英語技能別一覧 EIKEN BULLETIN 英検 研究助成 報告書

表示を絞り込む

選択条件をクリアする

キーワード検索

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

中学校英語科における強制アウトプットが不定詞の習得に与える影響

大分県/佐伯市立昭和中学校 教諭 山城 仁

▼研究概要
本研究は,英語初学者である中学生に対して強制アウトプット(ストーリーリテリング,ディクトグロス)を取り入れた授業を実践し,不定詞の習得にどのような影響を及ぼすのかを検証したものである。強制アウトプットを取り入れた授業は,それぞれ13時間実施された。授業実践前,直後,4週間後に行った自由英作文テストと文法性判断テストにおける複雑性・正確性・流暢性に関する分析から,ストーリーリテリング群には4週間後においても不定詞の使用数に効果が保持されており,不定詞の使用を促す効果が特に見られることが明らかとなった。ディクトグロス群には4週間後にかけて意味内容に応じてエラーを訂正する問題に改善が見られ,文構造の適切な使用を促す効果が特に見られることが明らかとなった。また,ディクトグロスは実践直後には不定詞の使用種類を,ストーリーリテリングは4週間後にかけて不定詞の使用数を有意に伸ばすことが明らかとなった。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
ストーリーリテリング
ディクトグロス
研究関連テーマ
英語運用能力
テスト・分析方法
自由英作文
文法テスト
必要技能
リーディング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

テレビ会議システムを使用した異文化間プレゼンテーション能力の向上のための指導【共同研究】
―オーストラリアの高校生とのテレビ会議授業を通して―

北海道/北海道千歳高等学校 教諭・代表者 山崎 秀樹

▼研究概要
本研究は,異文化間プレゼンテーションの経験がない生徒が,オーストラリアの高校生とのテレビ会議システムを通じて,英語による異文化間プレゼンテーション能力を,どのように,どれくらい向上させるのか,また,英語による双方向の即時的なコミュニケーションが,英語プレゼンテーションへの心理的障壁を取り除くことができるのかを検証した。その結果,① プレゼンテーションとそれに向けての準備が,英語力(特に話すこと・書くこと)を向上させること,② 異文化にいる相手にも伝わるよう,プレゼンテーションの構成やデリバリーの工夫をすること,③ 異文化間コミュニケーションの差異に気づくこと,④ 同世代の生徒を相手に双方向かつ即時的なコミュニケーションを通して,英語を使うことへの自信が向上すること,⑤ 以降のプレゼンテーションスキルの向上や英語学習への動機づけが強化されることがわかった。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
海外交流
プレゼンテーション
研究関連テーマ
国際理解
ポートフォリオ
ルーブリック評価
テスト・分析方法
自由記述アンケート
5件法アンケート
必要技能
スピーキング
プレゼンテーション
英検 対象級
-

D:その他

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

スピーキング分野における「英検 Can-do リスト」活用の工夫【共同研究】
―ルーブリックの活用を通して―

茨城県/茨城大学教育学部附属中学校 教諭・代表者 小沢 浩

▼研究概要
本研究は CAN-DO リストについての意義と目的について概観し,真正の評価(authentic assessment)の意義や目的が CAN-DO リストと類似していることについて明らかにする。また,「英検 Can-do リスト」の能力記述文と真正の評価の採点ツールであるルーブリックを統合し,その効果ならびに波及効果について,スピーキング分野に絞り検証する。検証の結果,次のことが明らかになった。教師と生徒が「英検 Can-do リスト」およびルーブリックを単元導入時に共有すれば,めざすべき目標が双方に具体的に設定され, 1 )教師はその目標を達成させようと具体的に支援できる(授業改善につながる)。2 )生徒は身に付けるべき力を身に付けようと努力し,単元末に行うパフォーマンステストに向けて主体的かつ意欲的に学ぶことができる(自己学習力の向上,自己啓発促進,学習意欲向上)。3 )生徒は「英検 Can-do リスト」にある能力を身に付けたと実感することができ,話すことに対して自信を持つことができる(パフォーマンス力の向上)。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
英検 Can-do リスト
スピーキング能力
研究関連テーマ
自立学習
ルーブリック評価
テスト・分析方法
スピーキングテスト
4件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
英検準2級
英検3級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

スピーキング能力と語順知識の関連性における調査

茨城県/筑波大学大学院 在籍 佐瀬 文香

▼研究概要
本調査は、スピーキングと語順についての関連性を調査することを目的とする。現行の中学校学習指導要領において、語順指導の重要性が明記されている。また、語句整序問題は、英検や大学入試センター試験などさまざまな試験に採用されているが、語句整序問題が何を測定するものなのか明らかにされていないのが現状である。本研究では、予備調査と本調査の2種類の調査を実施した。 予備調査では、本実験において焦点を当てる文法項目を選定した。その結果から本調査でのマテリアルを作成し、協力者83名に再話課題と語句整序問題、そしてSentence Buildsの3課題を課した。語句整序問題の結果から、協力者は上中下の3群に分けられ、それぞれの得点の結果を比較した。その結果、語句整序問題における得点が高ければ高いほど、再話課題において高得点を獲得したことがわかった。これらの結果から、文脈提示の重要さが支持され、さらに質的な調査の結果から、協力者の発話において簡易化という特徴的な産出が見られた。これより、語順指導は語順単体で指導するよりも、文脈を伴った語順指導の重要性が示唆された。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
スピーキング能力
文法力
研究関連テーマ
スピーキング能力
パラフレーズ
文法力
文法指導
テスト・分析方法
語句整序テスト
質問紙法(アンケート)
重回帰分析
スピーキングテスト
多変量分散分析
ピアソンの積率相関係数
リスニングテスト
必要技能
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

授業内英語活動「4/3/2」は高校生のコミュニケーション能力と批判的思考態度を育成するか【共同研究】

鹿児島県/鹿児島県立加治木高等学校 教諭・代表者 市原 賢優

▼研究概要
本研究では、流暢さを伸ばすことをめざした授業内活動「4/3/2」を、ワードカウンターを用いて実践し、その効果を検証した。授業内活動「4/3/2」とは、相手を変えながら、同じ話題について時間的プレッシャーの中で話す活動である。聞き手の生徒はワードカウンターにより相手の発話語数を記録する。生徒の批判的思考態度と英語表現力に関する調査が授業内活動「4/3/2」の前後で2回ずつ計4回実施された。また活動後に、生徒は活動を通して感じたことをそれぞれ自由記述式で書いた。 結果として、授業内活動「4/3/2」によって英語の流暢さが伸びることが示唆された。また授業内英語活動「4/3/2」が、批判的思考態度の育成に寄与するという結果は得られなかった。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
スピーキング指導
研究関連テーマ
コミュニケーション能力
スピーキング指導
批判的思考力
表現力
文法力
流暢さ
テスト・分析方法
自由記述アンケート
プリテスト/ポストテスト
ライアン法
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

生徒の自己発音モニタリングが正確な発音の定着に与える効果

東京都/東京都立白鷗高等学校 教諭 小林 翔

▼研究概要
中学で3年間英語を学習してきたにもかかわらず、高校生の英語の発音能力はあまり高くない。調音方法を知らなければ、正確な音を出すことは難しい。また生徒は自分自身の英語の発音を振り返って聞いた経験もほとんどなかった。本研究では、生徒自身の発音の誤りに対する気づきと修正がどのように推移していくのか、モニタリングを繰り返し検証することで正確な発音が定着できるのか、どの程度発音に対する意識は変化するのかを分析し、検証した。 調音方法を知り、発音への関心が高くなると、自分の発音に自信が持てるようになる。モニタリングを繰り返すにつれて正確な発音ができる。または自分の誤った発音に気づき、修正もできるようになるという仮説を立てた。調査には公立高等学校1年生41名のデータを取り、事前と中間と事後において、発音に対する意識調査の結果を分散分析の手法で分析した。結果は、すべての項目において事前から事後において発音に対する意識・知識・能力の値が上昇した。次に、発音モニタリングテストの結果を分散分析の手法で分析した。結果は、繰り返し自分の発音を聞くことで、正確に発音する力をつけることができることがわかった。また、自分の発音の誤りに気がつき、注意していれば修正もできることがわかった。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
自己発音モニタリング
研究関連テーマ
音声指導
テスト・分析方法
一元配置分散分析
質問紙法(アンケート)
スピーキングテスト
ボンフェローニ法
6件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

Peer Coaching が授業改善に与える影響・効果の検証
―拠点校・協力校制度の中での英語教師の意識―

秋田県/大仙市立大曲中学校 教諭(兼)教育専門監 吉澤 孝幸

▼研究概要
本研究は、同僚とのティームティーチングを通した授業改善であるPeer Coachingの影響・効果を「拠点校・協力校制度」の中で検証しようとしたケーススタディである。実践の切り口として、暗記や原稿を読み上げて話すスタイルからの脱却をめざした「メモに基づいたスピーキング指導」を設定し、授業改善を拠点校と協力校で共通実践した。これらの実践項目を、拠点校から協力校へ波及させる際に、教員が受ける影響・効果は拠点校と協力校の間で、どの程度違いが生じるのかどうかについて教師や生徒への質問紙などを中心として調査した。この実践で取り入れた指導に対する「肯定の度合い」は3校の間で有意な違いはないものの、Peer Coachingの実施回数に起因すると思われる違いは認められた。また、協力校の教員はPeer Coachingに対してどのような意識を持っているか、この点についても明らかにすることを試みた。
▼キーワード
研究対象
教師・教職者
研究メインテーマ
ティームティーチング
研究関連テーマ
Can-do リスト
授業計画
スピーキング指導
ティームティーチング
プレゼンテーション
テスト・分析方法
授業観察
4件法アンケート
必要技能
リーディング
スピーキング
プレゼンテーション
英検 対象級
-

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

新課程版高校検定教科書における英検 Can-do リストと関連のあるタスク【共同研究】

新潟県/長岡工業高等専門学校 准教授 田中 真由美

▼研究概要
本研究では「英検 Can-do リスト」、英語教科書に見られるタスク、そしてパフォーマンス評価の関係を明らかにし、教材、指導そして評価のあり方について示唆を得ることを目的として2つの調査を行った。調査1では、「コミュニケーション英語Ⅰ」と「英語表現Ⅰ」の検定教科書における「英検 Can-do リスト」と関連のあるタスク数を調査した。その結果、教科書内の「書く」タスクと「話す」タスクのほとんどが「英検 Can-do リスト」の「まとめ表現」と関連することがわかった。調査2では教科書のタスクが英語の授業でどのように修正されているかを調べた。教科書のタスクはそのまま使われるのではなく、話題の修正やパフォーマンス評価基準の設定により生徒の実生活や英語力に合った難易度に変えられることがわかった。
▼キーワード
研究対象
教科書
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
英検 Can-do リスト
検定教科書
研究関連テーマ
英検 Can-do リスト
学習指導要領(高等学校)
学習到達目標
検定教科書
コミュニケーション
テスト・分析方法
インタビュー
質問紙法(アンケート)
必要技能
ライティング
スピーキング
英検 対象級
英検準1級
英検2級
英検準2級
英検3級
英検4級

