかを具体的に考察した。さらに,そのためにどのような手立てやプログラムが必要となるか,またそのプログラムを実施するにあたり,どのようなマニュアルや手引き,ワークシートなどの書式があるとよいかをあわせて検討し,各学校ですぐに役立ち,実践に取り組めるよう,全体の内容や手順をパッケージ化した。  この報告内容を実践することで,多くの公立中学校でこれまでとは異なる「真正・本物の(Authentic)」交流的な学習,協調学習が実現すると考える。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
海外交流
協同学習(協働学習)
コミュニケーション能力
研究関連テーマ
学習意欲
動機づけ
表現力
プロジェクト型学習
テスト・分析方法
-
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

外国の小学校とのインターネットでの交流体験を活用した英語活動

宮城県/仙台市立人来田小学校 教諭 栄利 滋人

▼研究概要
本研究は,アメリカの小学校の教師及び小学生とインターネットを使って会話し,交流することにより,児童の実践的コミュニケーション能力を育成するものである。当初は,作品交流や録画交流の計画であったが,小学生同士が直接ライブで話す交流が実現した。初めは教師が補助しながらの会話であったが,交流を続けるうちにヒアリング力が向上し会話が続くようになった。  本研究では,ライブで話すことができる環境で,小学生同士が英語でコミュニケーションをどのように進め,どのような英語表現を身につけていくのかを検証していく。また,このようなインターネットで会話ができる新しい環境での取り組みで,本研究が高学年の子供たちにどんな変化をもたらすのか,また,どんな英語表現が実践的コミュニケーションとして有効なのかを明らかにしていく。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
インターネット交流
研究関連テーマ
コミュニケーション能力
小学校英語活動
実践的コミュニケーション能力
ネイティブスピーカー
リスニング能力
テスト・分析方法
児童英検
4件法アンケート
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

ディクトグロスを用いたリスニング能力を伸ばす指導
―技能間の統合を視野に入れて―

石川県/石川県立金沢桜丘高等学校 教諭 前田 昌寛

▼研究概要
大学入試センター試験をはじめ,多くの入学試験にリスニングテストが導入されるようになり,その指導法の確立が急務となっている。しかし,その指導法となると,ラジカセのボタンを押して「問いに答えなさい」という指示だけで済ませてしまい,学習者のリスニング力を伸ばすための積極的かつ継続的な指導法の確立はいまだ不十分である。そこで本研究では,聞こえてくる英語の要点についてうまくメモを取り,話の全体像を復元し,元のテキストと比較するディクトグロスという手法を用い,(1) リスニング能力の向上にどのような効果をもたらすかを確かめる。また,ディクトグロスという指導をすることで note-taking能力の向上が図られ,さらに,文法に気を付けながら仲間同士で英文を復元するプロセスを経ることで,(2)文法能力やライティング能力が向上するかを確かめる。  結果は,ディクトグロスを行ったクラスはリスニングの得点が伸び,波及効果としてライティング能力にも伸びが確認された。また,文法能力に関しては,誤りの少ない英文を産出することができるようになった。特に局所的誤りを自己で訂正できる能力を学習者に身につけさせることができた。表題にもあるように,リスニング能力を伸ばすとともに,技能間の統合を図ることができた。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
ディクトグロス
リスニング能力
研究関連テーマ
産出量
ディクテーション
ディクトグロス
文法力
メタ言語能力
ライティング能力
リスニング指導
リスニング能力
テスト・分析方法
F検定
t検定
ディクトグロス
文法テスト
プリテスト/ポストテスト
ライティングテスト
必要技能
リスニング
ライティング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

中学校入学以前の英語学習経験が中学校における英語力に及ぼす影響
―英語学習歴調査と中学校3年間の英語力追跡調査の分析―

東京都/筑波大学附属中学校 教諭 肥沼 則明

▼研究概要
本研究は,中学校入学以前の英語学習経験が中学校における英語力に及ぼす影響を実証的に明らかにしようとしたものである。入学時ですでに存在する影響を明らかにするとともに,それが中学校3 年間の間にどのように変化するのかを調査した。  具体的な方法は,保護者に対する生徒の英語学習歴をアンケート調査し,その結果をもとに生徒を7つのグループに分類し,グループごとの差を① 音素聞き取りテスト,② 面接テスト,③ 定期考査の各得点で分析した。そして,次のような結果を得た。 ・①では,入門期に帰国子女の得点が小学校英会話授業経験者の得点に対して有意に高かったが,その他のグループ間には差がなく,卒業時には全グループ間に差がなかった。 ・②では,統計処理は行わなかったが,平均点は帰国子女が最も高く,次いで高頻度・長期間の英会話学校経験者,同その他の学習経験者であり,小学校英会話授業経験者と未経験者はほぼ同点で最下位であった。 ・③では,統計処理は行わなかったが,放送による「表現理解」の平均点は, 3年間帰国子女が第1位を保った一方,初期の頃に高かった高頻度・長期間の英会話学校経験者と同その他の学習経験者と他のグループの差は3年後にはほとんどなくなった。  以上の結果により,小学校における英語活動で言語教育として効果を上げるには,「週1回・3年以上」の授業が必要であるという示唆を得た。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
小学校英語活動
研究関連テーマ
小学校英語活動
リスニング能力
テスト・分析方法
一元配置分散分析
スピーキングテスト
定期テスト
テューキー法
リスニングテスト
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