D:その他

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

能力記述文による自己評価と実際のスピーキング能力の関係
―英検 Can-do リストと CEFR-J を使って―

茨城県/筑波大学大学院 在籍 横内 裕一郎

▼研究概要
本調査は、英語スピーキング能力を英検Can-doリストやCEFR-Jの記述文を用いた自己評価が、再話課題への回答で得られた実際のスピーキングパフォーマンスとどのような関係があるかを調査したものである。近年、英語スピーキング能力の評価を大学入試でも行おうという動きがある中、実際に中・高等学校でスピーキング能力を評価する機会は多くない。また、各中・高等学校が学習指導要領に基づいた学習到達目標をCANDOリストの形で具体的に設定するよう文部科学省が提言したことにより、今後CAN-DOリストの開発と妥当性の検証を行うことが多くなると考えられる。本調査では、Shojima(2007a、 2007b)による潜在ランク理論を用い、自己評価と再話課題のパフォーマンスから得られた潜在ランク推定値をクロス集計によって比較した。その結果、英検Can-doリストとCEFR-Jの能力記述文を使用した自己評価は同じ方向性を示したものの、再話課題によるパフォーマンスとの関連性は低かった。
▼キーワード
研究対象
その他英語学習者
研究メインテーマ
英検 Can-do リスト
スピーキング能力
研究関連テーマ
CEFR
英検 Can-do リスト
学習到達目標
自己評価
スピーキング能力
テスト・分析方法
Χ²検定
スピーキングテスト
潜在ランク理論
4件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
英検準1級
英検2級
英検準2級
英検3級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

統合タスクにおける類似がスピーキングパフォーマンスに与える影響
―文章と質問内容の類似レベルに着目して―

茨城県/茨城県立日立第二高等学校 教諭 矢野 賢

▼研究概要
本研究では、英検二次面接試験問題を用い、統合タスクにおいて読んだことと話すことの関係がパフォーマンスにどのような影響を与えるのかについて、類似の枠組みを用いて比較検証を行った。 まず統合タスクに関する研究および類似に関する研究などについて概観し、これらの知見に基づき、調査を2つ行った。 調査1では、インプットおよびアウトプットに用いるトピックの親密度および類似度の違いについて質問紙を用いて調査し分析を行った。 調査2ではインプットに含まれる情報がどの程度アウトプットに使用されパフォーマンスに影響を与えているのかについて、実際のインタビューにおける発話をもとに調査および分析を行った。 この結果、読んだ内容と質問内容とが高次レベルで類似している組み合わせではパフォーマンスを促進した例があった一方、表面的にのみ類似していた場合には不適切な転移を行い誤った説明につながった例が見られた。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
スピーキング能力
研究関連テーマ
学習指導要領(高等学校)
コミュニケーション
語彙力
スピーキング能力
タスク
テスト・分析方法
一元配置分散分析
ウィルコクソンの符号付順位和検定
英検問題(スピーキング)
スピアマンの相関係数
スピーキングテスト
ボンフェローニ法
5件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
スピーキング
英検 対象級
英検2級
英検準2級

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

小学校外国語活動におけるPhonemic Awareness の活動が模倣した発話に与える効果

大阪府/大阪市立神津小学校 教諭 井上 桃子

▼研究概要
本研究の目的は、Phonemic Awareness(以下PA)の活動を通して、日本語母語児童の発音にどのような変化が現れるかを観察することである。PAの活動は6年生をクラスごとに実験群と統制群に分けて行った。 PAの活動は2期にわたって実施した(Ⅰ期2012年6〜7月、Ⅱ期2012年11〜12月)。PAの活動では音の聞き取りをねらいとしたinputの活動と、音の定着をねらいとしたoutput活動を組み合わせた。活動の効果を測定するためにリスニングテストと模倣した発話のテストを行った。 活動の結果、リスニングテストにおいて、Ⅱ期のプレテストで2群に有意な差が見られた。模倣した発話活動では実験群の方が、発話の変化が早く現れた。この結果から、PAの活動を行うことで、音の違いに気づくだけではなく、長期記憶に音声情報が転送されていると考えられる。 PAの活動は児童の音の気づきを、確実な技能として定着させることが可能になると言える。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
音声認識能力
小学校英語活動
研究関連テーマ
学習指導要領(小学校)
コミュニケーション能力
語彙知識
小学校英語活動
スピーキング能力
リスニング能力
テスト・分析方法
実験群/統制群
スピーキングテスト
ピクチャーカード提示課題
リスニングテスト
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

小学校外国語活動における内容言語統合型学習(CLIL)の実践と可能性【共同研究】

東京都/上智大学大学院 在籍・代表者 山野 有紀

▼研究概要
本研究は、外国語活動における他教科を取り入れた内容の充実とその指導方法の探究をめざし、内容言語統合型学習(CLIL)を取り入れ、その実現性と可能性を探ったものである。全国公立小学校5校において全10時間のCLILの実践授業を行い、そのうち4校では普段の外国語活動との比較分析も行った。 研究の結果、外国語活動におけるCLIL授業の実践が可能であることが検証された。 またそれらの実践より、 ①指導者、特に担任教諭の知識と経験を生かした、児童の興味・知的レベルに合う内容の充実、 ②多様な文脈の中での学習言語への慣れ親しみ、児童のコミュニケーション活動への積極的参加、 ③児童の知的レベルに考慮した思考活動の実践、 ④協同学習の質の向上、 ⑤文化・国際理解の体験的学習、以上5点を促進できる可能性が示唆された。 問題点としてはCLIL実践における、使用言語と教材作成の難しさが指摘された。これらより、さらなるCLIL実践の検証の必要性が挙げられた。
▼キーワード
研究対象
小学生
教師・教職者
研究メインテーマ
小学校英語活動
内容言語統合型学習(CLIL)
研究関連テーマ
学習指導要領(小学校)
国際理解
コミュニケーション活動
小学校英語活動
テスト・分析方法
Χ²検定
インタビュー
授業観察
ピクチャーカード提示課題
4件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

スピーチコンテストにおける評価方法

群馬県/安中市立松井田東中学校 教諭 福田 昇

▼研究概要
スピーチコンテストの審査評価をサブランク法で得点化し、「全体的評価」が「分析的評価」に代わる評価方法として可能か検証した。 参加者は準1級レベル英語教師19人、2級レベル英語教師15人、ALT 5名であった。実験は、「a.スピーチの順位づけを行う場合、分析的評価と全体的評価との審査結果に相違はないか。 b.分析的評価よりも全体的評価の方が、評価時間は短くなるか。 c.分析的評価よりも全体的評価は評価が容易であるか」の3つを調査した。 結果は、a. 2つの評価方法に高い順位相関が見られ、分析的評価は全体的評価よりも有意に得点差が生じた。b.全体的評価は分析的評価よりも時間的に有意に評価者の負担を軽減した。 評価者別に見た場合、ALTの分析的評価時間は全体的評価よりも有意に時間が長くかかったが、準1級レベル英語教師では有意差はなかった。 c.ただし、参加者は全体的評価は分析的評価よりも評価が容易であるとは思っていないことが示された。
▼キーワード
研究対象
教師・教職者
研究メインテーマ
スピーチ
研究関連テーマ
ALT
ESL(English as a Second Language)
スピーキング能力
評価(指導者による)
流暢さ
テスト・分析方法
Χ²検定
サブランク法
スピアマンの相関係数
スピーチ
テューキー法
分散分析
5件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
英検準1級
英検2級

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

自己評価と他己評価を利用した自律的英語学習の探求
―高校生による英語スピーチを対象として―

神奈川県/神奈川県立横浜清陵総合高等学校 教諭 菅沼 洋子

▼研究概要
本研究は、生徒評価(自己評価・他己評価)と先生評価の関係を調査・研究することを目標とし、特に以下の4つの研究課題について考察をした。 1)生徒の自己評価と先生評価は1か月内に行われた3回の計測でどのように異なるか 2)生徒の他己評価と先生評価は1か月内に行われた3回の計測でどのように相関するか 3)自己評価と他己評価はどのように生徒の学習態度に影響を与えるのか 4)自己評価と他己評価はどのように学習者の自律性に影響を与えるのか なお、本研究のデータは、高校生の1分間英語スピーチを対象とする。リサーチ参加者は、英語母語話者の教師1名、日本語母語話者の教師1名、日本語母語話者の高校生26名である。生徒は、13名ずつの自己評価グループと他己評価グループの2グループに分けられ、スピーチ後に自己評価もしくは他己評価を行い、教師も同様に生徒のスピーチを評価した。結果は、自己評価グループの方が、Language Useの項目において先生評価との一致度を見せたが、他己評価グループは先生評価との相関を見せず、評価活動を3回繰り返しても、相関関係の発展は見られなかった。また、学習の自律性に関する影響度に関しても自己評価グループの方で変化が観察された。
▼キーワード
研究対象
高校生
教師・教職者
研究メインテーマ
自律的英語学習
研究関連テーマ
CEFR
自己評価
自立学習
自律性
スピーキング指導
動機づけ
テスト・分析方法
ウィルコクソンの符号付順位和検定
ケンドールの順位相関係数
5件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

高校生が地元を英語で紹介し海外の学校との交流を促進するノウハウを構築する
―FACEBOOK を活用して―

富山県/富山国際大学付属高等学校 教諭 林 要昭

▼研究概要
本研究は、本校国際英語コース生徒および英語部員を対象にした研究である。参加生徒が少しでも円滑に英語を発話できるよう、彼らが英語を使わざるを得ないような状況を創出するために、地元富山の観光地とお祭りを海外の姉妹校の同世代の生徒に向けて発信してみようという試みを実践した報告である。 この報告では以下の3点について参加生徒の積極的な変容を観察することができた。参加生徒の積極性と自主性が今後、海外の姉妹校との交流にプラス効果をもたらすと同時に、他の地域の高校にも良い刺激となって海外の高校とコンピュータで交流する学校が増えればよいと願って地域を英語で紹介するという実践をした報告である。(後略)
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
インターネット交流
海外交流
研究関連テーマ
コンピューターリテラシー
プロジェクト型学習
テスト・分析方法
インタビュー
質問紙法(アンケート)
必要技能
ライティング
スピーキング
プレゼンテーション
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

英語の試験における語用論的能力を問う問題の出題傾向調査とその指導
―発話行為の指導―

東京都/上智大学大学院 在籍 深澤 英美

▼研究概要
本研究は大学入試センター試験、実用英語技能検定、Test of English for International Communication(TOEIC)に出題された問題の中から、正解するために語用論的な知識が必要となると考えられる問題を取り上げ、どのような発話行為が出題されているのかを分析した。また、それをもとにTOEICに関する語用論的内容を学生に指導し、効果を検証した。 その結果、上記の英語の試験には語用論的知識が必要な問題が出題されており、特に依頼や提案などの発話行為が出題されていた。それをもとにTOEICについての語用論的内容の指導を行った結果、TOEIC新公式問題集のリスニング問題の正解数には貢献しなかったが、指導後には指導前には使えなかった新しい依頼の表現を使えるようになった学生もいた。また、授業中に学生同士のグループワークや教員からのフィードバックをすることによって、学生に語用論的な気づきが生まれている可能性が示唆された。
▼キーワード
研究対象
大学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
語用論的能力
研究関連テーマ
オーラル・コミュニケーション
コミュニケーション能力
語用論
テスト・分析方法
TOEIC
英検問題(リスニング)
スピーキングテスト
センター試験
フィードバック
必要技能
スピーキング
英検 対象級
英検1級
英検準1級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

OCの授業におけるメタ認知指導が日本人大学生に与える影響
―自律した学習者の育成に向けて―

大阪府/関西大学大学院 在籍 香林 綾子

▼研究概要
本研究では日本人大学生を対象としたオーラル・コミュニケーションの授業において、メタ認知指導を実施し、その指導の影響を自己調整学習理論の観点から考察した。指導後では実際のオーラル・コミュニケーションの会話にどのような影響が現れるのかを見るために、インタビュー、および、会話分析を行った。さらに、指導に対する学生の意見を分析することで考察を深めた。結果、インタビューからは、指導後、学生はコミュニケーションのためのメタ認知方略とコミュニケーション方略をより使用するようになったことが明らかになった。また、会話分析からは、指導後、学生の英語使用者としてのオートノミー(自律性)が高まったことが観察された。さらに.学生の意見より、メタ認知の働きが自己効力感(学生の目標や課題を達成できるという感じ)の高まりに影響し、メタ認知方略やコミュニケーション方略を実践することが、それらの意義を知ることにつながるという知見が得られた。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
コミュニケーション方略
メタ認知
研究関連テーマ
オーラル・コミュニケーション
コミュニケーション能力
自律性
メタ認知
テスト・分析方法
インタビュー
プリテスト/ポストテスト
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

「国際バカロレア・中等教育プログラム」の教育方法を取り入れた授業実践とその効果

大阪府/帝塚山学院中学校高等学校 教諭 道中 博司

▼研究概要
本研究では、国際バカロレアの「中等教育プログラム(Middle Years Programme :MYP)」の教育方法を取り入れた英語授業を行い、その効果を調査した。 中学1年生42名に約9か月間の実践を行った。MYPでは、包括的な学習、多文化理解、コミュニケーションという3つの概念を基本に据え、自己の価値観を築きながら、国際的視野を発達させる生徒の育成をめざす。 その目標を実現するために、教科ごとの目標や評価規準が設けられている。また、教科の指導内容を生徒の実生活に結びつけるための仕組みが作られている。それらを盛り込んで、「単元プランナー」と呼ばれる授業案を作成し、授業実践を行う。 調査の結果、MYP教育を取り入れた英語授業を行うことで、生徒の英語学習意欲と異文化交流志向が高まり、「英語学習の実利的な動機」、「英語を学ぶ意欲」、「異文化交流志向」について統計的に有意な差が見られた。英語力についても、聞く力、読む力ともに得点が上昇した。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
国際バカロレア
研究関連テーマ
国際理解
コミュニケーション
動機づけ
テスト・分析方法
ライティング・タスク
4件法アンケート
必要技能
リーディング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

中学校段階におけるTSLT(Task Supported Language Teaching)シラバスを基にした英語指導の研究

愛知県/名古屋市立守山東中学校 教諭 山田 慶太

▼研究概要
本研究では、第2言語習得研究で注目されているTask Based Language Teaching(TBLT)の理論を基に、より小学校段階の英語学習者に適しているとされるTask Supported Language Teaching (TSLT)の理念(Ellis、2009;高島、2000、2005)を基礎とした英語指導を実践する。 中学3年生を対象に設定したTSLTシラバスにおいて、7月、10月、12月、2月と計4回の「タスク活動」を実施した。「タスク活動」に取り組む学習者の発話を録音し学習者自身に振り返らせ、指導者は発話に共通して見られる誤り等を分析し学習者自身の「気づき」を重視しながらフィードバックとしての文法指導を行った。 学習者がタスク活動の最中にやり取りするメッセージの中心となる「過去形」と「現在完了形」の正確かつ適切な使用に着目しながら、シラバスの根幹となる、①文法指導→②タスク活動→③フィードバックとしての文法指導、という指導手順の有効性を授業実践を通して検証した。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
TSLT(Task Supported Language Teaching)
研究関連テーマ
Task Based Language Teaching(TBLT)
コミュニケーション活動
授業計画
テスト・分析方法
自己評価シート
文法テスト
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

ノンネイティブ・スピーカー講師が高校生に与えた影響
―英語と日本語の発表・交流活動より―

宮城県/白石高等学校 教諭 佐藤 幸恵

▼研究概要
日本の英語教育界では英語教師と言えばネイティブ・スピーカー(NS)が好ましいというネイティブ信仰が根強いと言われているが、英語を世界諸英語としてとらえ、使用者同士での有効な英語使用に重きを置く昨今の動きなどに着目すると、ノンネイティブ・スピーカー(NNS)教師を積極的に活用することで独自の効果を生むことができるのではないかと考えられる。 この仮定をもとに、高校2年生対象の選択科目においてNNS講師を迎え発表活動を行った。 2期を設定し、各期の最後に高校生は講師たちの国について英語で、講師は日本語で日本と自らの母国についての発表を行い、その後、英語・日本語の交流会を持つというものである。 結果として、講師たちがNNSとして英語を使っていることが高校生にとって英語学習の強い動機づけとなる点などが明らかになった。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
ノンネイティブスピーカー
研究関連テーマ
JETプログラム
JTE
国際理解
コミュニケーション
世界諸英語
テスト・分析方法
自己評価シート
プレゼンテーション
リスニングテスト
4件法アンケート
必要技能
スピーキング
プレゼンテーション
英検 対象級
英検準2級
英検3級

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

豊かなコミュニケーション活動を実現するOutputの創造【共同研究】
―地域外国語活動補助教材「Joy!Joy!English!」を活用した外国語活動の試み―

北海道/旭川市立北光小学校 教諭・代表者 小山 俊英

▼研究概要
児童にコミュニケーション能力の素地が求められている外国語活動。筆者は一人一人の児童に、素地にとどまらず、コミュニケーション能力を無理なく高めていくことをめざし実践を行っている。本研究では、次の2点を実践した。 ①単元を通して活動意欲の持続を促すために、OutputもしくはOutput的な活動の充実を図る実践 ②地域教材「Joy! Joy! English!」を制作し、Output的な活動で活用し、コミュニケーション能力を育む実践 筆者が平成15年に設立したAEENの会員にも実践協力してもらい、児童の自己評価(活動評価)の分析をすることを通して上記2点の検証にアプローチした。現在使用している「英語ノート」では、OutputもしくはOutput的な活動を仕組むことはなかなか難しい。しかしながら、充実したOutputは、児童の活動意欲を持続させること、および、本研究で多くの児童に試用してもらった「Joy! Joy! English!」が、コミュニカティブで児童が意欲的に取り組むことのできる教材であることを検証することができた。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
コミュニケーション活動
研究関連テーマ
B-SLIM
コミュニケーション活動
コミュニケーション能力
小学校英語活動
自己評価
テスト・分析方法
自己評価シート
4件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

小学校外国語活動における評価の可視化【共同研究】
―客観的な評価規準作成の試み―

福岡県/大牟田市立明治小学校 校長・代表者 馬場 直子

▼研究概要
小学校外国語活動の評価について、文部科学省は、平成22年5月に「小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校等における児童生徒の学習評価及び指導要録の改善などについて」の通知を出している。 明治小学校では、この通知の内容を踏まえながら、外国語活動の客観的な評価の実践研究をめざし「単元の評価規準の作成」、「毎時間の評価規準と評価方法の設定」、「評価補助簿の作成」および「個人カルテの作成」を図ってきた。(中略)これら一連の方途により教師の主観的・慾意的判断を退け、客観的な評価規準を作成することができた。また、評価の可視化が図られ、そのシステムが構築できた。それによって、子どもの状況を多面的、多角的に把握し、個々に応じた手立てを講じることができるようになってきた。まさに、指導と評価の一体化が図られたものと考える。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
小学校英語活動
研究関連テーマ
学習指導要領(小学校)
自己評価
相互評価
テスト・分析方法
自己評価シート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

英語スピーキングテストにおける対話者の存在がスピーチパフォーマンスに与える影響

兵庫県/宝塚市立御殿山中学校 教諭 柳瀬 学

▼研究概要
現在、英語学習者のスピーキング能力を測るためのさまざまなテストが実施されている。それぞれのテストの特徴の違いの1つが対話者(話し相手)の存在の有無であるが、先行研究においてスピーキングテストにおける対話者の有無は、発話者のジェスチャー頻度に大きな影響を与え、ジェスチャー頻度の違いはスピーチにおける流暢さと正確さの数値と高い相関があることが実証されている。ただ、それらのデータは母語(L1)話者やESL環境の英語話者から得られたもので、EFL環境の日本入学習者に関するデータはほとんど存在しない。そこで本研究ではスピーキングテストを行う際、対話者の存在が日本人上級英語学習者のスピーチパフォーマンスにどのような影響を与えるかを検証した。結果、対話者が目の前に存在した場合、存在しなかった場合よりも有意にジェスチャー頻度、およびスピーチの流暢さ、正確さの値が伸びていた。最後にこれらの結果から今後の英語スピーキングテストの在り方に関する提案を行っている。
▼キーワード
研究対象
日本人英語学習者
研究メインテーマ
スピーキングテスト
スピーチ
研究関連テーマ
T-unit
スピーキング能力
文法力
流暢さ
テスト・分析方法
t検定
一元配置分散分析
スピーチ
ボンフェローニ法
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

タスク後に行う活動の違いがその後のタスク遂行時の言語使用に与える影響
―協働的振り返りをどのように行うか―

神奈川県/南足柄市立南足柄中学校 教諭 内藤 篤

▼研究概要
本研究は、学習者がコミュニカティブなタスクを行った後に行うタスク終了後の活動において、ある種の指導を受けてから自分たちの発話について協働的振り返りを行うことで、その後のタスク繰り返し時における学習者の言語運用に影響が及ぼされるかどうかについて調べるものである。デザインは、実験群の学習者に対して1回目のタスク終了後の活動として2つの活動(明示的指導を行ってから協働的振り返り、モデル提示を行ってから協働的振り返り)を行わせる。そしてその後のタスク繰り返し時と2週後に閉じタスクを行った際に、学習者が産出する言語について、正確さと流暢さの面で何の活動も行わずタスクを繰り返した統制群と比較する。また、学習者が行った協働的振り返り中の対話を質的に分析することで、実際に学習者がどのようなことに注意を向けているかについて調査する。それらを検証することにより、中学校における文法指導と言語活動の在り方を提案したい。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
振り返り
研究関連テーマ
コミュニケーション活動
タスク
文法指導
流暢さ
テスト・分析方法
インタビュー
実験群/統制群
多重比較
単純主効果検定
分散分析
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

高校生の会話における対人コミュニケーション指導の効果

東京都/立教大学大学院 博士課程・在籍 行森 まさみ

▼研究概要
本研究の目的は、(1)高校生の英語での会話における対人コミュニケーションへの意識と動機づけの関係、(2)指導・練習という教育介入を受けることによる、意識と動機づけの変化を明らかにすることである。(1)については、言語行動よりも非言語行動により多く依存しており、「話し手として相手に返してもらえるような話題選びや話し方」、「聞き手として、興味・関心を示しながら質問をする」などという相手にも話しやすい配慮をするという点において特に改善の余地が見られ、それらは動機づけとも関係していた。(2)については、指導・練習後、言語行動に対する意識の高まりが確認され、実際の会話にもそれが表出している例が見られた。しかし動機づけについては、教育介入による意識の変化のみが動機づけに影響を与えているとは言いきれないことが明らかとなった。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
コミュニケーション指導
研究関連テーマ
コミュニケーション
動機づけ
テスト・分析方法
t検定
スピーキングテスト
5件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

D:その他

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

到達目標,指導,評価の一体化の在り方の研究
―PCPP法による英語で行う授業への英検 Can-do リストの活用―

石川県/石川県立金沢桜丘高等学校 教諭 前田 昌寛

▼研究概要
平成25年度より、新高等学校学習指導要領が施行される。新指導要領では、(1)授業は英語で行うことを基本とすること、(2)4技能の総合的、統合的指導を行うことが特徴とされる。(1)については、EFLの環境において、JTEが無理なく行える教授法としてPCPP法を本研究では採用し、(2)については、英検Can-doリストを用いた4技能総合・統合タスク型授業を実践した。つまり、PCPP法による英語で行う授業へ英検Can-doリストを到達目標、評価の道具として活用することで、到達目標、指導、評価の一体化の在り方を本研究では扱っている。PCPP法による英検Can-doリストを活用した授業を実践した結果、生徒の4技能に対する運用能力の自信の度合いは向上し、特に読むことのタスク達成率が向上した。PCPP法による英検Can-doリストを活用した英語で行う授業の1つのモデルとして提案したい。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
英検 Can-do リスト
研究関連テーマ
CEFR
英検 Can-do リスト
英語運用能力
学習指導要領(高等学校)
自己評価
テスト・分析方法
プリテスト/ポストテスト
5件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