教師が推測する高校生のリスニング中の意識・方略使用と実態との比較

大分県/大分県立安心院高等学校 教諭 渡辺 眞一

▼研究概要
本研究の目的は, (1) 日本の高校生の英語リスニング中の意識及び方略使用を把握するためのリスニング専用の質問紙を作成する,(2) 高校生,日本人英語教師双方に同じ質問紙調査を実施し,各グループの特色と相違とを明らかにし,効率的なリスニング指導に役立つ示唆を得ることである。質問紙調査は113名の進学希望の生徒,23名の進学高の教師に対して行われ,生徒はリスニングテストを受けた後,自らの意識・方略を質問紙に回答し,教師は自分が担当する生徒がどのようにリスニングを行っているかを推測して回答した。結果として,(1) 教師が生徒のリスニング時の行動を低めに評価する傾向,(2)「計画 / 評価」を指導することの重要性,(3)「問題解決」とリスニング成績との相関,(4) 生徒の「集中」重視,「計画 / 評価」軽視の傾向,などが解明された。また,教師が推測する生徒の意識と実態との間にはかなりの相違があり,質問紙調査などを利用して実態を把握し,現状に即した指導を行うことの重要性が明らかになった。
▼キーワード
研究対象
高校生
教師・教職者
研究メインテーマ
リスニング能力
研究関連テーマ
リスニング指導
リスニング能力
テスト・分析方法
MALQ(Metacognitive Awareness Listening Questions)
t検定
ピアソンの積率相関係数
6件法アンケート
必要技能
リスニング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.19 2007

小学校英語教育における動詞の役割と子供のSchema Formation
―子供の認知プロセスに着目したアニメーション教材の開発を通して―

奈良県/奈良市立三碓小学校 教諭 柏木 賀津子

▼研究概要
本研究では,「動詞の島仮説」(The Verb Islands Hypothesis(注1))を聞いてやり取りをする子供が,その意味にどのように交渉し推測しているのかを観察した。また,子供のSchema Formation に着目して作成した「基本動詞20」のFlash アニメーションソフトを授業に導入し,その効果を検証した。その際,動詞はCorpus などを参 考に選んだ。 被験者は6年生132名で,アニメーションを導入した実験グループとTPR(注2)(Asher, 2000)やジェスチャー中心の統制グループを比較し,授業後,記述テストやリスニングテストで分析を行った。 その結果,TPRやジェスチャーでは推測しにくい抽象動詞(need, smell など)があり,そのような動詞ではアニメーションの効果も高く,導入前に比べて伸びが見られた。最初は動作を名詞的にとらえた記述もあったが,学習頻度や質が増すにつれてVOcombination(動詞と目的語の結合)の記述が多くなった。事後リスニングテストでは,両グループの差はなかったが,全体平均は90%を超え,子供はインプットを何らかの方法で分析しながら動詞の意味を推測していると考えられる。今後もVO-combinationからVO-segmentation(動詞と目的語の分化)に向かうまでの子供の理解プロセスを観察し,子供の言語スキーマを育てるような指導の在り方を探りたい。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
Schema Formation
教材開発
研究関連テーマ
小学校英語活動
テスト・分析方法
t検定
ウィルコクソンの符号付順位和検定
実験群/統制群
児童英検
プリテスト/ポストテスト
ミドルテスト
リスニングテスト
必要技能
リスニング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.19 2007

シャドーイングを用いた英語聴解力向上の指導についての検証

東京都/東京都立深川高等学校 教諭 鈴木 久美

▼研究概要
シャドーイング訓練が聴解力の向上に寄与するのではないかという研究(玉井,1992, 2005)を受け,教室でシャドーイングを用いた指導が多く見られるようになった。 この研究では,シャドーイング指導をどのように行うと,聴解力向上に結び付くかに焦点を当て,3回の実証授業を行った:(1) 5日間でのLL教室における授業で,未知・既知の英語のシャドーイング訓練を行い,聴解力伸長の差を比較,(2) 普通教室において,前回と同じ条件で,(3) read and look-up,repetition,シャドーイングのグループに分け普通教室で活動を行い比較。 結果は,意欲のある生徒は,未知の教材で,あまり英語に気持ちが向かない生徒には,既知の教材でシャドーイングを行うと聴解力が向上したというものであった。repetition は,意欲のある生徒なら聴解力に寄与することがわかった。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
シャドーイング
リスニング能力
研究関連テーマ
シャドーイング
トップダウン処理
ボトムアップ処理
リスニング能力
テスト・分析方法
GTEC
t検定
一元配置分散分析
英検問題(リスニング)
実験群/統制群
自由記述アンケート
多重比較
必要技能
リスニング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.19 2007