日本人英語学習者のスピーキング vs. ライティングパフォーマンスの比較分析のための指標 
―学習者コーパスに基づくアプローチ―

東京都/東京外国語大学大学院 在籍 野村 真理子

▼研究概要
本研究は,日本の中学・高等学校の外国語科の新学習指導要領を踏まえ,話す活動と書く活動を組み合わせて表現力を育成する効果的な指導を模索するための基礎調査として,中学生・高校生の日本人英語学習者からスピーキングとライティング両方の産出データを収集し,学習者コーパスを構築することにより,同一学習者集団のスピーキング vs. ライティングパフォーマンスを比較分析し,比較測定のために有効な指標を調べたものである。分析に使用したコーパスデータは,中学3年生~高校3年生324名から収集した同一学習者が同一テーマで産出したスピーキングとライティングのデータである。使用語彙,10の言語特徴, 5つの言語項目のエラーおよび正用率について,話し言葉vs. 書き言葉で比較分析を行った結果,調査した多くの項目がモードの違いによる差異を示し,日本人中高生の産出モードの異なるパフォーマンスデータを比較分析するのに有効な指標が明らかになった。
▼キーワード
研究対象
中学生
高校生
研究メインテーマ
スピーキング能力
ライティング能力
研究関連テーマ
英検 Can-do リスト
コーパス
スピーキング能力
ライティング能力
テスト・分析方法
Χ²検定
自由英作文
スピーキングテスト
二元配置分散分析
ボンフェローニ法
必要技能
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

『英語ノート』の効果的な使用法と活動実践例【共同研究】
―英語教育特区荒川区における小学校での取り組みから―

東京都/荒川区立峡田小学校 英語教育アドバイザー・代表者 杉山 明枝

▼研究概要
筆者が小学校英語教育アドバイザーとして勤務している東京都荒川区では,特区として平成16年度から小学校英語教育を開始し,指導方法の確立など一定の成果が見えてきた。しかしその一方で『英語ノート』に関し,これをどのように使用するかという課題が浮上した。  そこで本研究では既存の指導計画を生かしながら効果的に『英語ノート』を使用するための方法を荒川区での一小学校における授業実践を中心に,『英語ノート』で扱われている語彙やアクティビティなども分析しながら検証した。荒川区では既に6年間特区として独自の小学校英語教育を展開しているため,『英語ノート』をそのまま使うのではなく,既存の指導計画を生かしながら,『英語ノート』の中で活用できるアクティビティや歌・チャンツなどを部分的に選択利用するという形式をとった授業がほとんどであった。『英語ノート』は基本的には5,6学年用に作成されたものであるが,歌・チャンツに関しては低・中学年の授業においても利用した。また年度の開始と終了時に5,6学年全児童に語彙習得に関する調査をアンケート形式(評価)で実施し,その結果も踏まえた上で『英語ノート』を組み込んだ年間指導計画や語彙集を作成した。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
小学校英語活動
授業計画
研究関連テーマ
学習指導要領(小学校)
コミュニケーション能力
語彙力
小学校英語活動
授業計画
テスト・分析方法
t検定
語彙テスト
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

コミュニケーション活動に対する動機づけを高める理論と実践
―自己決定理論に基づいて―

三重県/津市立東観中学校 教諭 村井 一彦

▼研究概要
本研究の目的は,コミュニケーション活動を英語科授業の主たるものとして位置づけ,その中で,生徒の動機づけを高めるために必要な諸条件とは何であるかということを具体的に検討することであった。そして,自己決定理論における3つの心理的欲求の充足を動機づけを高めるための手立てとして,それらの認知を高める授業介入を約6か月間継続して行い,コミュニケーション活動に対する手立てと動機づけの高まりの関連について検討した。  研究1においては,自己決定理論における3つの心理的欲求の認知を測定するための「コミュニケーション活動における心理的欲求支援尺度」と自己決定理論における動機づけを測定するための「コミュニケーション活動における動機づけ尺度」を作成し,津市立T中学校の第2 学年生徒115名を対象に,2009年4月中旬に質問紙調査を実施した。(1)コミュニケーション活動に対する3つの心理的欲求支援の働き,(2)コミュニケーション活動に対する動機づけ構造,(3)コミュニケーション活動に対する3つの心理的欲求支援と動機づけの関係に関して検討した。コミュニケーション活動に対して,自律性支援,有能性支援,関係性支援の3 つは,互いに関連させ合いながら心理的欲求支援を満たしていることが確認できた。また,隣接する動機づけ概念間では,連続体上で隣接する概念間ほど相関が強く,離れるほど相関が弱い,あるいは負の相関を示していることが確認できた。そして, 3つの心理的欲求支援のうち,自律性支援と有能性支援に関しては,コミュニケーション活動の動機づけの高まりに強い影響を与えることが確認できた。  研究2においては, 3つの心理的欲求を充足させる手立てや動機づけの高まりにつながる手立てを計画し,授業介入(2009.4下旬~2009.9下旬)を行った。また,「コミュニケーション活動における心理的欲求支援尺度」,「コミュニケーション活動における動機づけ尺度」を使用し,授業介入を行った津市立T中学校の第2 学年生徒56名を対象に,2009年4月と2009年9月に質問紙調査を実施した。授業介入前後の比較により, 3つの心理的欲求支援の高まりと動機づけの高まりの関係を検討した。6か月間の授業介入によって,コミュニケーション活動に対する3つの心理的欲求の充足に関しては,自律性支援と関係性支援の認知が高まった。そして,内発的動機づけと同一視的調整といった自律性の高い動機づけの高まりが確認できた。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
コミュニケーション活動
自己決定理論
研究関連テーマ
コミュニケーション活動
動機づけ
表現力
テスト・分析方法
t検定
確認的因子分析
共分散構造分析
クラスター分析
質問紙法(アンケート)
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

逐次通訳メソッドによるアウトプット練習が英語コミュニケーション能力に与える影響
―リプロダクションとシャドーイングを統合した授業から―

茨城県/茨城県立古河第一高等学校 定時制 教諭 飯塚 秀樹

▼研究概要
本研究では,通訳訓練法を用いたこれまでの SLA研究を,「逐次通訳」,「シャドーイング」,「リプロダクション」,「プロソディー分析」という4つの視点から調査し,それらが英語コミュニケーション能力に与える影響を考察した。さらに,これらの先行研究の中から統計的に有意とされた活動や,主効果の認められた手法を統合し,新たに改良を加え,音声中心の学習法として「逐次通訳メソッド」を提起した。本メソッドによる処置を約5か月間継続した結果,以下の3点が示された。  1) 本メソッドに基づくリプロダクション活動後,語彙・文法力を測る事前・事後テスト間に統計上の有意差が認められた。  2) 音声の表層構造をとらえるシャドーイングにtop-down的認知処理プロセスを加えた結果,リスニング能力伸長度テストで有意に点数が伸びた。  3) IL(Interlanguage:中間言語)を書かせることで,音声中心の学習では解決されづらい言語分野が特定された。 本研究により,CALL システムを使った指導法の一例も示唆された。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
シャドーイング
リプロダクション
研究関連テーマ
コミュニケーション能力
語彙力
シャドーイング
中間言語
文法力
テスト・分析方法
一元配置分散分析
二元配置分散分析
プリテスト/ポストテスト
リスニングテスト
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

高校生の英語ディベート活動は英語スピーキング力と批判的思考力を伸ばすのか【共同研究】

鹿児島県/鹿児島県立志布志高等学校 教諭・代表者 有嶋 宏一

▼研究概要
本研究は,高校生の英語ディベート活動が英語スピーキング力と批判的思考力に及ぼす効果について調べたものである。仮説として,英語ディベート活動により,英語スピーキング力と批判的思考力は伸びるとし,またその両者にも相関関係があるとした。生徒の批判的思考力と英語スピーキング力は英語ディベート活動の前後で2回ずつ計4回調査された。また英語ディベート活動後,生徒に試合前,試合途中,試合後,感じたことを振り返ってもらい,それぞれ自由記述式で書かせた。  結果として,仮説は支持され,英語ディベート活動の後で,英語スピーキング力と批判的思考力が伸びることが示唆された。また英語ディベート活動後,批判的思考力と英語スピーキング力全体と流暢さと複雑さに相関があることが示された。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
ディベート
研究関連テーマ
スピーキング能力
批判的思考力
文法力
流暢さ
テスト・分析方法
自由記述アンケート
相関係数
テューキー法
二元配置分散分析
プリテスト/ポストテスト
必要技能
リスニング
スピーキング
プレゼンテーション
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

コミュニケーション能力の育成をめざす「長良メソッド」の実践とその効果の検証
―新しい学習指導要領を具現化する一指導法―

岐阜県/岐阜県立長良高等学校 教諭 石神 政幸

▼研究概要
平成21年3月に出された「高等学校学習指導要領」では,「4技能の総合的な指導を通して,これらの4技能を統合的に活用できるコミュニケーション能力を育成するとともに,その基礎となる文法をコミュニケーションを支えるものとしてとらえ,文法指導を言語活動と一体的に行う」ことや,「生徒が英語に触れる機会を充実するとともに,授業を実際のコミュニケーションの場面とするため,授業は英語で行うことを基本とする」ことがうたわれた。本稿ではこの新しい学習指導要領を具現化していく一指導法として,岐阜県立長良高等学校で行われている「長良メソッド」について報告する。「長良メソッド」では,シャドーイングやサイト・トランスレーションなど音読を中心としたインプットと生徒がカセットテープレコーダーを利用して会話をするアウトプットの活動が行われている。この「長良メソッド」の指導法を概観し,その実践と効果の検証を行う。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
コミュニケーション能力
研究関連テーマ
学習指導要領(高等学校)
コミュニケーション能力
シャドーイング
チャンキング(スラッシュリーディング)
ティームティーチング
テスト・分析方法
ACE(Assessment of Communicative English)
CASEC
GTEC
t検定
ディベート
6件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

英語授業における教師の考えとコミュニケーション志向との関連
―教師をめざす大学生が行った模擬授業の分析を中心に―

北海道/旭川実業高等学校 教諭 志村 昭暢

▼研究概要
本研究では教師をめざしている教員養成課程の大学生が行った中学校と高等学校での授業を想定した模擬授業について,Frölich,Spada and Allen(1985)で開発された授業分析手法である,Communicative Orientation of LanguageTeaching Observation Scheme(COLT)を用いて分析し,それぞれの授業におけるコミュニケーション志向の特徴を分析した。その後,分析結果をもとに授業者に面接調査を行い,授業の背景にある授業者のビリーフ(考え)を明らかにした。  結果は授業分析により活動形態,活動内容,学習者の使用技能,教師・学習者の言語使用の観点により,それぞれの学生教師(教育実習生)が行った授業のコミュニケーション志向の特徴を明らかにできた。また,面接調査の分析により,学生教師のビリーフが模擬授業のコミュニケーション志向の特徴に反映されていることが明らかになった。また,各教師が行った模擬授業の背景にあるビリーフも明らかになった。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
授業研究
研究関連テーマ
コミュニケーション
スピーキング能力
ビリーフ
テスト・分析方法
COLT(Communicative orientation of Language Teaching Observation Scheme)
グラウンデッド・セオリー・アプローチ(GTA)
スピーキングテスト
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

「話し手」の英語スピーキング力を促す「聞き手」の育成
―カウンセリング技法、スピーキングテスティング技法教授の効果―

東京都/東京大学大学院教育学研究科 在籍 関谷 弘毅

▼研究概要
本研究は,ペアワークによるスピーキングの学習場面において,聞き手に質問スキルを教授することの話し手のスピーキング力向上への効果とその個人差について,中学生を対象に検討した。質問スキル教授群,事前準備を加えた質問スキル教授群,統制群を設定し実験授業を行った。質問スキル教授の有無,事前準備の有無の対比を用いて検定を行った結果,質問スキルの教授は話し手の発話の複雑さに,事前準備を加えた指導は発話の複雑さ,正確さに効果を持つことが示された。また,学習観を個人差変数とした適正処遇交互作用(ATI)の検討の結果,文法規則を重視する学習者には,事前準備を行った聞き手を相手にした方が発話の流暢さ,正確さ,および知識レベルの文法規則の習得に高い効果が得られた。情緒性格要因に関しては,衝動性が高い学習者にとっては事前準備を行っていない聞き手を相手にした方が,発話の流暢さを高めることが示された。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
スピーキング能力
研究関連テーマ
学習動機
スピーキング能力
非言語行動
テスト・分析方法
スピーキングテスト
適正処遇相互作用(ATI)
ピクチャーカード提示課題
文法テスト
プリテスト/ポストテスト
4件法アンケート
5件法アンケート
6件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

スピーチにおける生徒相互評価の妥当性
―項目応答理論を用いて―

茨城県/茨城県立竹園高等学校 教諭 深澤 真

▼研究概要
本研究の目的は,スピーチにおける日本人高校生の相互評価にはどの程度の妥当性があるかを検証することである。妥当性は, 1)構造的要素, 2)一般可能性的要素, 3)外的要素, 4)内容的要素, 5)実質的要素, 6)影響的要素の6つの側面より検証された。主な分析方法として項目応答理論のラッシュ・モデル分析を用いた。その結果,生徒相互評価の構造的要素については部分的に妥当性が認められ,その他の5つの妥当性の側面についてはすべてにおいて十分な妥当性が示された。6つの妥当性の要素の検証結果をまとめると,スピーチにおける日本人高校生による相互評価には一定の妥当性があると考えられる。また,生徒相互評価には,教員評価に比べ平均値が高く,標準偏差が低い傾向も見られた。これらの研究結果に基づき,生徒相互評価の活用について教育的示唆を行う。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
スピーチ
相互評価
研究関連テーマ
コミュニケーション能力
相互評価
テスト・分析方法
t検定
項目応答理論(IRT)
ピアソンの積率相関係数
ラッシュ・モデル
5件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

日本人英語学習者に適したテスト形式とは何か
―オンラインテストと口頭テストの比較検討―

兵庫県/神戸学院大学附属高等学校 教諭 船越 貴美

▼研究概要
テスティング技術の進歩とコンピュータの普及によって多様なテスト形式が開発されるようになり,従来の紙と鉛筆を用いた筆記テストに代わって,コンピュータを用いたテストが開発され,テスト形式と採点方法に変化をもたらした。本研究では,異なる2つのテスト形式を使って同じ質問をし,評価基準をあわせて得られた採点結果と,テスト後のアンケート結果よって,どちらのテスト形式がよりコミュニケーション能力を発揮できるかを検証した。実験には私立高等学校1年生199名が参加し,英語母語話者による直接対面式の口頭テストと,インターネットの回線でつながれたコンピュータの画面を見ながらキーボードで解答を入力するオンラインテストの両方を受験した。その結果,口頭テストは英語によるコミュニケーション能力を測定するテストとして,日本人学習者に適したテスト形式であると考えられるが,テストの信頼性を高める必要があることがわかった。また,オンラインテストは客観的な採点が可能となるが,解答時間や IT 環境の整備などの課題を見直す必要があることが明らかになった。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
オンライン学習
テスト形式
研究関連テーマ
オンライン学習
コミュニケーション能力
テスト形式
テスト・分析方法
t検定
確認的因子分析
共分散構造分析
重回帰分析
テューキー法
4件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

プロジェクト型外国語活動におけるインプット増強のためのカリキュラムの提案
―自立学習喚起のための音声指導のあり方―

兵庫県/西宮市立高木小学校 教諭 東野 裕子

▼研究概要
平成23年度より小学校の第5 ・6学年に導入される「外国語活動」では,小学生という発達段階を考慮した体験的な活動を通して,内容は「総合的な学習の時間」で育成すべき「生きる力」を共通項としながらも,言語教育の枠組みの中での「コミュニケーション能力の素地」の育成が目的である。そこでは,与えられた(あるいは,見つけた)課題に対して児童自らがゴールを決定し,そのゴールまでのプロセスにおいて,グループ学習や協同の学び体験を通して,主体的かつ創造的な学びが成立する。この種の特徴を持つ課題解決型の活動を「プロジェクト型外国語活動」と呼ぶ。  本研究では,このプロジェクト型外国語活動により,児童が,時間の経過に伴い,より意欲的に活動に取り組むことができたことを「振り返りシート」を時系列に調査し,コミュニケーションに対する積極的な態度の変化を観察した。また,到達すべきゴールが明確であることにより,学習が必然的になされ,自ら英語表現を練習し,発表の段階まで意欲的に取り組んだ結果,プロジェクトで扱った英語表現が自然と定着したことを明らかにした。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
プロジェクト型活動
研究関連テーマ
音声指導
コミュニケーション能力
自己評価
授業計画
自立学習
プロジェクト型学習
テスト・分析方法
自由記述アンケート
リスニングテスト
4件法アンケート
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

海外パートナー校との協調学習による英語コミュニケーション力向上プログラムの試み【共同研究】

東京都/八王子市立城山中学校 教諭・代表者 吉田 和夫

▼研究概要
本論文は一般的な公立中学校での英語科の授業においては比較的実現が難しいと考えられる,海外のパートナー校(中学校レベル)との連携による効率的・効果的な学習指導を構築することの可能性について具体的に検討・実施した教育実践を紹介するものである。  また,この実践を通して,今後どのようなシステムで,国際社会に備えることのできる英語を用いた総合的なコミュニケーション力を向上させるかを具体的に考察した。さらに,そのためにどのような手立てやプログラムが必要となるか,またそのプログラムを実施するにあたり,どのようなマニュアルや手引き,ワークシートなどの書式があるとよいかをあわせて検討し,各学校ですぐに役立ち,実践に取り組めるよう,全体の内容や手順をパッケージ化した。  この報告内容を実践することで,多くの公立中学校でこれまでとは異なる「真正・本物の(Authentic)」交流的な学習,協調学習が実現すると考える。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
海外交流
協同学習(協働学習)
コミュニケーション能力
研究関連テーマ
学習意欲
動機づけ
表現力
プロジェクト型学習
テスト・分析方法
-
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

後置修飾の定着を促す言語活動と文法指導の有効性に関する実証的研究

神奈川県/横浜市立旭中学校 教諭 奥村 耕一

▼研究概要
この報告は,中学校における外国語指導において,教師が,日本語を母語とする中学生に日本語とは異なる語順や修飾の関係について定着させるには,どのような指導が必要かを明らかにしようとしている。  そのために,これまでに提言されてきた言語活動と文法指導を有機的に関連させることによって,後置修飾の定着をどの程度促すことができるかを探ることにした。後置修飾の文構造は,日本語とは異なることから,中学生にとってその定着が難しいとされてきた。2012年度に完全実施の新学習指導要領では,文法指導と言語活動を有機的に結びつけて指導することにより,コミュニケーション能力の基礎を養うよう求められている。本研究では,主に3種類の言語活動を実施することにより,どの程度後置修飾の定着が促されたかを測定していく。  結論においては,日本における外国語学習の環境を踏まえた,今後の指導のあり方と課題についての示唆でまとめている。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
スピーキング指導
リーディング指導
研究関連テーマ
音読
学習指導要領(中学校)
スピーキング指導
タスク
文法指導
リーディング指導
テスト・分析方法
t検定
テューキー法
分散分析
プリテスト/ポストテスト
必要技能
リーディング
スピーキング
英検 対象級
-

D:その他

STEP BULLETIN vol.21 2009

英検 Can-do リストのスピーキング分野における Can-do 項目の妥当性検証

北海道/函館工業高等専門学校 准教授 臼田 悦之

▼研究概要
財団法人日本英語検定協会(以下,英検)は2006年に「英検 Can-do リスト」を発表し,それぞれの級取得者が4技能の領域で実際にどのようなことができる可能性があるのかをわかりやすく示した。これは,大規模アンケート調査による結果に基づいて作成されているため,信頼性はあると考えられる。しかし,英検合格者がそのリストの内容を実際にできるかどうかはほとんど調べられてはいない。  本研究では,級取得者が「英検 Can-do リスト」に書かれている内容を,実際にできるかどうかを調査することによって,その妥当性の検証を試みた。  対象は準2級の「話す」分野に的を絞り,合格通知後1か月以内の準2級合格者73名に対して,4つの Can-do 表現を基にして作成したタスクを1対1の面接形式で実施した。そして,各タスクにおける被験者の達成率を調べることにより妥当性検証を行った。  その結果, 1つのタスクを除いて数値上妥当性があるということがわかった。その1つのタスクとは,自分の将来の夢や希望について話すというタスクであったが,できる可能性が低いというわけではなく,他のタスクの出来具合から考えて,本人に話す内容があればきちんと応答できた者もいたのではないかと推察された。
▼キーワード
研究対象
高専生
研究メインテーマ
英検 Can-do リスト
研究関連テーマ
英検 Can-do リスト
自立学習
スピーキング指導
テスト・分析方法
t検定
英検問題(リーディング)
分散分析
4件法アンケート
5件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
英検準2級

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

英文読解テストとしての再話課題の有効性の検証
―テキストタイプ、産出言語、採点方法の妥当性を中心として―

茨城県/筑波大学大学院 在籍 甲斐 あかり

▼研究概要
本研究は,再話課題の実施や採点に関する複数の手続きを重要度評定とテキストの再生率を用いて比較検証することにより,日本人英語学習者に適した再話課題の手続きを明らかにすることを目的とした。主な結果は次の3点である。 (1) テキストタイプの影響を検証した結果,物語文の方が説明文よりも再生率が高いことが示された。また,テキストタイプによって再生される情報の質や重要度が異なり,物語文では登場人物や設定に関する情報の重要度や再生率が高く,説明文では主題に沿った情報の重要度や再生率が高いことが示された。また,物語文では場面が変わる部分(登場人物の行動の変化)や時間的な経過がある部分が多く産出される傾向があることが示された。 (2) 産出言語の影響を検証した結果,重要度の高低にかかわらず日本語での再生率が英語での再生率よりも高いことが示された。 (3) 採点方法(重み付けあり・なし)による再生の傾向に違いがないことから,簡便性を考慮すると重み付けなしの採点で十分であることが示された。  本研究によって,再話課題に適したテキストタイプ,産出言語,採点方法が示唆された。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
再話課題
研究関連テーマ
産出量
熟達度
スピーキング指導
評価(指導者による)
テスト・分析方法
t検定
英検問題(スピーキング)
英検問題(リーディング)
クラスター分析
三元配置分散分析
読解テスト
二元配置分散分析
ピアソンの積率相関係数
必要技能
リーディング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