発音指導におけるインプット強化と意識化の重要性の検証

山形県/鶴岡工業高等専門学校総合科学科 助教授 阿部 秀樹

▼研究概要
本論文は発音指導におけるインプット強化(input enhancement)と意識化(consciousness-raising)が教室における音韻習得に与える影響を検討する。発音指導におけるインプット強化とは,学習者を音声形式へ注意を誘導しながら中間言語の音韻体系を構築することに寄与するものである。その指導効果の研究のために,初級から中級レベルの学習者90名が被験者として教室内実験に参加し,実験群と統制群合計3クラスに分かれて実験を行った。実験群Ⅰ(IEEグループ;インプット強化+説明),実験群Ⅱ(IEIグループ;インプット強化+インタラクション),統制群(NIEグループ;インプット強化なし)である。指導効果は事前と2度の事後テストによって検証され,2度の事後テストにおいて実験群と統制群の間に有意差が見られただけでなく,2つの実験群の間でも,実験群Ⅰと実験群Ⅱの間に有意差が観察された。このことより,教室環境における発音指導において,指導方略の1つであるインプット強化と意識化の重要性を提案する。
▼キーワード
研究対象
高専生
研究メインテーマ
音声指導
研究関連テーマ
インタラクション
音声指導
メタ言語能力
テスト・分析方法
t検定
英検問題(リスニング)
実験群/統制群
プリテスト/ポストテスト
リスニングテスト
必要技能
リスニング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.19 2007

小学校英語研究開発校に見られる英語能力の検証【共同研究】
―表現及び語彙における理解度と記憶の定着度を中心に―

奈良県/奈良女子大学附属中等教育学校 非常勤講師・代表者 福智 佳代子

▼研究概要
平成9年から10年間英語活動を行っている研究開発校と,平成18年度より同様の英語活動を行った小学校,及び当地域の児童が進学する中学校1年生に対して,活動の中で取り扱われた表現や語彙がどの程度理解され記憶の中に取り込まれるか,評価や活動の種類が違ってくる中学校英語学習における言語理解や表現にいかに寄与するかをテーマに,仮説として次の3項目 1. 背景や場面などから,ルールによらない定型表現を理解する力に差があるのではないか 2. 文法的結束性のある表現ばかりでなく,意味的に一貫性のある適切な応答の表現の理解にも差ができるのではないか 3. 理解できる語彙に差があるのではないかを設定し,測定可能な規準テストを用いて測る。結果から,合計得点及び各問題の正答率による比較,分散分析による比較を行う。さらに分散分析で有意と認められる結果が出た問題に関しては因子分析を行う。
▼キーワード
研究対象
小学生
中学生
研究メインテーマ
小学校英語活動
研究関連テーマ
語彙知識
小学校英語活動
定型表現
テスト・分析方法
Χ²検定
主因子分析
児童英検
分散分析
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

ゲーティング法を応用した英語リスニング能力の要因分析

愛知県/名古屋大学大学院 在籍 村尾 玲美

▼研究概要
本研究では,日本人英語学習者と母語話者が,英語を聞き取る時に利用する手がかりについて,プロソディ情報と表現の知識という観点から分析を行った。結果として,次の2点が明らかになった。 1)母語話者とリスニング上級者は分節音素を聞かなくても,プロソディを手がかりとして使ってなじみ度合いの高い定型表現を認識することができた。リスニング中級者はこの能力に劣っており,定型表現を韻律的なまとまりとして記憶していないことが示唆された。 2)母語話者は,なじみ度合いの低い非定型表現でも,プロソディの手がかりを使って文構造や弱音節を認識することができた。学習者はプロソディの手がかりを非定型表現の認識に利用する能力に劣っていた。 本研究により,プロソディの手がかりを表現認識にどのように使うかが,リスニング能力に関与しているということが示唆された。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
ゲーティング法
リスニング指導
研究関連テーマ
定型表現
リスニング指導
リスニング能力
テスト・分析方法
二元配置分散分析
ボンフェローニ法
リスニングテスト
5件法アンケート
必要技能
リスニング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