外国の小学校とのインターネットでの交流体験を活用した英語活動

宮城県/仙台市立人来田小学校 教諭 栄利 滋人

▼研究概要
本研究は,アメリカの小学校の教師及び小学生とインターネットを使って会話し,交流することにより,児童の実践的コミュニケーション能力を育成するものである。当初は,作品交流や録画交流の計画であったが,小学生同士が直接ライブで話す交流が実現した。初めは教師が補助しながらの会話であったが,交流を続けるうちにヒアリング力が向上し会話が続くようになった。  本研究では,ライブで話すことができる環境で,小学生同士が英語でコミュニケーションをどのように進め,どのような英語表現を身につけていくのかを検証していく。また,このようなインターネットで会話ができる新しい環境での取り組みで,本研究が高学年の子供たちにどんな変化をもたらすのか,また,どんな英語表現が実践的コミュニケーションとして有効なのかを明らかにしていく。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
インターネット交流
研究関連テーマ
コミュニケーション能力
小学校英語活動
実践的コミュニケーション能力
ネイティブスピーカー
リスニング能力
テスト・分析方法
児童英検
4件法アンケート
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

中学校入学以前の英語学習経験が中学校における英語力に及ぼす影響
―英語学習歴調査と中学校3年間の英語力追跡調査の分析―

東京都/筑波大学附属中学校 教諭 肥沼 則明

▼研究概要
本研究は,中学校入学以前の英語学習経験が中学校における英語力に及ぼす影響を実証的に明らかにしようとしたものである。入学時ですでに存在する影響を明らかにするとともに,それが中学校3 年間の間にどのように変化するのかを調査した。  具体的な方法は,保護者に対する生徒の英語学習歴をアンケート調査し,その結果をもとに生徒を7つのグループに分類し,グループごとの差を① 音素聞き取りテスト,② 面接テスト,③ 定期考査の各得点で分析した。そして,次のような結果を得た。 ・①では,入門期に帰国子女の得点が小学校英会話授業経験者の得点に対して有意に高かったが,その他のグループ間には差がなく,卒業時には全グループ間に差がなかった。 ・②では,統計処理は行わなかったが,平均点は帰国子女が最も高く,次いで高頻度・長期間の英会話学校経験者,同その他の学習経験者であり,小学校英会話授業経験者と未経験者はほぼ同点で最下位であった。 ・③では,統計処理は行わなかったが,放送による「表現理解」の平均点は, 3年間帰国子女が第1位を保った一方,初期の頃に高かった高頻度・長期間の英会話学校経験者と同その他の学習経験者と他のグループの差は3年後にはほとんどなくなった。  以上の結果により,小学校における英語活動で言語教育として効果を上げるには,「週1回・3年以上」の授業が必要であるという示唆を得た。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
小学校英語活動
研究関連テーマ
小学校英語活動
リスニング能力
テスト・分析方法
一元配置分散分析
スピーキングテスト
定期テスト
テューキー法
リスニングテスト
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.19 2007

TPRS を用いた生徒のスピーキング力を伸ばす授業

高知県/私立清和女子中高等学校 教諭 松尾 徹

▼研究概要
この実践研究は元来アメリカで外国語としてのスペイン語教育のために開発されたTPR(Total Physical Response)Storytellingという教授法を用いて,生徒のスピーキング力を伸ばすのにどのような効果があるかを検証することを目的としたものである。本報告書ではTPRSが日本ではまだ新しい教授法のため,まず最初にこの教授法の理論背景,基本的な指導手順,そしてテクニックを解説している。次に実際に行ったレッスンを実践例として詳しく記述している。その後,スピーキング力の伸びを測るために用いた2種類のタスクの説明とそのデータ収集法を説明している。そしてその後にそのデータから見えてきた生徒のスピーキング力の伸びをいくつかの視点から分析し,考察したことを記述している。最後にこの研究の課題とこの教授法で行う場合の問題点を提起して,研究報告をまとめている。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
TPRS(Teaching Proficiency through Reading Storytelling)
研究関連テーマ
Story-Telling
語彙力
スピーキング能力
文法力
テスト・分析方法
スピーキングテスト
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.19 2007

中学校英語表現活動指導の改善【共同研究】
―タスクは実践的コミュニケーション能力の育成に効果があるか―

千葉県/市原市立国分寺台西中学校 教諭・代表者 村井 樹代実

▼研究概要
本研究は千葉県内5地区の英語教員が,「タスク」(task)が日本の中学校でどの程度有効なのかを検証したものである。日本の中学校で従来行われてきた「導入」(Presentation),「練習」(Practice),「表現活動」(Production)の指導過程で,「導入」と「練習」は授業の中で十分に行われてきたが,実践的コミュニケーション能力育成に欠かせない最後の「表現活動」はなかなかできていない現状がある。そこで,中学校の英語教師がめざしている実践的コミュニケーション能力を育成するために「タスク」に着目し,「表現活動」の段階に「タスク」を活用することでどのような英語力を中学生に身につけさせ,またどのような力を引き出せるかを検証した。 本研究では学習指導要領に示されている実践的コミュニケーション能力の基本的要素を,語彙数,流ちょうさ,正確さ及び意味交渉ととらえた。5つのタスクの実践前後に「事前テスト」(Pre TEST)と「事後テスト」(Post TEST)を実施し比較することにより,「タスク」の有効性を検証した。指導過程は基本的にはWillis(1996)のタスクフレームワーク(表1)を参考にした。また,Schmidt(1990,pp.129-158)の「言語の意識化が言語習得を促進させる」という理論に基づき,タスク終了後の振り返りの場面を重視した。生徒自らが使用した英語の表現や文法表現の誤りや不十分さに気付き,自らが修正できるような「気付かせる」時間をタスクフレームの中に位置付け,同じタスクをそれぞれ2回ずつ行った。本研究は「語彙数」,「流ちょうさ」,「正確さ」,「意味交渉」が量的,質的にどのように変化したかの実践報告である。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
スピーキング指導
研究関連テーマ
インタラクション
学習指導要領(中学校)
異なり語数
語彙力
実践的コミュニケーション能力
正確さ
タスク
流暢さ
テスト・分析方法
プリテスト/ポストテスト
プレゼンテーション
必要技能
スピーキング
プレゼンテーション
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.19 2007

小学校英語研究開発校に見られる英語能力の検証【共同研究】
―表現及び語彙における理解度と記憶の定着度を中心に―

奈良県/奈良女子大学附属中等教育学校 非常勤講師・代表者 福智 佳代子

▼研究概要
平成9年から10年間英語活動を行っている研究開発校と,平成18年度より同様の英語活動を行った小学校,及び当地域の児童が進学する中学校1年生に対して,活動の中で取り扱われた表現や語彙がどの程度理解され記憶の中に取り込まれるか,評価や活動の種類が違ってくる中学校英語学習における言語理解や表現にいかに寄与するかをテーマに,仮説として次の3項目 1. 背景や場面などから,ルールによらない定型表現を理解する力に差があるのではないか 2. 文法的結束性のある表現ばかりでなく,意味的に一貫性のある適切な応答の表現の理解にも差ができるのではないか 3. 理解できる語彙に差があるのではないかを設定し,測定可能な規準テストを用いて測る。結果から,合計得点及び各問題の正答率による比較,分散分析による比較を行う。さらに分散分析で有意と認められる結果が出た問題に関しては因子分析を行う。
▼キーワード
研究対象
小学生
中学生
研究メインテーマ
小学校英語活動
研究関連テーマ
語彙知識
小学校英語活動
定型表現
テスト・分析方法
Χ²検定
主因子分析
児童英検
分散分析
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

学習者の口頭によるオンラインと訳出によるオフラインのパフォーマンス比較
―産出量・複雑さ・文法的正確さ・カバー率の4指標を用いて―

愛知県/名古屋大学大学院 在籍 松原 緑

▼研究概要
英語学習者が産出を行う際にどれほど自分の持ち合わせている英語能力を発揮できているのだろうか。これまで学習者のパフォーマンスを測定するには,主として流暢さ・複雑さ・正確さの3つの指標が用いられてきた。しかしこれら3つの指標だけでは,最終的に産出されたデータを表面的に評価することしかできない。本研究では「正確さ」の指標を,「文法的正確さ」と,意図したことをどれほど意味的に表出できているかを示す「カバー率」に分け,分析することを提案する。日本人英語学習者のオンライン・モードとオフライン・モードにおけるパフォーマンスを産出量・複雑さ・正確さ・カバー率の4指標を用いて分析した結果,学習者の持ち合わせている英語能力レベルにかかわらず,オフライン処理であれば表出できるものも,オンライン処理を必要とする口頭産出では表出できていないことがわかった。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
パフォーマンス比較
研究関連テーマ
産出量
正確さ
文法力
テスト・分析方法
インタビュー
二元配置分散分析
ボンフェローニ法
必要技能
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

e ラーニング教材の授業活用による英語実践的コミュニケーション能力の育成

岡山県/岡山県立津山高等学校 教諭 藤代佳予子

▼研究概要
本研究は,ネットワークを介して「いつでも・どこでも」動画や音声を学習に利用できるeラーニングを活用した授業実践を通して,eラーニング教材を活用した効果的な指導方法を探り,英語実践的コミュニケーション能力を育成することをテーマとしたものである。WBT(Web BasedTraining)用の教材を生かした「個」に応じた指導と教師による一斉指導を融合させる指導を行い,その学習効果を検証した。 その結果,学習者の特に英語運用能力下位層のリスニング力が有意に向上した。学習者全体が語彙,文法,作文を合わせて総合的に向上した。また,英語の4技能のうち「聞く力」を高めるために他の3つの技能を伸ばす必要があることへの認識の深化が見られた。これは,リスニング力を伸ばす活動が英語実践的コミュニケーション能力の向上につながることを示すものであろう。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
オンライン学習
研究関連テーマ
英語運用能力
オンライン学習
自己評価
実践的コミュニケーション能力
リスニング能力
リーディング能力
テスト・分析方法
英検問題(ライティング)
英検問題(リスニング)
英検問題(リーディング)
質問紙法(アンケート)
プリテスト/ポストテスト
5件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

中学生への英語教育における「デジタルポートフォリオ」の有効性

兵庫県/兵庫県立芦屋国際中等教育学校 教諭 岩見 理華

▼研究概要
本研究の目的は「デジタルポートフォリオ」の教育的効果に着目し,英語教育へ応用することの可能性と課題について検討することである。具体的には中学校の英語の自己表現活動の授業において,従来のペーパーベースのポートフォリオを用いた実践の効果と課題について明らかにした上で,公立学校の教育現場で容易に利用可能な汎用アプリケーションソフトを用いたデジタルポートフォリオの授業をデザインした。その実践結果から観点ごとの学習者のパフォーマンスの評価についてポートフォリオとデジタルポートフォリオの間に統計的にはほとんど有意な差は表れなかったが,生徒の態度の観察やアンケートの回答の分析からデジタルポートフォリオの活動が学習者に積極的に評価され,特にふりかえりの活動において有効であることが示された。また学習の記録をWeb 上に公開することや既存のオンラインソフトの導入,デジタルポートフォリオを用いたスピーキングの評価方法についての課題も明らかになった。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
ポートフォリオ
研究関連テーマ
Show&Tell
自己評価
相互評価
表現力
プレゼンテーション
テスト・分析方法
Χ²検定
ウィルコクソンの符号付順位和検定
自由記述アンケート
5件法アンケート
必要技能
ライティング
スピーキング
プレゼンテーション
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

生徒のSpeaking 力を育てる授業改善の試み【共同研究】
―「英語教員研修」の成果を通して―

宮城県/仙台市教育センター 指導主事・代表者 齋藤 嘉則

▼研究概要
「英語が使える日本人」の育成のための行動計画により,平成15年度から悉皆の英語教員研修が始まった。仙台市教育委員会も夏季休業期間中に2週間,英語教員研修を実施している。研修実施3か月後のアンケート調査では,研修を受講した教員から,言語活動の具体と特に話すことの指導と評価について疑問点や困難点が挙げられた。そこで,本研究では,生徒のSpeaking力に焦点を当て,生徒の発話の質と量を高め増やすことをめざし言語活動を工夫した。さらに生徒の発話を実際に記録して質と量の両面からいくつかの視点を設定して分析した。 その分析結果から,発話の量的な部分では,発話された単語総数及び文の総数は増加した。しかし,質的な部分では一部の生徒群において,文法的に正しく文を発話する割合が低下したことがわかった。このことから,まず学習活動から言語活動を積み重ねていくことで発話量そのものが増えたことから,学習した英語の単語や文についての知識が,実際の発話に活用されたということが言える。しかし,文法についての知識は,今回の一連の生徒の学習と教員の指導だけでは生徒の発話時に,まだ正確に働いていない,それらの知識が適切に作動するまで習得されていない,と考えることができる。 すなわち,英語についての知識において,単語や文についての知識と文法についての知識は,それぞれその習得の過程やその働き方が異なるのではないか,ということが明らかにされた。今後,教室内での活動を見直す新しい視点を得ることができた。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
教員研修
スピーキング能力
研究関連テーマ
Story-Telling
スピーキング能力
正確さ
文法力
テスト・分析方法
英検問題(スピーキング)
ピクチャーカード提示課題
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

中学生のスピーキング活動における振り返りの効果

兵庫県/高砂市立荒井中学校 教諭 的場 眞弓

▼研究概要
本研究におけるキーワードは,「振り返り」,「中学生のスピーキング力」,「絵を使用したStory Telling」である。 「実践的コミュニケーション能力」の育成が課題となり,コミュニケーション活動を行わせることが多くなってきた。それらの活動をより効果的にするため,「振り返り」に焦点を当て,その後の活動に及ぼす影響を検証することが,本研究における主な目的である。 前半においては,「振り返り」の効果を,A:ペアで行うグループ,B:1人で行うグループ,C:振り返りを行わないグループで比較し,スピーキング活動における「振り返り」の効果を検証している。後半は,ペアで振り返りを行ったグループに焦点を当て,ペアで振り返った時の会話を分析することで,スピーキング活動における「振り返り」の効果や影響を検証しようとしている。後半では,また,ペアの関係性が,「振り返り」の話し合いにも影響し,そのことが次の活動にも影響していることにも言及している。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
スピーキング指導
振り返り
研究関連テーマ
Story-Telling
コミュニケーション能力
語彙力
スピーキング指導
タスク
テスト・分析方法
自由記述アンケート
多重比較
ピクチャーカード提示課題
5件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

日常的に英語に触れる環境を作る学級担任による英語活動
―アメリカ合衆国におけるイマージョン教育の経験を生かして―

福岡県/大野城市立大野南小学校 教諭 上原 明子

▼研究概要
本実践は,アメリカ合衆国におけるイマージョン教育の経験からヒントを得,一日中子供たちと一緒に過ごす学級担任の立場を最大限に利用し,学校生活のあらゆる場面で可能な限り児童に対して英語を使用することに挑戦したものである。 対象は筆者が担任する5年生の児童35名である。実践は1年間を通して行った。英語の使用は,朝の会から始まり,給食,掃除,休み時間,それに一般教科(8教科),学校行事など,学校におけるすべての教育活動において行った。 この実践により,学校生活のどの場面やどの教科で,どのような英語表現が使用可能であるかが明らかになった。また,子供たちにどのような影響を及ぼしたかについても明らかになった。子供たちが大きく力を伸ばしたのは,語彙力と,自然に話される大量の英語の中から,必要な情報を聞き取る力である。また,英語に対する関心・意欲・態度,さらに,国語や算数の学力についてもよい影響を与えていることがわかった。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
学級担任による英語活動
研究関連テーマ
イマージョン
学級担任
語彙力
小学校英語活動
表現力
リスニング能力
テスト・分析方法
ピクチャーカード提示課題
リスニングテスト
3件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

学級担任が進める小学校英会話活動【共同研究】
―地域イントラネットを活用した多様な活動―

福岡県/大牟田市立明治小学校 校長・代表者 安田 昌則

▼研究概要
本研究は,大牟田市教育委員会が作成している地域イントラネットを活用して小学校の学級担任が中心となって英会話活動の多様な活動を進めていった実践報告である。研究内容は,英会話活動の授業用コンテンツを活用したものとテレビ会議システムを活用したものである。小学校英会話活動は,ややもすれば学級担任よりも英会話活動担当教師やALT などが中心になって進められていることが多く見受けられる。本市の小学校英会話活動は,学級担任が指導することになっている。そこで,小学校で英会話活動を推進するにあたり,本市の地域イントラネットを活用して,学級担任が意欲を持ち,自信を持って進めることのできる英会話活動について研究を行った。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
学級担任による英語活動
研究関連テーマ
学級担任
国際理解
コミュニケーション活動
小学校英語活動
テスト・分析方法
4件法アンケート
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

日本人中高生における発表語彙知識の広さと深さの関係

茨城県/筑波大学大学院 博士課程・在籍 小泉 利恵

▼研究概要
本研究の目的は,コミュニケーション能力の一部である発表語彙知識に焦点を当て,発表語彙知識の広さ(中核的な意味を知っている単語がどのくらいあるか)と深さ(ある単語の1つの意味に加え,連想・接辞の知識など他の側面をどの程度知っているか)の2つの関係がどの程度あるかを調べることである。結果は,発表語彙知識の広さの3000語レベルまでの幅広い学習者層で見ると,広さと深さの関係は強く,広さレベル(1000語単位)ごとに見ると,中程度の関係があった。これらの点から,発表語彙知識を測定する際,対象者の発表語彙知識の広さの範囲が幅広い場合には,広さから深さがある程度予測できるが,範囲が狭い場合には,広さと深さの両方を測る必要があることなどが示唆された。
▼キーワード
研究対象
中学生
高校生
研究メインテーマ
語彙力
研究関連テーマ
コミュニケーション能力
コロケーション
語彙知識
語彙力
テスト・分析方法
一元配置分散分析
一般化可能性理論
共分散構造分析
項目応答理論(IRT)
質問紙法(アンケート)
ピアソンの積率相関係数
プロトコル分析
ボンフェローニ法
ラッシュ・モデル
必要技能
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

高等学校英語Ⅰ・Ⅱの授業の大半を英語で行うための工夫とその授業の効果【共同研究】

大阪府/大阪府立鳳高等学校 教諭・代表者 溝畑 保之

▼研究概要
普通の英語学習環境を持つ学校で,英語の使用が中心になる授業を行うためにはどのような工夫が考えられるだろうか。平成16年度,複数の高校で英語Ⅰ・Ⅱとリーディングの授業の大半を英語で行った。そのため,モデル提示,例示,余剰性,繰り返し,相互交渉,拡張,褒賞を大事にした。また,言語学習の4条件のExposure,Use,Motivation,Instruction の観点にも留意した。さらに,その授業の効果を,項目応答理論に基づくテストで検証した。情意面のアンケートを行うことで,英語での授業に対する不安や自信度についても考察を行った。本稿は,英語で行う英語の授業をめざした5校の教員集団の試行錯誤の実践報告である。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
英語で行う英語授業
研究関連テーマ
語彙力
情意面
文法力
リスニング能力
リーディング能力
テスト・分析方法
BACE(Basic Assessment of Communication English)
Χ²検定
項目応答理論(IRT)
単純主効果検定
テューキー法
5件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

暗唱文テストで育成する表現の能力【共同研究】

広島県/広島県立福山葦陽高等学校 教諭・代表者 門田 直美

▼研究概要
本研究の目的は英文を暗唱することにより,国立教育政策研究所教育課程研究センター「評価の観点及び趣旨」の「表現の能力」が定義とする「外国語を用いて,情報や考えなど伝えたいことを話したり,書いたりして表現する」力の育成が図れることを検証することである。 1・2年生を対象に6割を到達目標とする暗唱文テストを週1回実施し,すぐに採点を行ってテスト実施日に返却し,基準点に到達しない生徒に課題を提出させた。1・2年生全員に同じ時間帯に共通テストを実施・返却し,スピーディーなフィードバックを行い,英語科だけでなく担任・副担任など多くの教員が情報を共有し迅速に一致協力して指導を行うことで集団の教育力を活用して生徒の学習意欲を喚起した。また,毎週少しずつ覚えた暗唱文を基盤に,1年生を対象に総復習暗唱文テスト,英語で日記を書かせるジャーナル・ライティング,スピーチ・テスト,インタビュー・テストを行い「表現の能力」の育成を図った。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
暗唱文テスト
研究関連テーマ
学習動機
表現力
フィードバック
ライティング指導
テスト・分析方法
音読テスト
質問紙法(アンケート)
スピーキングテスト
スピーチ
フィードバック
必要技能
リーディング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

中学校における正確さと流暢さを同時に高める言語活動の開発とその評価のあり方

高知県/土佐市立高岡中学校 教諭 今井 典子

▼研究概要
中学校学習指導要領(外国語科)の目標である「実践的コミュニケーション能力の基礎」の育成には,実際に行われるコミュニケーションを「教室内でのシミュレーション」として,現実的な場面や目的を想定し,学習した文法知識や語彙などの言語知識を活性化する言語活動が必須である。そのためには,与えられた課題を解決するために,言語知識を場面に応じて実際に運用させる言語活動である,ESL(English as a Second Language)の世界で注目されているコミュニケーションを第一義とするCommunicative Language Teaching(CLT)の考えを基本とした「タスク(Task)」が有効であると考える(Nunan, 2004)。しかし,EFL(Englishas a Foreign Language)というインプットもフィードバックも少なく,学習者の動機付けもそれほど高くない日本の学習環境を考慮した場合,このタスクの理論を基本としながらも,日本の教室環境に適した中学生のためのタスク活動(高島,2000; 2005)が効果的であることが検証されている(Sugiura andTakashima, 2003)。本論は,これらの実証研究を踏まえ,言語使用の正確さを一層高める方法として,タスク活動後にdictogloss(Wajnryb, 1990)の活動を連動させることで,「正確さ」と「流暢さ」を向上させることを試みた研究実践である。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
タスク
ディクトグロス
研究関連テーマ
授業計画
正確さ
タスク
ディクトグロス
メタ認知
リスニング指導
流暢さ
テスト・分析方法
実験群/統制群
スピーキングテスト
分散分析
プリテスト/ポストテスト
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

PC 教室で行う中学生のスピーキング指導
―デジタル映像を利用した即時フィードバック―

神奈川県/山北町立山北中学校 教諭 室伏 秀元

▼研究概要
本研究はあるスピーキング指導法を実践し,その効果についてさまざまな分析を試みたものである。指導法とはWebカメラで学習者のパフォーマンスを録画し,その直後に学習者自身がビデオ映像を見ながら自己評価を行い,仲間や教師からフィードバックを受ける活動である。分析の結果,この活動を4回繰り返すことで発話量と正確さにおいて一定の向上が見られた。また,モデル映像を用意し,クラスごとにモデル映像を見せるタイミングを変えた結果,発話量の上昇の仕方に違いが見られた。これらのデータに考察を加え,本指導法の価値と課題について見解を述べる。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
スピーキング指導
研究関連テーマ
自己評価
フィードバック
テスト・分析方法
フィードバック
4件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