e ラーニング教材の授業活用による英語実践的コミュニケーション能力の育成

岡山県/岡山県立津山高等学校 教諭 藤代佳予子

▼研究概要
本研究は,ネットワークを介して「いつでも・どこでも」動画や音声を学習に利用できるeラーニングを活用した授業実践を通して,eラーニング教材を活用した効果的な指導方法を探り,英語実践的コミュニケーション能力を育成することをテーマとしたものである。WBT(Web BasedTraining)用の教材を生かした「個」に応じた指導と教師による一斉指導を融合させる指導を行い,その学習効果を検証した。 その結果,学習者の特に英語運用能力下位層のリスニング力が有意に向上した。学習者全体が語彙,文法,作文を合わせて総合的に向上した。また,英語の4技能のうち「聞く力」を高めるために他の3つの技能を伸ばす必要があることへの認識の深化が見られた。これは,リスニング力を伸ばす活動が英語実践的コミュニケーション能力の向上につながることを示すものであろう。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
オンライン学習
研究関連テーマ
英語運用能力
オンライン学習
自己評価
実践的コミュニケーション能力
リスニング能力
リーディング能力
テスト・分析方法
英検問題(ライティング)
英検問題(リスニング)
英検問題(リーディング)
質問紙法(アンケート)
プリテスト/ポストテスト
5件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

地域英語教材“15 Stories of Saitama-ken”(Ver.2)の開発と活用【共同研究】

埼玉県/鶴ヶ島市立西中学校 校長・代表者 吉田 敏明

▼研究概要
本研究は3部構成で,平成14年度に開発した中学生向けのCD-ROM 版地域英語教材“15 Stories of Iruma-chiku”(入間地区の15の物語)を第1部として仮説と検証の結果を述べる。次に,第2部は,題材を入間地区の範囲から埼玉県全体に広げて平成15年度に開発した“15 Stories of Saitama-ken”(埼玉県の15の物語)について起案,取材,編集,校正,教材化,配布方法などについて詳述する。そして,最後の第3部では,平成17年度に1 年間をかけて開発してきた“15 Stories of Saitama-ken” Ver.2 についてこれまでの教材と比べた改善点や取材方法,広報活動,生徒の反応などについて報告する。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
教材開発
研究関連テーマ
学習意欲
自己評価
自作教材
授業計画
内容理解
表現力
テスト・分析方法
自由英作文
自由記述アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

日常的に英語に触れる環境を作る学級担任による英語活動
―アメリカ合衆国におけるイマージョン教育の経験を生かして―

福岡県/大野城市立大野南小学校 教諭 上原 明子

▼研究概要
本実践は,アメリカ合衆国におけるイマージョン教育の経験からヒントを得,一日中子供たちと一緒に過ごす学級担任の立場を最大限に利用し,学校生活のあらゆる場面で可能な限り児童に対して英語を使用することに挑戦したものである。 対象は筆者が担任する5年生の児童35名である。実践は1年間を通して行った。英語の使用は,朝の会から始まり,給食,掃除,休み時間,それに一般教科(8教科),学校行事など,学校におけるすべての教育活動において行った。 この実践により,学校生活のどの場面やどの教科で,どのような英語表現が使用可能であるかが明らかになった。また,子供たちにどのような影響を及ぼしたかについても明らかになった。子供たちが大きく力を伸ばしたのは,語彙力と,自然に話される大量の英語の中から,必要な情報を聞き取る力である。また,英語に対する関心・意欲・態度,さらに,国語や算数の学力についてもよい影響を与えていることがわかった。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
学級担任による英語活動
研究関連テーマ
イマージョン
学級担任
語彙力
小学校英語活動
表現力
リスニング能力
テスト・分析方法
ピクチャーカード提示課題
リスニングテスト
3件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

学級担任が進める小学校英会話活動【共同研究】
―地域イントラネットを活用した多様な活動―

福岡県/大牟田市立明治小学校 校長・代表者 安田 昌則

▼研究概要
本研究は,大牟田市教育委員会が作成している地域イントラネットを活用して小学校の学級担任が中心となって英会話活動の多様な活動を進めていった実践報告である。研究内容は,英会話活動の授業用コンテンツを活用したものとテレビ会議システムを活用したものである。小学校英会話活動は,ややもすれば学級担任よりも英会話活動担当教師やALT などが中心になって進められていることが多く見受けられる。本市の小学校英会話活動は,学級担任が指導することになっている。そこで,小学校で英会話活動を推進するにあたり,本市の地域イントラネットを活用して,学級担任が意欲を持ち,自信を持って進めることのできる英会話活動について研究を行った。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
学級担任による英語活動
研究関連テーマ
学級担任
国際理解
コミュニケーション活動
小学校英語活動
テスト・分析方法
4件法アンケート
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

高等学校英語Ⅰ・Ⅱの授業の大半を英語で行うための工夫とその授業の効果【共同研究】

大阪府/大阪府立鳳高等学校 教諭・代表者 溝畑 保之

▼研究概要
普通の英語学習環境を持つ学校で,英語の使用が中心になる授業を行うためにはどのような工夫が考えられるだろうか。平成16年度,複数の高校で英語Ⅰ・Ⅱとリーディングの授業の大半を英語で行った。そのため,モデル提示,例示,余剰性,繰り返し,相互交渉,拡張,褒賞を大事にした。また,言語学習の4条件のExposure,Use,Motivation,Instruction の観点にも留意した。さらに,その授業の効果を,項目応答理論に基づくテストで検証した。情意面のアンケートを行うことで,英語での授業に対する不安や自信度についても考察を行った。本稿は,英語で行う英語の授業をめざした5校の教員集団の試行錯誤の実践報告である。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
英語で行う英語授業
研究関連テーマ
語彙力
情意面
文法力
リスニング能力
リーディング能力
テスト・分析方法
BACE(Basic Assessment of Communication English)
Χ²検定
項目応答理論(IRT)
単純主効果検定
テューキー法
5件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

中学校における正確さと流暢さを同時に高める言語活動の開発とその評価のあり方

高知県/土佐市立高岡中学校 教諭 今井 典子

▼研究概要
中学校学習指導要領(外国語科)の目標である「実践的コミュニケーション能力の基礎」の育成には,実際に行われるコミュニケーションを「教室内でのシミュレーション」として,現実的な場面や目的を想定し,学習した文法知識や語彙などの言語知識を活性化する言語活動が必須である。そのためには,与えられた課題を解決するために,言語知識を場面に応じて実際に運用させる言語活動である,ESL(English as a Second Language)の世界で注目されているコミュニケーションを第一義とするCommunicative Language Teaching(CLT)の考えを基本とした「タスク(Task)」が有効であると考える(Nunan, 2004)。しかし,EFL(Englishas a Foreign Language)というインプットもフィードバックも少なく,学習者の動機付けもそれほど高くない日本の学習環境を考慮した場合,このタスクの理論を基本としながらも,日本の教室環境に適した中学生のためのタスク活動(高島,2000; 2005)が効果的であることが検証されている(Sugiura andTakashima, 2003)。本論は,これらの実証研究を踏まえ,言語使用の正確さを一層高める方法として,タスク活動後にdictogloss(Wajnryb, 1990)の活動を連動させることで,「正確さ」と「流暢さ」を向上させることを試みた研究実践である。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
タスク
ディクトグロス
研究関連テーマ
授業計画
正確さ
タスク
ディクトグロス
メタ認知
リスニング指導
流暢さ
テスト・分析方法
実験群/統制群
スピーキングテスト
分散分析
プリテスト/ポストテスト
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

学習者のクラスター化に基づいたシャドーイングの効果的活用

秋田県/大曲市立大曲南中学校 教諭 吉澤 孝幸

▼研究概要
本研究は,シャドーイングを中学校での授業へ導入する際の効果的なあり方を探索した実践報告である。研究内容は,2つのサイクルで構成される。1つ目のサイクルでは,教科書を題材にし,授業で学習した英文をシャドーイングを通して瞬時に引き出すことをねらった。1つ目のサイクルが終了した段階で,一律的なシャドーイング導入により生じた問題点を洗い出し,次のサイクルを実践する。2つ目のサイクルでは学習者が内在する特徴により11のクラスター(群)に分類し,シャドーイングを通して学習する際,個々の生徒による学習上の特徴や考え方により教材の量や目標を決めていくやり方をとり,実験群と統制群とで比較した。インタラクションの活性化という所期の目的すべてを解決することはできなかったが,生徒の活動の中から心理的負荷が取り除かれ,目的意識を持った活動の様子が観察された。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
シャドーイング
研究関連テーマ
インタラクション
シャドーイング
自律性
文法力
テスト・分析方法
クラスター分析
実験群/統制群
5件法アンケート
必要技能
リスニング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

小学校高学年児童の個人の習熟度に応じたきめ細かな指導法の開発
―コンピューターを使ったOn-Demandな英語学習―

愛知県/椙山女学園大学附属小学校 非常勤講師 加藤 佳子

▼研究概要
小学校高学年クラス英語学習にはさまざまな問題点がある。本研究はそのような問題点を克服するための1つのアプローチとして,自作教材CD-ROM を作成し活用することによる児童の習熟度に応じたきめ細かな英語学習指導法の開発を目的としている。CD-ROM には,ダイアログを中心とした語彙習得・リスニング練習及び模擬対話形式によるスピーキング練習を盛り込み,必要に応じてリーディング,ライティング練習も取り入れた。また,ネイティブ講師と日本人講師によるスキットやネイティブ講師の発音練習などをビデオ録画した動画データを利用し,児童の視覚と聴覚を刺激するような内容も盛り込んだ。 自作CD-ROM を活用した個別学習は,① 個々の習熟度に合わせることができ,② 児童が主体的に学習しようとする態度を養い,③ 個々の児童の英語に対する学習意欲を高めることに大いに役立ち得ることが示唆された。この個別学習を今後も続けていくことにより,児童が自分で使える英語知識(自分の中のデータベース)を増やし,さらに,自分自身の弱点を見いだしフィードバックすることによって「自分の中のデータベース」を強化し,口頭表現能力を高めていくことが期待された。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
オンライン学習
小学校英語活動
研究関連テーマ
オンライン学習
語彙力
小学校英語活動
自作教材
熟達度
表現力
テスト・分析方法
質問紙法(アンケート)
児童英検
スピーキングテスト
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