小学校高学年児童の個人の習熟度に応じたきめ細かな指導法の開発
―コンピューターを使ったOn-Demandな英語学習―

愛知県/椙山女学園大学附属小学校 非常勤講師 加藤 佳子

▼研究概要
小学校高学年クラス英語学習にはさまざまな問題点がある。本研究はそのような問題点を克服するための1つのアプローチとして,自作教材CD-ROM を作成し活用することによる児童の習熟度に応じたきめ細かな英語学習指導法の開発を目的としている。CD-ROM には,ダイアログを中心とした語彙習得・リスニング練習及び模擬対話形式によるスピーキング練習を盛り込み,必要に応じてリーディング,ライティング練習も取り入れた。また,ネイティブ講師と日本人講師によるスキットやネイティブ講師の発音練習などをビデオ録画した動画データを利用し,児童の視覚と聴覚を刺激するような内容も盛り込んだ。 自作CD-ROM を活用した個別学習は,① 個々の習熟度に合わせることができ,② 児童が主体的に学習しようとする態度を養い,③ 個々の児童の英語に対する学習意欲を高めることに大いに役立ち得ることが示唆された。この個別学習を今後も続けていくことにより,児童が自分で使える英語知識(自分の中のデータベース)を増やし,さらに,自分自身の弱点を見いだしフィードバックすることによって「自分の中のデータベース」を強化し,口頭表現能力を高めていくことが期待された。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
オンライン学習
小学校英語活動
研究関連テーマ
オンライン学習
語彙力
小学校英語活動
自作教材
熟達度
表現力
テスト・分析方法
質問紙法(アンケート)
児童英検
スピーキングテスト
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

英語と日本語のリズムの違いに着目した音声指導
―強勢拍リズムを身に付ける英語活動―

徳島県/鳴門教育大学大学院総合学習開発コース 在籍 松永 健治

▼研究概要
本研究の目的は,小学校英語の学習者である2年生(下学年)と5年生(上学年)を対象とした,英語と日本語のリズムの違いに着目した音声指導の効果を探ることである。具体的には,音声指導の前後に学習者の発話する英語のリズムを調査・比較し,変容をとらえるようにする。また,音声指導の対象者が,英語あるいは英語の授業に対して持つ意識についても調査する。これら2つの調査を実施する意図は,リズム調査を技能面,英語に対する意識を情意面ととらえることで,児童を両面から見つめることが可能となるからである。双方から得られた結果を相互補完的にとらえ,音声指導のみならず小学校英語の在り方についても言及する。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
音声指導
研究関連テーマ
音声指導
情意面
テスト・分析方法
三元配置分散分析
実験群/統制群
自由記述アンケート
スピーキングテスト
探索的因子分析
単純主効果検定
プリテスト/ポストテスト
5件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

面接方法が発話に与える影響
―ロールプレイを用いた個別面接方式とペア面接方式の比較―

栃木県/栃木県立小山高等学校 教諭 川島 智幸

▼研究概要
本研究では,ペア面接方式の有効性を検証するため,英検準2級の2次面接と全国模擬試験により測定した英語能力の個人差が,ロールプレイにおける発話にどのような影響を及ぼすかを調べた。さらに生徒同士のペア面接方式と,教師との個別面接方式の2つの方式でロールプレイを行い,面接方式の違いが発話に及ぼす影響を分析した。実験では,公立高校2年生8人が行った4種類のロールプレイでの発話について,発話量,複雑さ,正確さ,流暢さ,発話の機能への影響の有無を調べた。その結果,面接方法の違いが流暢さへ及ぼす影響のみが有意となり,ペア面接において英語能力の個人差が,発話量や正確さ,複雑さ,流暢さ,発話の機能に影響しないことを確認した。また面接方式の違いが,発話量や正確さ,複雑さに影響しないことも明らかになった。これらの結果は,試験的ではあるもののペア面接の有効性が支持されたことを意味する。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
スピーキングテスト
テスト形式
研究関連テーマ
T-unit
正確さ
テスト形式
文法力
流暢さ
テスト・分析方法
ウィルコクソンの符号付順位和検定
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

高校におけるディベート授業のシラバスデザイン

東京都/明治大学付属明治高等学校 教諭 矢田 理世

▼研究概要
本研究は高校の授業で8か月にわたって英語のディベートを行いながら,シラバスをまとめた実践報告である。研究内容は2つの段階に分けられる。まず到達目標とニーズ分析をもとに年間のシラバスを作成し,実際に授業をしながら逐次振り返り改訂していく授業実践。次に,授業終了後多方面から授業全体を振り返り,改善策を模索するシラバスの検証である。 英語でのディベートは,論理的な思考能力に加えlistening,reading,writing,speaking を総合的に養うことができる有効な言語活動であるが,高校生にとっては易しいものではない。このため,各時期において明確な意味と目標を持った言語活動をタスクとし,生徒たちの興味やニーズに合った適切なタスクを地道にこなしていくことを基本方針とした。当初はクラス全体の前で短い発表をすることも精一杯だった生徒たちが,数か月後にはユーモアを交えながら英語でディベートを楽しめるようになり,充実感と自信を持って授業を終えることができた。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
ディベート
研究関連テーマ
TBLT(Task Based Language Teaching)
英語運用能力
自己評価
授業計画
テスト・分析方法
5件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

Scaffoldingがグループ活動を通してコミュニケーション能力や文法能力育成に与える効果の検証

北海道/常呂町立常呂中学校 教諭 佐藤 大

▼研究概要
「実践的コミュニケーション能力の育成」のため,英語の授業では,グループ活動が多く取り入れられている。本研究では,グループ活動で約2か月間,継続的にQuestions を与えることにより,それぞれの生徒たちの発話の質や量においてどのような変化が現れるか,またグループ内で生徒が互いに教え合うことによりどのくらい学習効果があるか,更に,文法力がどのくらい向上するかの検証を行った。研究はscaffolding(足場作り)の理論と方法を通じて進めた。 グループ活動におけるscaffolding の効果は,本研究によりある程度見ることができた。また,Japanese Teacher of English( JTE) とAssistant Language Teacher(ALT)の二者からscaffoldingを与えることにより,上位グループ・中位グループはもちろん,下位グループにも効果が見られた。ゆえに,scaffolding の概念は,外国語学習にとって有効な方法であると思われる。更に長期的にグループ活動を通してALT の協力の下にscaffolding を与えるとことにより,コミュニケーション能力や文法能力は一層向上していくことであろう。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
Scaffolding(足場づくり)
研究関連テーマ
ALT
JTE
コミュニケーション能力
文法力
テスト・分析方法
-
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

B:実践部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

B-SLIMを導入した英語活動【共同研究】
―楽しく身につく英語活動の創造―

北海道/旭川市立日章小学校 教諭・代表者 小山 俊英

▼研究概要
B-SLIM を採用して3年目を迎える本校では,B-SLIM の提唱者であるO. Bilash博士を本校に迎え,授業研究を行うなど,各学年の実践を積み上げながら,B-SLIM の考え方に基づく英語活動の浸透を図ってきた。 児童の自己評価では,「楽しく活動ができた」「よくわかった。英語を使うことができた」と回答した児童が常時90%以上であり,本校がめざす「楽しく身につく英語活動」が実現に向かっていると考えることができる。多様な方法で行うInput とスモールステップで進めていくIntake (Activity) の展開が,この結果につながったものと考えられる。 平成14年度から,Output を重視することを念頭に置き,国際理解教育の単元とリンクさせた形で英語活動を構成してきた。「ノングレイドカリキュラム」を活用した英語活動では,児童が単元を見通して,どのような英語を使いたいのか,あるいはどのような表現が必要なのかを考えるところからスタートし,児童のニーズをもとに言語材料を選定し,「調べ学習」を位置づけた英語活動を展開してきた。その結果,児童の課題意識が,Input からOutputに至るまで持続することや英語活動に取り組む児童の意識の高まりを授業研究を通して検証することができた。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
B-SLIM(Bilash's Second Language Instructional Model)
研究関連テーマ
B-SLIM
国際理解
自己評価
相互評価
ティームティーチング
ノングレイドカリキュラム
フィードバック
テスト・分析方法
3件法アンケート
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

中学生(英検3級)はALTの修正フィードバックをどの程度知覚するのか
―対話者と傍聴者のlistening positionの違いによる知覚量の分析―

北海道/伊達市立伊達中学校 教諭 大塚 謙二

▼研究概要
本研究は,中学3年生(英検3級取得者)が,ALT(Assistant Language Teacher)とのjigsaw task を用いたinteraction(相互交渉)を通して,ALT から戻される修正feedback をどの程度理解しているのかを質的量的に調査することを目的としている。 また,英語の授業に目を向けてみると,教室環境ではALT や日本人教師(JTE)が学級全体の中で生徒と英語でinteraction をすることも多く見られる。それが行われている場面では,生徒たちは対話者(interlocutor)と傍聴者(auditor)という2種類の立場になっている。本研究では,このlistening position の違いがfeedback の知覚量にどのような影響を及ぼすのかについても調査した。 更に,task 活動を繰り返すことや普段の触れあいによって生じるALT との親近性の増加(緊張感の低下)がfeedback の知覚にどのような影響を及ぼすのかも検証してみた。 結果としては,task を実施する上で,意味のやり取りに大きく影響する発音と語彙に関するfeedbackは比較的知覚されていたが,言語の構造に関するものは,それに比べてあまり知覚されていなかった。また,listening position の違いでは,傍聴者の方が対話者よりもfeedback を10%程度多く知覚することができていた。さらに,ALT との親近性が高まるとともに緊張感が低下し,feedback の知覚量が増加した。
▼キーワード
研究対象
中学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
ALT
フィードバック
研究関連テーマ
ALT
インタラクション
英語運用能力
フィードバック
テスト・分析方法
スピーキングテスト
4件法アンケート
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
英検3級

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

英語ドラマ活動は、中学生の英語習得・英語学習にどのような影響を与えるのか

兵庫県/兵庫教育大学大学院 在籍 井村 哲也

▼研究概要
東京都中学校英語教育研究会の事業部は,既に50年以上にわたり「東京都英語学芸大会」を実施している。毎年12月の第1日曜日に,東京23区及び各地域ブロックの代表の中学生が「スピーチ」と「英語劇」の2つの部門に分かれて発表を行い,互いに高いレベルで競い合い学び合う。10数年前に,一観客としてこの大会を鑑賞した筆者は,そのレベルの高さに驚き,翌年から10年以上にわたって英語劇を実践することとなった。 「ドラマは心の叫び~魂を言葉に乗せて」これは筆者が1999年,『STEP 英語情報』7,8月号に,東京都大会の体験をもとに書かせていただいた実践報告と英語劇の指導に関する拙文のタイトルである。皮肉なことに,ドラマの本質を語るこの言葉は,科学的なデータをもとに現象を検証する実証的な研究領域においてドラマ活動の価値の検証がいかに難しいかをも示唆しているのである。Edmonson(1985)は,「ドラマ活動は様々な要因が複雑に絡み合ってできているconstruct(構成概念)である」と指摘している。実証的研究分野でのドラマ研究が少ないのはこのことも大きくかかわっているものと考えられる。筆者は,実践者であり研究者であるという自らの利点を生かして,この多面性を持ったドラマ活動の「英語学習,習得における価値」を,先行研究(実証的でない文献も含める)を土台に,実証的研究分野の枠組みで検証すべく本研究に取り組んだ。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
ドラマ活動
研究関連テーマ
英語運用能力
オーラル・コミュニケーション
情意面
内発的動機づけ
メタ言語能力
テスト・分析方法
自由記述アンケート
スピーキングテスト
分散分析
5件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

幼児英語学習者のコミュニケーション分析
―イマージョンスクールにおけるケーススタディー―

北海道/北海道大学大学院 在籍 田村 有香

▼研究概要
概要なし
▼キーワード
研究対象
その他英語学習者
研究メインテーマ
イマージョン
幼児英語学習者
研究関連テーマ
イマージョン
コミュニケーション能力
非言語行動
テスト・分析方法
授業観察
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-