多肢選択式リスニングテストの問題文と選択肢の提示時期がテストパフォーマンスに与える影響

神奈川県/神奈川県立小田原城内高等学校 教諭 柳川 浩三

▼研究概要
多肢選択式リスニングテストの受験者のパフォーマンスは,問題文と選択肢の提示時期(項目様式)により影響されうることが示された。問題文と選択肢の両方が本文を聞く前に提示される場合,受験者の正答数は多くなる場合があり,この傾向は受験者のリスニング力にかかわりなかった。また,問題文と選択肢の提示時期によりリスニング力測定の精度にも違いが見られた。おおむね精度の高い順に,選択肢のみが事前に提示される様式,問題文のみが事前に提示される様式,問題文と選択肢の両方が事前に提示される様式の順になった。 多肢選択式リスニングテストにおいてどの項目様式をとるのが最も適切であるのか,コミュニケーション能力の測定の観点を含めて教育的示唆を提示する。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
テスト形式
リスニングテスト
研究関連テーマ
テスト形式
トップダウン処理
リスニング指導
テスト・分析方法
一元配置分散分析
英検問題(リスニング)
項目応答理論(IRT)
テューキー法
二元配置分散分析
ラッシュ・モデル
必要技能
リスニング
英検 対象級
英検準2級

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

教師の音読を伴った繰り返し読みが高校生の英文読解に及ぼす効果

埼玉県/埼玉県立狭山経済高等学校 教諭 飯野 厚

▼研究概要
本研究の目的は,初級段階の読解力を持つ高校生を対象として,教師の音読による繰り返し読みが短期的に内容理解に及ぼす効果と,長期的に読解力と聴解力に及ぼす効果を探ることである。 実験1では,75名の高校生を被験者として,教師の音読による繰り返し読みが文章の理解度に及ぼす効果を探った。その結果,以下のことが明らかになった。教師の音読(すなわち英文とモデル音声の同時提示)は, (1) どのような条件の下でも有効と言えるわけではなく,難しい文章よりも平易な文章で,理解を促進した。 (2) 黙読と比べた場合,理解の進捗に遅延効果をもたらした。 (3) 平易な文章では,読解中の注意が文字に向かう傾向が明らかになった。黙読条件では注意が内的音声化に向かう傾向もあったことから,教師の音読によって,読解中の音韻処理の負荷が軽減され,意味へのアクセスが促進される可能性が示唆された。 実験2では,97名の高校生を対象として,長期的な処遇として,教師の音読を伴った繰り返し読みと,時間制限を設けた黙読による繰り返し読みの効果を比較した。その結果以下のことが明らかになった。教師の音読を長期的に施すことにより,(1)文章の難易度にかかわらず,黙読による速読指導と同程度に読解速度が伸張した。(2) 聴解力が伸張した。(3) 習熟度が低い学習者も読解速度と聴解力が伸張した。以上の結果から,教師の音読という音声支援のある繰り返し読みが,音韻処理の自動化を促進し,読解の流暢さを確立するために有効であることが示唆された。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
音読
リーディング指導
リーディング能力
研究関連テーマ
音読
読解速度
リスニング能力
リーディング指導
リーディング能力
テスト・分析方法
一元配置分散分析
英検問題(リーディング)
三元配置分散分析
多肢選択式テスト
テューキー法
筆記再生テスト
プリテスト/ポストテスト
4件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

音声に対する敏感さと英語学習総合能力との関係

熊本県/熊本学園大学大学院 在籍 福富 かおる

▼研究概要
本研究は,中学生の英語学習総合能力(注1)と「音に対する敏感さ」すなわち,音識別能力との関係を明らかにすることを目的としている。検査方法として音識別能力を言語音識別能力と楽器音識別能力の2つに分類し,更にこれら2つの識別能力をそれぞれ声調聴取,和音高低聴取,和音音色聴取に分けて検証した。 調査の結果明らかになった点は次の4点である。(1)言語音識別能力と「書くこと」,「読むこと」の能力には有意な高い相関関係が見られる。(2)言語音識別能力は英語学習の初期段階で直接的に影響を及ぼしていると考えられる。(3)英語学習総合能力が低い学習者ほど音識別能力を頼りとする学習段階にあり,音識別能力の養成は重要な意味を持つ。(4)音声記憶能力は,英語学習総合能力のみに影響力を持つ独立した能力と考えられ,この能力は音声識別能力にはかかわりを持たない。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
英語運用能力
音声識別能力
研究関連テーマ
リスニング能力
リーディング能力
テスト・分析方法
英検問題(リスニング)
重回帰分析
ピアソンの積率相関係数
リスニングテスト
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

外国語としての英語の習得と運用能力向上に効果的なパーソナルコンピューター用学習ソフトウエアの開発

静岡県/静岡市立高等学校定時制課程 教諭 杉山 潔実

▼研究概要
本実践の目的は,英語などの外国語学習者が利用し,外国語を言語的に習得し,運用能力を向上させることに効果的なパーソナルコンピューター(以下パソコン)用学習ソフトウエアの開発である。言語習得の過程にはいかなる学習活動が望ましいかについての考察をふまえ,学習者が使いやすく,習得効率の高い学習が行える学習ソフトの開発をめざし,制作,改良を続けてきた。
▼キーワード
研究対象
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
オンライン学習
研究関連テーマ
英語運用能力
オンライン学習
ディクテーション
リスニング指導
テスト・分析方法
-
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

インプットの発話速度の違いがリスニング力育成に与える影響

茨城県/土浦日本大学高等学校 非常勤講師 飯村 英樹

▼研究概要
本研究の目的は異なる発話速度を用いた指導が学習者のリスニング力育成にどのような影響を及ぼすかを明らかにすることである。実験は3種類の発話速度(210wpm,160wpm,110wpm)を設定し,高校2年生を対象に5か月間,20回の指導という形で行った。実験の結果から,発話速度の違いは学習者のリスニング力に差を生じさせないが,発話速度の感じ方に差を生じさせることが示唆された。最後に発話速度の観点から今後のリスニング指導の在り方について論じた。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
リスニング指導
リスニング能力
研究関連テーマ
リスニング指導
リスニング能力
テスト・分析方法
Χ²検定
英検問題(リスニング)
分散分析
プリテスト/ポストテスト
5件法アンケート
必要技能
リスニング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

高校におけるディベート授業のシラバスデザイン

東京都/明治大学付属明治高等学校 教諭 矢田 理世

▼研究概要
本研究は高校の授業で8か月にわたって英語のディベートを行いながら,シラバスをまとめた実践報告である。研究内容は2つの段階に分けられる。まず到達目標とニーズ分析をもとに年間のシラバスを作成し,実際に授業をしながら逐次振り返り改訂していく授業実践。次に,授業終了後多方面から授業全体を振り返り,改善策を模索するシラバスの検証である。 英語でのディベートは,論理的な思考能力に加えlistening,reading,writing,speaking を総合的に養うことができる有効な言語活動であるが,高校生にとっては易しいものではない。このため,各時期において明確な意味と目標を持った言語活動をタスクとし,生徒たちの興味やニーズに合った適切なタスクを地道にこなしていくことを基本方針とした。当初はクラス全体の前で短い発表をすることも精一杯だった生徒たちが,数か月後にはユーモアを交えながら英語でディベートを楽しめるようになり,充実感と自信を持って授業を終えることができた。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
ディベート
研究関連テーマ
TBLT(Task Based Language Teaching)
英語運用能力
自己評価
授業計画
テスト・分析方法
5件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

Scaffoldingがグループ活動を通してコミュニケーション能力や文法能力育成に与える効果の検証

北海道/常呂町立常呂中学校 教諭 佐藤 大

▼研究概要
「実践的コミュニケーション能力の育成」のため,英語の授業では,グループ活動が多く取り入れられている。本研究では,グループ活動で約2か月間,継続的にQuestions を与えることにより,それぞれの生徒たちの発話の質や量においてどのような変化が現れるか,またグループ内で生徒が互いに教え合うことによりどのくらい学習効果があるか,更に,文法力がどのくらい向上するかの検証を行った。研究はscaffolding(足場作り)の理論と方法を通じて進めた。 グループ活動におけるscaffolding の効果は,本研究によりある程度見ることができた。また,Japanese Teacher of English( JTE) とAssistant Language Teacher(ALT)の二者からscaffoldingを与えることにより,上位グループ・中位グループはもちろん,下位グループにも効果が見られた。ゆえに,scaffolding の概念は,外国語学習にとって有効な方法であると思われる。更に長期的にグループ活動を通してALT の協力の下にscaffolding を与えるとことにより,コミュニケーション能力や文法能力は一層向上していくことであろう。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
Scaffolding(足場づくり)
研究関連テーマ
ALT
JTE
コミュニケーション能力
文法力
テスト・分析方法
-
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

B-SLIMを導入した英語活動【共同研究】
―楽しく身につく英語活動の創造―

北海道/旭川市立日章小学校 教諭・代表者 小山 俊英

▼研究概要
B-SLIM を採用して3年目を迎える本校では,B-SLIM の提唱者であるO. Bilash博士を本校に迎え,授業研究を行うなど,各学年の実践を積み上げながら,B-SLIM の考え方に基づく英語活動の浸透を図ってきた。 児童の自己評価では,「楽しく活動ができた」「よくわかった。英語を使うことができた」と回答した児童が常時90%以上であり,本校がめざす「楽しく身につく英語活動」が実現に向かっていると考えることができる。多様な方法で行うInput とスモールステップで進めていくIntake (Activity) の展開が,この結果につながったものと考えられる。 平成14年度から,Output を重視することを念頭に置き,国際理解教育の単元とリンクさせた形で英語活動を構成してきた。「ノングレイドカリキュラム」を活用した英語活動では,児童が単元を見通して,どのような英語を使いたいのか,あるいはどのような表現が必要なのかを考えるところからスタートし,児童のニーズをもとに言語材料を選定し,「調べ学習」を位置づけた英語活動を展開してきた。その結果,児童の課題意識が,Input からOutputに至るまで持続することや英語活動に取り組む児童の意識の高まりを授業研究を通して検証することができた。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
B-SLIM(Bilash's Second Language Instructional Model)
研究関連テーマ
B-SLIM
国際理解
自己評価
相互評価
ティームティーチング
ノングレイドカリキュラム
フィードバック
テスト・分析方法
3件法アンケート
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

中学生(英検3級)はALTの修正フィードバックをどの程度知覚するのか
―対話者と傍聴者のlistening positionの違いによる知覚量の分析―

北海道/伊達市立伊達中学校 教諭 大塚 謙二

▼研究概要
本研究は,中学3年生(英検3級取得者)が,ALT(Assistant Language Teacher)とのjigsaw task を用いたinteraction(相互交渉)を通して,ALT から戻される修正feedback をどの程度理解しているのかを質的量的に調査することを目的としている。 また,英語の授業に目を向けてみると,教室環境ではALT や日本人教師(JTE)が学級全体の中で生徒と英語でinteraction をすることも多く見られる。それが行われている場面では,生徒たちは対話者(interlocutor)と傍聴者(auditor)という2種類の立場になっている。本研究では,このlistening position の違いがfeedback の知覚量にどのような影響を及ぼすのかについても調査した。 更に,task 活動を繰り返すことや普段の触れあいによって生じるALT との親近性の増加(緊張感の低下)がfeedback の知覚にどのような影響を及ぼすのかも検証してみた。 結果としては,task を実施する上で,意味のやり取りに大きく影響する発音と語彙に関するfeedbackは比較的知覚されていたが,言語の構造に関するものは,それに比べてあまり知覚されていなかった。また,listening position の違いでは,傍聴者の方が対話者よりもfeedback を10%程度多く知覚することができていた。さらに,ALT との親近性が高まるとともに緊張感が低下し,feedback の知覚量が増加した。
▼キーワード
研究対象
中学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
ALT
フィードバック
研究関連テーマ
ALT
インタラクション
英語運用能力
フィードバック
テスト・分析方法
スピーキングテスト
4件法アンケート
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
英検3級

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

英語ドラマ活動は、中学生の英語習得・英語学習にどのような影響を与えるのか

兵庫県/兵庫教育大学大学院 在籍 井村 哲也

▼研究概要
東京都中学校英語教育研究会の事業部は,既に50年以上にわたり「東京都英語学芸大会」を実施している。毎年12月の第1日曜日に,東京23区及び各地域ブロックの代表の中学生が「スピーチ」と「英語劇」の2つの部門に分かれて発表を行い,互いに高いレベルで競い合い学び合う。10数年前に,一観客としてこの大会を鑑賞した筆者は,そのレベルの高さに驚き,翌年から10年以上にわたって英語劇を実践することとなった。 「ドラマは心の叫び~魂を言葉に乗せて」これは筆者が1999年,『STEP 英語情報』7,8月号に,東京都大会の体験をもとに書かせていただいた実践報告と英語劇の指導に関する拙文のタイトルである。皮肉なことに,ドラマの本質を語るこの言葉は,科学的なデータをもとに現象を検証する実証的な研究領域においてドラマ活動の価値の検証がいかに難しいかをも示唆しているのである。Edmonson(1985)は,「ドラマ活動は様々な要因が複雑に絡み合ってできているconstruct(構成概念)である」と指摘している。実証的研究分野でのドラマ研究が少ないのはこのことも大きくかかわっているものと考えられる。筆者は,実践者であり研究者であるという自らの利点を生かして,この多面性を持ったドラマ活動の「英語学習,習得における価値」を,先行研究(実証的でない文献も含める)を土台に,実証的研究分野の枠組みで検証すべく本研究に取り組んだ。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
ドラマ活動
研究関連テーマ
英語運用能力
オーラル・コミュニケーション
情意面
内発的動機づけ
メタ言語能力
テスト・分析方法
自由記述アンケート
スピーキングテスト
分散分析
5件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

幼児英語学習者のコミュニケーション分析
―イマージョンスクールにおけるケーススタディー―

北海道/北海道大学大学院 在籍 田村 有香

▼研究概要
概要なし
▼キーワード
研究対象
その他英語学習者
研究メインテーマ
イマージョン
幼児英語学習者
研究関連テーマ
イマージョン
コミュニケーション能力
非言語行動
テスト・分析方法
授業観察
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-